亜人(6) (アフタヌーンKC)

  • 603人登録
  • 3.70評価
    • (17)
    • (58)
    • (47)
    • (2)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 桜井画門
  • 講談社 (2015年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880670

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

亜人(6) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 永井は誰とも打ち解けず、下村泉の暗い過去が語られ、海斗は少年院で新たな亜人と出会う。ストーリーの亜人密度は高まってきたが、まだそれぞれがバラバラだ。6巻になっても話が拡散していくかに見えるが、さてどのように収斂していくのだろう?

  • この巻は特に良い、バカは世界を創るし滅すとか

  • なぜ下村さんが戸崎と一緒にいるのか、その過去が語られた… 色んな過去を抱えているんだな、みんな。圭の幽霊は他の人たちの幽霊と別格なのか? 戸崎たちは帽子をちゃんと捕まえられるか? でもカイが出てきてくれて、捕まっていたけど嬉しかった。カイはやっぱり圭を助けるために走るんだろう… 新たな亜人・コトブキとカイの方も気になるわ!

  • オグラ・イクヤは自己が中心なんだなぁ。中野って奴は……他人の信頼を得るのがうまい,同じ教室にいればあいつはヒーローでお前はただの嫌な奴だろう,だがココは学校じゃない。何十回何百回引かなきゃあハワイ旅行は当たらんよ。コレなら低コストでオートマチックに何度も死ねる寝てても大丈夫だ。下村泉の過去。海斗は超バカなんだ。

  • 翼が生えたIBM

  • 7巻まで
    協力の申し出は受理され、対佐藤対策に取り組むことに
    それとは別に、主人公の友達も生きてたり、新しい亜人が現れたり
    そしてまた亜人に襲撃されるビル

  • やっと続き読んだ。面白い。下村さんの過去。母親の気持ちが痛くて泣ける。海斗が相変わらずカッコいい。ケイに対してああ思えるほど、2人の関係はどのように構築されてきたのか興味ある。

  • 亜人・下村泉の過去話メイン。

    永井の歪んだ性格もだんだん慣れてきた。

    海斗の再登場は意外な塀の中。
    でも、うれしい!

  • ひとつの戦いが終わって次の準備が色々と…。
    ストーリーはそんなに進んでいない印象ですが、亜人の秘密も少しずつ明らかになってきたし、海斗側にも新たな展開が。

  • やっと、心に残る名台詞が!
    【心に流されれば身を滅ぼす】
    賛成:クズ
    反対:バカ

    やっぱりサンデーなの?目尻にいくほど長くなる下睫毛は舞台メイクとか?下村君の顔は生理的にムリってレベルに•••ぞわぞわする。突然ほぼ裸で行われる自殺にも唖然。
    そしてやっとリューク!羽根のやつ最強じゃん、かっこいいからもっと出して欲しい

全27件中 1 - 10件を表示

亜人(6) (アフタヌーンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

亜人(6) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

亜人(6) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

亜人(6) (アフタヌーンKC)の作品紹介

不死のテロリスト・佐藤たちの大規模テロにより、亜人の恐怖が全国に蔓延した。そんな中、亜人として全人類に追われつつ寒村に潜伏していた高校生・永井圭は、同朋の少年・中野 攻とともに、佐藤を止めることを決意する。亜人管理委員会の戸崎と手を組むことで、亜人研究の権威、オグラ・イクヤ博士に会い、下村 泉や管理委員会のメンバーとも関わることになった圭。激変する戦況の中で、佐藤との最終決戦が迫る!

亜人(6) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする