僕は問題ありません (モーニング KC)

  • 755人登録
  • 4.31評価
    • (113)
    • (71)
    • (24)
    • (6)
    • (3)
  • 56レビュー
著者 : 宮崎夏次系
  • 講談社 (2013年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063872361

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
町田 洋
売野 機子
有効な右矢印 無効な右矢印

僕は問題ありません (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

  • 大好きだー!不安定な線の中で描かれる個性的な世界観は言葉と感情がシンプルに伝わってくる。作品からはやさしさとギリギリのところで見せる力強さも感じた。印象的なシーンはいくつもあるけど「線路と家」のラストシーン最高!

  • 舞台はおそらく日本なのですが、不思議な建造物や出来事などファンタジーな雰囲気があります。
    一癖ある登場人物には、なかなか他者と分かり合えない孤独を感じます。
    それでもほんの少し互いの心が触れる瞬間があり、ふわっと温かい愛に包み込まれます。
    ハッピーエンドすぎても興ざめだし、バッドエンドは気持ちが重くなりますが、この作品はどれも絶妙なラストだと思いました。

  • ハイセンス!!
    なんでこうも宮崎夏次系先生の作品は僕の心を掻き毟るのでしょう。
    それは僕が思春期真っ只中の学生だからでしょう。
    そんな情緒が安定しない僕達学生だからこそ共感できるものがあるのだと思いました。
    それにしても宮崎夏次系先生って下手なように見せ掛けて絵がうまいよなと感じます。
    それと女の子が可愛い。

  • 宮崎夏次系さんの描く女の子は、どこかアンニュイで儚げで、可愛くて色っぽくて、大好きです。
    一方、男の人(オジサン)は汚くてキモチワルくて、それがまた女の子たちを引き立てる。

    ちっぽけな人間が頑張っても、世界はもっと大きくて、また朝はやってくる。そんな感じ。

  • どの話もいい。特に「朝のバス停」「地図から」の二編は、読後感が素晴らしかった。

  • 閃光弾ぶちこまれて脳内ホワイト・アウトさせられた。

    砂糖で作ったお城みたいに、幸せで甘くて、でも脆い。

    お人形パパとチューリップ男の話が特に好き。

  • 一見すると、サブカル臭がするわけのわからない作品のように見えるが、話の中心にあるのはわりと普遍的で王道なものなので、実は結構読みやすい作者だと思う。

  • これらのキーワードが応用問題として出題されてる

  • ゆったりとしていたら背後から肩をたたかれてハッとするが、たたかれたその手が温かいので、キュっとなる。どの短編も救われる点では裏切らないんだな。
    おまけの先生シリーズはクスッとしちゃう。

  • 救わない話を書く人だと思ってたら、救われる話だった。全部。
    『この人にかかった呪いを 僕がとければいいのに』

  • 絵があれだけど、話はふむふむと読める。話が書ける人だと思う。

  • 2014/9/19購入
    2014/11/14読了

  • なんだかすごくPVというか、映像のイメージが湧いた作品集。
    一見わけ分からない話のようにも感じるけど、中心にあるのはシンプルなストーリーのような気がする。

  • この作品集の魅力は『解放感』にあると思います。
    髪をなびかせ、服が風を孕み、彼らは飛ぶ。家族や社会常識や罪悪感、恨みとか、かつては好きだった人…そんなしがらみから解き放たれる瞬間ーー。
    シュールな絵面、少し不安定で繊細な線が描く浮遊感がすごく気持ち良い。
    鬱々とした閉塞感を吹き飛ばします。
    鬱屈した感情を抱え込みやすい人には特にオススメです。

  • 短いストーリーのなかに、必ず刺さってくるシーンやセリフがある。頭の中で何度も繰り返したくなるようなものが。

  • 人にプレゼントしたくなる本

  • 「はねる」が心に染みました。一番すきです。
    1つ1つ重いテーマでも、心情が、きらきらこぼれそうな瞳や、日常的な台詞で表現されていてすごく素敵な作品でした。
    また宮崎夏次系さん、読みたいです。

  • ネットで〔線路と家〕のみ読むことができるようになっていたのが、儚げな美少女に惹かれてたまらず購入 
    買ってよかった!これはスゴイ
    切なく清涼感があるオチがどれもすきです

  • 一人がさみしいときに読むと響いてくる。けして強い主人公達ではないけれど、読んだ後にちょっとだけ勇気をくれるような気がする。
    個人的に朝のバス停とはねるが好き

  • 面白い! イマジネーション豊かな画と日常に非日常の詩的表現なアクセント。どの短編も冴えていて刺激的でした。いいぞ!

  • 変身のニュースの存在は知ってたのですが、
    この方の作品をみたのはこれが初めて。

    イラストが印象的で表紙買いをしようかしまいか迷って、
    やっと買った作品でした。
    クセが強いイラストが好きなんですが、クセがつよいストーリーが苦手なもので。
    イラストから推測すると相当クセがあるお話なのかな…と、おもいなかなか手がだせずじまいでした。

    実際読んでみると、ストーリーはそこまでクセが強い感じではなく、
    すんなり読めるもので、どちらかと言うとメッセージを含んだ短編集でした。
    ハッピーエンドとかバッドエンドとかそういうくくりはよくわからないですが、後味が悪い作品は無かったですし、全編読み終わった後、なんとなく爽やかな気持ちになりました。

  • 天涯孤独になってしまう孫を守るために、祖父は死の直前に家を出口のない塔に変えた。
    閉じ込められた塔から、少女が飛ぶ鳥の背を伝って外に飛び出すシーンはとても映像的で美しかった。

    映画デリカテッセンのような、キラキラとした煌きがみれてほんとに満足。

  • 前作より刺々した感じがなくなって、よりわたし好みになっていてやばい。
    どんどんある程度の一般受けとぶち抜けたセンスと世界観が融合してきてて、これからがとても楽しみ。

    カバーとったらほっこりできる。

全56件中 1 - 25件を表示

僕は問題ありません (モーニング KC)に関連する談話室の質問

僕は問題ありません (モーニング KC)に関連するまとめ

僕は問題ありません (モーニング KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕は問題ありません (モーニング KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕は問題ありません (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕は問題ありません (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕は問題ありません (モーニング KC)のKindle版

ツイートする