亜人(3) (アフタヌーンKC)

  • 1262人登録
  • 3.76評価
    • (57)
    • (123)
    • (107)
    • (10)
    • (1)
  • 65レビュー
著者 : 桜井画門
  • 講談社 (2013年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063879346

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

亜人(3) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “「なんで 他人を気遣えるんですか?」
    「ん?」
    「人の痛みなんて わかります??」
    「それは君が亜人になってから 酷い目にあって心が……」
    「いえ
    僕は 上辺以外で人の心配なんてしたことない」”[P.72]

    永井くんの異常性がじわりじわりと。

    Thanks to K.H.

  • 立ち位置が決まってきた。大体ろくでもないのが普通の人々。

  • 2014 5/10読了。
    1-3巻いっき読み+後に4巻まで読了。
    感想は最後にまとめて。

  • 2巻から相当時間が経っているため、物語の進行についていくのに苦労した。帽子の男が味方から、また敵になった。帽子の男の邪悪さを第三者である読者から見たら当然の帰結なのだが、永井が彼と敵対する行動をとったのは何故か? まだまだ謎が多いな。本巻最終話の「舞台裏」から、また今後の展開が広がる予感。

  • なんだかちぐはぐなんですよね圭って… でも本人や妹が思ってるほどクズじゃないって思いたい私は甘いのか? 亜人は死ぬ、断頭され頭が再生される事によってそれは本当に自分だと言えるのか… と。もう怖いわ! 戸崎の亜人への執着?の理由もちょっと語られたけどまだこれだけじゃなんとも言えないな。帽子たちと決裂した圭がどうなるのか緊張する。

  • 溺死はやはり,溺死→蘇生→溺死を繰り返すのだろうか? そらしんどいわ。

  • 佐藤さんは破天荒スギィ!!

  • 佐藤に救出された永井。
    ちょっと前と性格変わってる?
    実験のせい?

    黒い物質の量、亜人にも死が訪れる…
    まだ謎ばかり。

  • 主人公が実験施設から脱走させてもらう話。
    他人のことなんてどうでもいいくせに、たまになんとなくやる気を出すってあたりが、基本性格にムラがあるよね。

  • 絵がやけにサンデーくさくてうんざりしておりましたが、1巻後半から徐々にタッチが変わってきてよその人の感想「ARMS」、まさに!しかし、この3巻からはアシスタントが2人増員されたようで(巻末の品質表示ぱねぇ)格段かっこいい。ストーリーや心理描写を含む緩急つけた計算上のものだったのか?とにかく激変

全65件中 1 - 10件を表示

亜人(3) (アフタヌーンKC)に関連する談話室の質問

亜人(3) (アフタヌーンKC)に関連するまとめ

亜人(3) (アフタヌーンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

亜人(3) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

亜人(3) (アフタヌーンKC)の作品紹介

既存の人類との共生か、それとも敵対か――。亜人となった永井圭が最初に接触を試みた同朋、「帽子」こと佐藤の正体は凶暴なテロリストであった。自分に凄惨な人体実験を行った当局の研究員の命をめぐって、永井圭は皮肉にも佐藤との全面対決に踏みきる。

亜人(3) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする