K ストレイ・ドッグ・ストーリー (アフタヌーンKC)

  • 156人登録
  • 3.00評価
    • (3)
    • (10)
    • (16)
    • (10)
    • (3)
  • 13レビュー
制作 : GoRA・GoHands  宮沢 龍生(GoRA) 
  • 講談社 (2013年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063878837

K ストレイ・ドッグ・ストーリー (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ツッコミ不在。

  • 1話で勇壮でシリアスなストーリーを匂わせたかと思えば、割とギャグ要素が多い本作。
    原作のGoRAさん(宮沢さん)が楽しんで考えられたのが伺えます。

    そして実はアニメ本編以前に関わっていたあんな人やこんな人。
    多々良とのエピソードは少し切なくなってしまいました。

    Kはいくつかコミカライズされておりますが、SDSを担当されたミナトサキさんの絵柄は狗朗や話の雰囲気にあっていると思いました。ただ、好みを選ぶ絵柄かな…?
    他のコミカライズ作品と比べて1巻ぽっきりで終わってしまった点は少し残念。セプター4や吠舞羅の様な集団のストーリーではなく、狗朗個人のストーリーなので仕方ないかなとは思いますが。

  • クロくんは苦労人ですね。どっかのエクソシストに似てると思ってましたが、彼より断然出来た男でした。いや、向こうも仕事出来る系なんですけど、クロくんはそれを逸脱する程の出来。こんな奴、現実にいねえ! とツッコミつつもついつい読んじゃう。

  • 【借り本】夜刀神狗朗の話。画はきれい。
    ストーリーは本編を読んでないと理解し難いところもあるけど、旅で色々な人と関わって真剣に向き合ってる所では本編に関係なく、狗朗の良さなんだろうと思った。
    多々良とどうなるのか本編が気になる。

  • 『K』のアニメはずっと観ていて、その中でもクロは好きなキャラだったので、買ってみました。
    が・・・微妙に『K』へと続くエピソードになってない部分があったりして、『K』に向かってワクワクが増す~って感じが無かった(T∇T)。
    特に料理対決は、まったくそれまでの流れとテイストも変わっちゃって、『焼きたてジャパン』ですか?みたいな。
    もうブックオフに売ってもいいくらいなんだけど、とりあえず手元に置いておきます~。

  • シロと出会うまでの話。
    クロの生真面目な性格はこんなふうにできたんだなとわかる。

  • 今頃「K」にハマってクロが気になって買ってみたのですが、なんともいえない微妙なラインといいますか。
    絵で「クロ可愛い」と思い、クロの過去を知識として知る、ぐらいの本。
    なんだかアニメで期待した分尻すぼみ感が否めないのが残念でした。

  • 「出会う○秒前!」みたいな話が大好きなので、これ本当いい終わり方でした。
    内容大分「え、なんでそうなったwwww」ってとこ多かったけど、まぁいいかきっとストレインなんだね、で片付けることにする_(:3 」∠ )_
    たたらんとの絡みは予想外だったぁ・・・・

  • クロがふんどし男子でときめいた……。
    生真面目で可愛い。

  • 絵が綺麗!!!
    鎌本くんがいい味出してましたよね。笑
    クロがものすごく真面目で、一生懸命で、自分もがんばらなきゃ、と思えました。
    一言様、すてきっ!!

全13件中 1 - 10件を表示

K ストレイ・ドッグ・ストーリー (アフタヌーンKC)のその他の作品

K ストレイ・ドッグ・ストーリー (アフタヌーンKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

K ストレイ・ドッグ・ストーリー (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

K ストレイ・ドッグ・ストーリー (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

K ストレイ・ドッグ・ストーリー (アフタヌーンKC)の作品紹介

大注目アニメ「K」のコミカライズ版は、人気キャラ・クロこと夜刀神狗朗(やとがみくろう)が主人公の前日譚!「次代の王を悪と見極めたら、これを斬ってくれ。」今は亡き主君・三輪一言の命を受け、クロは旅立つ。本編で語られなかった物語がここに。

ツイートする