亜人(2) (アフタヌーンKC)

  • 1377人登録
  • 3.78評価
    • (75)
    • (152)
    • (123)
    • (14)
    • (1)
  • 75レビュー
著者 : 桜井画門
  • 講談社 (2013年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063879025

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

亜人(2) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん、何か、どんどん謎を広げていって、たたむ様子も見せないまま、時系列を入れ替えて、主人公まで入れ替わる。「進撃の巨人」といい、こういう感じの、風呂敷広げまくる話が流行ってるのだろうか。今どきの若者は、こういう多面的な、ストーリーの流れが一本道でない謎が謎呼ぶ物語にもついて行けるのかな。絵も読みやすいし、物語世界も、大きな謎である「亜人」のネタも面白いと感じているだけに、自分としてはもう少し、丁寧に、主人公に感情移入させてくれるようにストーリーを導いてくれるような作品でないとついて行けない。
    と言うことで、残念ながら、たぶんもう続きは読みません。完結後全巻まとめて、なら良いかも。

  • 展開の意外性。あ、そっちいくんだ、と。
    ぐっと引き込まれた。ぐろいけど。

  • サクッと殺してしまうのがよいです。伏線を散らしつつ枝線回収は見事。スゴく緻密な描き方と最近気がついた。

  • 新キャラわくく

  • 亜人とは、人類の進化なのか?
    それとも、突然変異であり、人類の異端なのか?
    亜人達に、更なる危機が迫る、第2巻。


  • 帽子の男達の意図がまだ謎のまま、主人公・圭以前のエピソードが収録され、亜人に関する基礎知識を植え付ける巻であるようだ。

  • 「亜人」の仲間に出会えたものの、すぐ研究機関に捕まり、繰り返し拷問を受ける圭。圭の中に潜む謎の能力が目覚めるのか!?

    ふとしたきっかけで日常生活が崩れていくSF感、周囲が皆敵に回る孤独感、追われ追い詰められていくスリリングさ。昔『寄生獣』を読んでた時のようなときめきがありますねー。

  • 帽子や田中たちといても恐ろしいし、戸崎に捕まってもあんな事されるなんて正気の沙汰じゃないし、どっちも頭おかしいんじゃないって思うわ! 圭があの瞬間にカイの事を思い出して踏み止まったのは心底ホッとしたよ。でも帽子が凄すぎるわ。戸崎がいう「中村慎也事件」も語られたけど彼も今後出てくるのかな… 怖いけど読むのをやめられない。

  • なんだか『白暮のクロニクル』のオキナガみたいやね。オキナガは死ぬけども。

  • 神社のシーンは震えた。

全75件中 1 - 10件を表示

亜人(2) (アフタヌーンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

亜人(2) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

亜人(2) (アフタヌーンKC)の作品紹介

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。

当局の管理下にない自由亜人・サトウ登場。人間との抗争を辞さないサトウは亜人の同志・田中と共に永井圭奪還を図り武装蜂起した!

亜人(2) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする