ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンKC)

  • 177人登録
  • 3.59評価
    • (3)
    • (19)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 交田稜
制作 : 三上 延 
  • 講談社 (2013年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063879018

ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "なにかの役に立つといふことを抜きにして
    僕達がお互ひに必要とし合う間柄になれたなら
    どんなにいゝことだらう"

    志田さんの魅力も相俟って「落穂拾ひ」はぜひ読みたいなぁ。

    「論理学入門」の坂口さん夫婦のお話も大好き。
    小説で読んでいるけれど、絵にしてもらって見る
    ビブリアの世界も本に包まれた世界が愛おしくて楽しい。

    ちょこちょことはさまっている文香ちゃんの「今日のできごと」
    がかわいくてもっといっぱい見たい♡

  • 読了。

  • 2015/3/2

  • 1巻がなかったので、2巻から図書館で借りた。
    はじめは微妙な気がしたが、しばらく読んでると面白い気がしてきた…

    巨乳で美人はないやろ…

    1巻か3巻も読んでみるか…

  • シリーズ2段目。ますますエスパー度合いが高まっていく栞子さん。全体的に妄想入ってるよね。どんだけ本の虫だよ。。。

  • 漫画の物語の外側に本の物語がある。重なりあう面白さ。

  • 2巻目ともなると、こちらの絵の良さが分かってきたというか・・・こちらはこちらで、硬派なイメージで話が進んでる気がします。
    多分絵柄も関係してるのでは・・・。
    そして、カドカワ版ではまだ出て来ていない、太宰処女本の話が出てきました。
    続きが楽しみです(* ̄∇ ̄*)。

  • 話の進行が早いな。
    落穂拾ひの話はほとんど同じ。しかし、胸しか目がいかなのはい困り者。

  • 1巻に続き、良いお話。ほんわかする。挿絵が、イメージピッタリだなー。

  • 面白かった。相変わらず巨乳

全18件中 1 - 10件を表示

交田稜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンKC)の作品紹介

少女の恋と罪。夫婦の見えない秘密。古書にまつわる事件を解き明かすうちに、本を読めない青年と美貌の女店主に絆が生まれた。だが、彼女が抱える事情が語られるとき、穏やかな日々は一変する―――美しいものとは限らない。それでも始める。ここからは篠川栞子の物語。

ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする