亜人(5) (アフタヌーンKC)

  • 764人登録
  • 3.74評価
    • (31)
    • (75)
    • (67)
    • (4)
    • (1)
  • 42レビュー
著者 : 桜井画門
  • 講談社 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880076

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

亜人(5) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帽子の男・佐藤たちが国家を相手に大暴れすることで亜人の存在感、恐怖感が増し、永井は潜伏できない状態に追い込まれた。最初は弱弱しいキャラかと思っていた永井は、前巻から嫌味なキャラになったな。佐藤へ反旗を翻したわけだから、一応は「正義」側なのだろうけど感情移入できず、一歩引いた視点で本作品を読んでる。これも作者の意図なのか?

  • 頭良い奴が活躍してくれると漫画で読む価値ある

  • 中野くんが殺伐とした展開の中いいキャラでホッとできるよ。しかし圭がどうしたらこんな考え方になるのか、ちょっとでもいい所を探さなきゃいけない主人公も珍しいw 戸崎と手を組む事になったけど色々と怖いです。帽子が最強すぎて勝ち目あるんでしょうか…

  • うわぁ,佐藤恐ろしい。この戸崎の冷静な様ったら! 圭居場所を失う。「亜人だったろ?」ダメだコイツ。自分の生活の安寧だけを望んでいるのだろう,しかしそれを脅かす佐藤をどうにかしないといけない! と圭は立ち上がる,仕方なく。おっさん自分の年金と株価の逆恨みだっただけかい。バカは死んでも治らないのか。最終的にやはり厚労省に。

  • 佐藤「おはよう(^o^)」

  • 亜人たち、完全に人間に対して敵対心剥き出し。
    容赦ない破壊に戦慄を覚える。

    永井は、どんどん亜人らしくなっていく。
    このまま心の痛みが失われていくのだろうか・・・

  • 佐藤さん暴走開始
    目的がなんなのか気になる。何かを企んでいて、その前準備なんだろうけど。
    永井君の感情欠落っぷりは相変わらず。新しい相棒が馬鹿なので、バランスとれるのかも。戸崎との交渉はどうなるのかな

  • これまで、カラーでギョッとされられてきた。もちろん悪い意味で!だ!が!5巻で。ついに。大友克洋に仕上げてきた。やっぱり大友克洋めちゃくちゃかっこいいな。
    さて、夏休みをおばあちゃん家で過ごす大変オーソドックスな展開。これは•••寄生獣•••

  • ☆☆☆☆

  • おばあちゃん、ぐういい女。
    永井圭と中野くんのやりとりが、シリアスな話なのにコミカルで楽しい。

全42件中 1 - 10件を表示

亜人(5) (アフタヌーンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

亜人(5) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

亜人(5) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

亜人(5) (アフタヌーンKC)の作品紹介

不死の新生物・亜人となった高校生・永井圭は亜人テロリスト・佐藤の策謀により当局に捕獲されるが、自力での脱出に成功、山村に潜伏した。佐藤は人類との全面対決を宣言し、市街地のビルに旅客機を墜落させ、現場に結集した警視庁特殊急襲部隊(SAT)を亜人の仲間達とともに殲滅した。全国に亜人の恐怖が蔓延する中、武装した村人達に追いたてられた圭は亜人の仲間・中野攻とともに村を脱出し佐藤への反撃を開始する!

亜人(5) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする