亜人(1) (アフタヌーンKC)

  • 2056人登録
  • 3.72評価
    • (98)
    • (260)
    • (198)
    • (25)
    • (4)
  • 150レビュー
著者 : 桜井画門
制作 : 三浦 追儺 
  • 講談社 (2013年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063878684

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

亜人(1) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

  • 17年前、アフリカの戦場に
    突如、死なない人間が現れた。
    以降、まれに人類の中に現れる
    決して死なない未知の新生物を
    人は「亜人」と呼んだ…。


    時は流れ現代の日本。
    一人の高校生が交通事故に遭って即死。

    しかし自分の意志に反して
    生き返った少年を
    マスコミは新種の亜人と呼び
    多額の賞金がかけられることに。

    そして全人類を相手にした
    少年の逃避行が始まる…。


    いやぁ〜
    コレは面白い!

    ありそうでなかった設定だし、
    (死ねない主人公の設定はM・ナイト・シャマラン監督の映画「アンブレイカブル」を思い出したけど)

    一癖も二癖もある登場人物たちと
    血飛沫飛び散るハードアクション、

    謎が謎を呼ぶ怒涛の展開は
    一時も目が離せないし、

    ツウ受けしそうな
    ダークでバイオレンスな世界観は
    早くも傑作の予感が
    プンプンします(笑)
    (死んでみなければ
    自分が亜人であるのは分からないところも面白い)


    医者を目指す優等生の永井 圭。

    唯一、圭を助け
    逃亡の手助けをする
    幼なじみの海斗。

    純真無垢に圭を信じ
    身体を張って守ろうとする
    この少年がまた
    本当にカッコイいい。

    頭が良く冷静沈着な主人公の圭は
    少し狡賢いところもあり
    デスノートの主人公キラこと夜神月を
    思い出しました。



    独特の声を発し
    相手を動けなくする能力を持つ亜人。

    ジョジョのスタンドのように
    自分に付く亜人を操って
    戦うシーンは
    見応えあります。



    亜人は痛みは感じるのに死ねないし、
    捕まれば研究対象にされ
    不死身なのかを確かめるために
    何度も何度も殺される。

    そんな噂を聞いた主人公の圭は
    賞金目当ての追っ手から
    命からがら逃げ回るのです。


    同じ亜人である
    かなりヤバい日本人たちも登場し、
    今後の展開が本当に待ち遠しい!



    命には何故終わりがあるのか、

    生きるということに
    どういう意味があるのか、

    いろんなことを考えさせられるストーリーでもあるし、

    とにかく
    ダークヒーローものが好きなアナタなら
    (面白い漫画に餓えてる方も)

    ハート持っていかれますよ(笑)

    現在2巻まで発売中〜♪

  • 立ち読みしたんだけど面白かった。
    続きが気になる。

    巨人、ゴキブ●の次は亜人。
    最近のコミックは面白いのが多いです。


    異能力を突然つきつけられて、しかも詳細を覚えていない。
    いきなり亜人と判明し、追い回され理不尽な境地に陥るけど碇シンジと違うところは、主人公がたくましいところ。

    他の人物や不気味や不思議な描写シーンで気になる部分が多かった。

  • 話題作ということでずっと読んでみたかった作品なのだけれど、1巻読んだ段階ではまだ面白いのかどうかわからなかったー。死なないっていう設定は面白いと思うのだけど、逃げてるだけの展開はちょっと単調さを感じた。
    でも、2巻目以降まで読んだら面白くなってくるのかしら…?

  • 一部の人たちが超能力(?)を得た世界。その能力についての手探りな考察がおもしろい。現象から理屈を積み上げていくワクワク感は、SF・科学ならでは。いろいろな考え方があって面白い。

  • 近所の書店でだいぶ前に激押ししていたので買ってみました。

    話は現代・・・「亜人」と言われる不死の人間が確認されている世界。
    亜人とわかってしまうと捕獲対象になり、人間の尊厳を剥奪される。
    しかし亜人は死んでみなければわからない。
    一度死んでみて生き返ってしまったら、それまで人間だったものが途端に捕獲対象の獲物となる。
    そんな中、永井圭は公衆の面前で事故に合い生き返ってしまう。
    それからの壮絶な逃避行。

    スピード感とちょっとずつ亜人の他の秘密を小出しにしてくる所がナイスバランス。
    読む人が求めるスピードで話が展開している気がする。
    ストーリーとしてはもしかしてありがちなものになる可能性もあるけど、これからが楽しみなマンガですヾ(@^▽^@)ノ。

  • 映画のような場面(コマ)転換、BGMが実に上手くはまりそうな切り替えの仕方、別々の場面をそれぞれ適度な間で見せていくやり方、展開の疾走感。
    マンガを読んでいながら、映像を見ているようでした。展開上の静と動みたいなものの魅せ方が、とても上手い。もちろん絵も上手いので、作品の世界観や主人公らの動作、思考もしっかりと読み手に伝わってきます。
    ストーリーはまだ全く序盤ながら、読み手を引きつけて掴む強さはすごいと思います。先の展開がしっかり練られているからこそ、これだけ謎を散りばめられるのだろうと思います。続きがとても気になる作品です。

  • 話題作ということで1巻のみ読了。主人公は,「亜人」。「亜人」とは何なのか?は作中の大きなテーマだが,描写だけ見ている限りは,不死のスタンド能力使いといった感じ。少数しかいない「亜人」を囲い込み,管理しようとする人類と,そこからの反逆を計画する「亜人」との戦い。まだプロローグ。全体の雰囲気は,「昔のアフタヌーン」といった感じで素敵。

  • ちらちらと色んなところから話を聞いたので購入。
    いいですね、普通の少年がいきなり得体のしれない人外に!っていうのが。
    「亜人」というもの自体、いったいなんであるのかが謎のまま話が進んでいくのがいいです。実態の解明がされていないっていうのが。
    しかも、「亜人」になる理由も経緯も不明ってのがまた…

    しっかし、このケイくんの冷静なこと…若いから適応力が優れているってことかもしれないんですけども。

    世間の「亜人」に対する対応もなんとも酷くて酷くて・・本当に「人間」扱いされていないんだなぁ。家族ですら…。
    どんな酷い目にあっても死ねないっての言うがのまた酷い。

    いい作品ですよね。これ。本当に。

  • 書店で立ち読みして1巻だけ試し買い。亜人になるのではなく、亜人と「契約を結び」不死身になる、亜人に他人を襲わせるというのはDEATH NOTEと似たような設定かも。少し興味が湧いてきたので、2巻も買おうかな。

  • 「亜人」
    公開日:2017年9月30日
    キャスト:佐藤健、綾野剛、玉山鉄二、を城田優、千葉雄大、山田裕貴、玉山鉄二、川栄李奈、浜辺美波、ヒカキン
    監督:本広克行
    http://ajin-movie.com/
    Twitter:https://twitter.com/ajin_movie

  • 話題だけあって、入りはめっちゃおもろい!

  • 不死の新生物「亜人」。交通事故で即死したはずの高校生・圭はその場で生き返り、自分が亜人であることを知る。研究対象として〝狩られる〟亜人。圭はすべての人類から追われ始める...!

  • 高校生・永井圭が不死身の新人種の「亜人」だと分かり… 亜人じゃない側の考え方や行動を起こす欲望にまみれた感じが怖いし、追われる身になった圭もまた考えてる事が怖くなっていくな。亜人でも別種?黒い幽霊として現れるアレもまだよく分からないし、圭にコンタクトを取ってきた2人とか、分からない事だらけなんだけどこれからの展開が鬱々としたものになりそうな予感はするよ。

  • 『亜人ちゃんは語りたい』と同時に読むと何とも味わい深い,“亜人”なのにな。死ねば傷が治るのかしら?これもペラ読みできたので読んでみたらなかなかだったので。

  • 命が無限にあると、自分の命を軽視されるし、他人の命も軽視するようになる。

    とても自然な流れで 人間の悪の部分が放出されていておもしろい。
    物語自体が、だれが正しいかを決めていないところがいい。

    続きが気になる。

  • まぁまぁ好き。

  • 圭「・・・ちがう・・・」

  • アニメ化を期に読み始める。

    まだ未知の生物亜人。
    なんとなく、『JOJO』のスタンド的な存在と考えればいいのだろうか・・・

    今後の展開に期待しよう。

  • 2巻まで読んだ。
    死なない人種亜人が見つかってから、亜人は捕らえられ実験動物に。
    とある高校生がトラックに轢かれて亜人だということが発覚。
    人類から追われることに……というストーリー
    まだわからないことだらけで、この先がどうなっていくのか不明なままで気になる。

  • 「亜人」
    TBS 金曜25:55~
    キャスト:宮野真守、細谷佳正、櫻井孝宏、小松未可子
    http://www.ajin.net/

  • 読んでみたら意外と面白かった!!

    そして絵がうまい。
    普通に立ってる人の絵ならだれでもそれなりに描けるけど、こういう躍動感あふれる絵って難しいよねとしみじみ。

  • 殺しても死なない人ではない扱いをされる亜人
    死んでみないと亜人かどうかはわからない世界でアジんだったことが判明した学生の主人公と殺戮をゲームとしてしか扱わない亜人とのやりとり。
    最初に出てきた幼なじみはどこいった。

  • 映画がおもしろかったので思わず購入。
    映画より、原作の絵柄のほうが幼いかんじがするので、ショタっぽい。
    あと佐藤が、原作だと細面でびっくりしました(笑)
    電話番号暗記してたくだりは映画だとカットされてたので、読んでよかったです!

  • テンポが早いのが良い。

全150件中 1 - 25件を表示

亜人(1) (アフタヌーンKC)に関連する談話室の質問

亜人(1) (アフタヌーンKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

亜人(1) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

亜人(1) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

亜人(1) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする