きのう何食べた?(7) (モーニング KC)

  • 2690人登録
  • 4.23評価
    • (304)
    • (310)
    • (124)
    • (2)
    • (1)
  • 235レビュー
  • 講談社 (2012年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063871586

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

きのう何食べた?(7) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

  • 凝ったおもてなし料理じゃないけど、何回も食べたくなるような。
    疲れて帰ったときに、口にするだけで気持ちがやわらかくなるような。そんな家庭の味が詰まっている気がする。

    お料理教室に通い始めて半年過ぎたけど、主婦にとってのお料理って日課であって決して特別なことじゃない。段取りとか、冷蔵庫の中身とか、お財布事情とか、その日の家族の都合や体調を考えて臨機応変に対応できるのが良い主婦なんだろう。その点、シロさんはよくできた主婦(主夫)だ。もちろんケンジも。

    あんまり意識してなかったけど、シロさんとケンジはマイノリティで、それゆえ思い悩むこともあって、だけどいいじゃない。このさらりとした書き方だからいやみがない。

  • シロさんのクリスマス料理!!!
    どれもおいしそうだけど、格別においしそうなミルクティーのシャーベットを
    「えらくぶさいくに盛ったベージュの物体」
    と言い切る悪魔のようなジルベールが、いつもまったりと
    落ち着いたシロさんケンちゃんに動きを見せてくれて楽しい♡

    うどんすきにキムチチゲと、寒い今の季節にぴったりな料理が
    多いのもうれしい♡シロさんの食卓を見るたび、野菜をもっと摂らなきゃ!
    って思える野菜マスター[*´▽`*]今日も副菜作りがんばろう!

    7巻はシロさんがまた少し広いキモチでケンちゃんと
    向き合ってくれたり、きゅーっとなることをしてくれたりして
    2人が仲良しなのもうれしいなぁ♡

  • 料理をしない人から何かいい料理本を紹介して、と言われたときすすめるのがこのシリーズ。

    というのは、
    スーパーでの買い物から、余りがちな野菜の使い方、1週間のサイクルでの献立の立て方など、日常での「献立の組み立て方」がわかりやすく書かれているから。
    作り方も、手抜きしてもいいところ、一手間かけるべきところ、がわかりやすいし、ひとつの料理ではなく、献立としての作り方の手際が学べる。
    そして何より、料理というのは「誰かに喜んでもらいたい」から作るもの。それが自然に描かれているから。
    某料理家の「作ってあげたい・・・」といいながら、相手の顔が見えない自分全面推しの料理よりも全然役に立つ。
    こんなこと、フツーに主婦がやってることなのだろうが、そこにゲイカップルを主人公にすることで物語としてのドラマも生まれる。

    それにしても、よしながふみはうまい作家だ。顔のアップの描き分けだけで微妙な心情を描きだす。これは漫画ならではの表現の醍醐味。

    フツーでない人のフツーな日常っていうのは、ジョン・アーヴィング的?

  • ワタル君、強烈です、ああいうキャラ
    好きですねー。
    一番はやはり、シロさんですが。


    今回は全体的に、ちょいドラマチック話が
    多い感じがしました♪
    矢吹さんとこの美容院の話とか。

    料理と本編のバランスがいいから、
    さらっと楽しめる。
    そして、さらっと、お腹がすく。←

  • 毎回面白いけど、今回は特に面白かった。アールグレイのミルクティーシャーベットぜひ真似したい!

  • いろいろな漫画があるでしょうが、
    ここまでしっかりとした料理漫画はあったかな。

    しかも漫画なので絵があります。
    そして簡単な家庭料理です。

    これをそろえるだけで、
    季節にあった家庭料理が年中できるんじゃないでしょうか。

    と、一巻から言うててなにも作ってませんが。

    そして、
    料理だけではなく、
    ストーリーもしっかりした漫画ですね。

    主人公はゲイなので
    嫌悪感も抱くかたもいるでしょうが、
    ということで、男性ではなく女性におすすめの漫画です。

    といっても、モーニング連載なんですよね。

    最近なに見ても、

    優しくするってことに目がいきます。
    そして、わがままな自分に気がつくんです(苦笑

  • 料理を挟みながら、セクシュアリティの問題や人が抱える問題をさらっと描いてしまうところは、この作品のすごさだと思う。弁護士の仕事ぶりも現実に即しているようで細かい。おじさん誌にゲイカップルの話を書いていて誰でも読めるところはさすがだなと思うが、腐女子的萌え要素もちゃんと入ってるところがまたすごい(笑) スーパーや商店街のモデルが自分が知っている場所のようで妙に親近感が湧きます。料理したくなる本でもある。

  • 筧とケンジの同棲生活も長くなって…。
    何だか、「ふたりの間のこと」だけでは収まりきらない
    人生の大きな流れが押し寄せてきているように感じます。

    年齢、家族、生、死…。

    40半ばという年齢設定の
    残酷な絶妙さを感じてきました。
    この先、彼らはどうなっていくのでしょうか。

    それにしても…ジルベールいい性格してるよな(^^;。

  • お料理のことを描きつつも着実に二人の時も進んでいるのがいいなぁ。

  •  シロさんとケンジの美味しい生活。年末から年明けにかけて…。

     なんつーか、シロさんの不器用っぷりに泣けるのである。
     両親に、自分は不幸じゃない幸せにやってるって、ケンジと実家にいくシロさん。父親は、勉強ばっかりしてる子だったと回想する。それに対するケンジの言葉に、泣けた。きっと、父親もケンジのその言葉を聞いてすごく安心したと思うし、シロさんが幸せにやってるって実感できたと思う。

     とはいえ、この状況をお互いが受け入れるには、長い時間を必要としてきたわけで…。

     同じように時間がたったからこそ、波乱万丈だったことをさらっといえるようになった富永さんち。
     妊娠した娘の言葉が、秀逸だった。

     よしながふみの結婚観、みたいなのってすごいとちょいちょい思う。
     アンティークでこないだ結婚したのに離婚するっていってる親戚に対して、「簡単にくっついたり離れたりをしてたらすれちゃうからだめ」みたいなことを言うシーンがあった。
     うんうん。すれちゃうのは、なんでもダメなんだよね。

     で、娘の言葉。「子供作らない理由になっても、子供をおろす理由にはならない」

     …深い。

     美味しい生活を繰り返して、そういうのが積み重なって、人は成熟していくのだと思う。
     でもって、これは、そういう物語なのかもしれないと、ちょこっと思った。

  • ・ブロッコリーとあさりのペペロンチーノ
    ・紅茶のアイス
    ・鶏の唐揚げ
    ・かぶの葉のじゃこ炒め
    ・かぶと人参の酢の物
    ・うどんすき
    ・人参とこんにゃくのごまみそ炒め
    ・キャベツとほうれん草入り麻婆春雨
    ・新玉ねぎとわかめのポン酢しょうゆがけ
    ・かぶとベーコンの豆乳スープ
    ・梅わさやっこ
    ・にんじんともやしのナムル
    ・卵とアスパラ入り海老チリ
    ・キムチチゲ
    ・おくら納豆
    ・なすといんげんと豚の煮物
    ・キャベツときゅうりと人参の浅漬け風
    ・デミグラスソースのオムライス

  • なんか…シロさん一巻の時とかと比べて確実に年取ったね?(絵についてです)
    ガチガチだった世間の目に対する恐れとかが、なんだかユルくなっているシロさん。それは年齢に拠るものってのも、あるんじゃないかなぁ…。シロさん一家との正月、なんだかじんときてしまった。
    青年誌連載作品だけど、なんだかこの巻はらぶらぶだった気がする。一般読者に抵抗無ければいいのだけど。
    「死なないもん」
    ちょっとチクリとしたけど、笑った。

    さて、調理部分をすっ飛ばして読んだので再読せねば。

  • シロさんがケンジをお正月に実家につれて帰りたいと言ったときのシロさんが素敵だった。しみじみそう思った。マイノリティが決して不幸じゃないと、親にそう伝えたいと言うシロさんがいいですね。シロさんの両親に会ったケンジもよかったし。ワタルくんのダークサイドも面白かった

  • お互いに気を遣い合いながら過ごす、男性同士の恋愛。今回も多く出る料理の中で、誰もが想いは違えど悩みを抱えているのだということや、人にとっての幸せとは何だろうかと考えさせられる。

  • 第49〜56話収録。
    今回の見所はやはり50話でしょうか。両親のもとに、史郎が賢二を連れて行くお話。自身が同性愛者だと分かるのは十代後半までだということ、生涯独身だからと将来を見据え仕事を選ばねばならないこと。賢二の涙は様々な想いを含んでいて、直後の通りすがりの言葉に複雑になった。私も正直同性愛について受け入れ難いのでBL漫画毛嫌いしてますが、実際身近に同性愛者が居た場合にその存在を否定できるかと言われると物凄く葛藤してしまうだろうなあ。史郎が徐々に賢二と出かける回数を増やしパートナーをより大切にしようとする過程を見ていると、同性愛者への偏見を考え直したくなった。ただ、だからといってBL漫画は読もうとは相変わらず思いませんが。料理は、同じく50話に出てきたかぶの葉のじゃこ炒めに惹かれました。家でたまに食べます、白ごはんが本当に美味しく何杯でも食べれます(*^^*)オススメ!
    (献立)
    49話→鶏肉と香草パン粉焼き、明太子とサワークリームのディップとバゲット、ツナサラダ、ほうれん草入りラザニア(ミートソースにオリーブオイルで焼いた輪切りのナスをプラス)、ブロッコリーとあさりのペペロンチーノ、アールグレイミルクティー味のアイス。
    50話→鶏のから揚げ、かぶの葉のじゃこ炒め、かぶとにんじんの酢のもの、小松菜のからしあえ、えのきとわかめのみそ汁。
    51話→うどんすき(甘塩たら、鶏モモ肉、カキ、わたりがに、ホタテ、アサリ、白菜、水菜、しいたけ、ねぎ、ゆでうどん)、にんじんとこんにゃくのごまみそ炒め。
    52話→キャベツとほうれん草入りマーボー春雨、新玉ねぎとわかめのぽん酢しょうゆがけ、かぶとベーコンの豆乳スープ。53話→卵とアスパラ入りの海老チリ、にんじんともやしのナムル、梅わさびやっこ、じゃがいもとわかめのみそ汁。
    54話→キムチチゲジルベール風(あさりととうふ入り)、白ごはん。
    55話→アジの塩焼き(ぽん酢で)、なすといんげんと豚肉の煮物、オクラなっとう、キャベツと玉ねぎとあげのみそ汁。
    56話→デミグラスソースのオムライス、ほうれん草のおひたし、キャベツときゅうりとにんじんの浅漬け風。

  • チキンライス食べたくなった(。・_・。)

    「きのう何食べた?」のレシピ本とか出ないのかな...

  • ケンジの作る料理は簡単だけど、シロさんへの愛が籠っているなぁ。二人を見てると、恋人関係を長続きさせるのは、適度な吐き出しと歩み寄りなんだと思う。ほうれん草入りラザニアとほうれん草とキャベツの麻婆春雨がお気に入り。

  • 毎回レシピ本としても、たいへんお世話になっております´д`

    やはり世のなかが柔軟になってきたとはいっても、男性✖男性のカップルの現実はまだまだ密やかな肩身のせまいものなのでしょうか…
    ふたりが自由でしあわせであれば、状況がついてくるというようになってほしいものです(^^)

  • 料理を作るようになって、よりじっくり読むようになった。
    でも、魚、貝系はなんかやる気がしないのよねー。
    卵は何と無く信用できなくて買えないのよねー。
    という制限の中、イマイチ作れるレシピなし!
    でも、参考になります。
    料理、好きになりつつある。うむ。

  • シロさんちに向かうケンジ、しかしてシロさんの実家でもご馳走責め。多忙なシロさんとすれ違い生活で弱るケンジが可愛い。「二人で食べると美味しい」って凄く解る!

  • キームーチーチーゲー。
    うまかった…。

  • 毎回料理を作りたくなる気分にさせる漫画。
    今回はかぶとベーコンのスープとマーボー春雨がおいしそうだった。そして、エビチリは我慢できなかったので早速作って食べた。
    おいしかったです。

    シロさんがいろいろなことを経験してきていて、穏やかに他人の幸せを願える人であることが素敵だなと思う。「富永のお嬢さんもどうかお幸せに・・・」と心の内で願うシーンはしんみりくる。

  • 今回も普通なんだけど作りたくなる料理が満載だった。早速ナムルを作った。

  • 歳と共にのシロさんの変化がほほえましい☆

  • 相変わらず、どれも美味しそう・・・・(´・ω・`)
    今回は紅茶のアイスが特に美味しそう&作ってみたい!!
    カフェ好きのケンジの感想がマジで女子。
    一緒にカフェ巡って感想言い合いたいレベルでした。

全235件中 1 - 25件を表示

きのう何食べた?(7) (モーニング KC)に関連するまとめ

きのう何食べた?(7) (モーニング KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

きのう何食べた?(7) (モーニング KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きのう何食べた?(7) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きのう何食べた?(7) (モーニング KC)のKindle版

ツイートする