甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)

  • 706人登録
  • 4.16評価
    • (64)
    • (62)
    • (32)
    • (2)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 雨隠ギド
  • 講談社 (2015年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880786

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

  • 今更、そこに気付いたのかい、と呆れられそうだが、ホント、この『甘々と稲妻』はタイトル通りのストーリーだな、そう、しみじみと、この5巻を読んで思った
    全体的に甘さがほのかに漂う話なのだが、時に、稲妻のごときインパクトで、読み手のハートを無遠慮で貫いてくる
    あくまで、私が勝手に思っている事だが、どのジャンルにしろ、5巻ってのは、どっか、節目みたいな感じがする。五巻目に突入すれば、質が落ちてきているか、維持できているか、むしろ上がってきているか、が分かると思う
    この『甘々と稲妻』は、当然、ますます、質が良くなってきているタイプの作品だ
    豊田悠先生が、『パパと親父のウチご飯』で追い上げてきたかと思ったが、そう、簡単には先頭を譲らないなあ、雨隠先生
    これからも、是非、切磋琢磨して、私らファンを満腹にさせてほしい
    どちらかっつーと、料理漫画じゃなく、育児日記を読んでいるような気分が強まる、この五巻でも、日常的だけど、親子にとっちゃ、実に大事なイベントばかりが発生する
    男の子の友達が家にやってきたり、誕生日のパーティーを催したり、子供らしい見栄から初めて嘘を吐いてしまったり、大怪我をしてしまったり、そんな風に父と娘の毎日は賑やかしい
    言い方は悪いかも知れないが、『甘々と稲妻』は、つむぎちゃんと同年代の子供がいる親の読み手の方が、共感の度合いが深まって、面白く感じられるんじゃないだろうか。もちろん、独身の人、まだまだ夫婦だけでいたい人も、料理漫画が好きな人も、子持ちの人とは違った切り口から、異なる魅力を見つけられるだろう
    ただ、やっぱ、犬塚先生がするつむぎちゃんの褒め方、叱り方、認め方、受け入れ方は、今現在、子育てに悩み始めている人にとっちゃ、目から鱗だと思うのだ。そりゃ、子供の育て方は千差万別、人それぞれだが、「こういうやり方もあるんだ」ってコトを知っていれば、子供との接し方にも、良い余裕が生まれるのは確かなはずだ
    また、親子の絆だけでなく、犬塚と小鳥の距離感にも、少し変化の兆しが見えだしてきており、これからが楽しみだ
    くっついて欲しいっつーより、小鳥には犬塚への恋愛感情を、愛する誰かと結ばれて、子供が出来て、子育ての難しさにぶつかった時、それを乗り越える為に役立つ人生の糧にしてもらいたい、そんな感じかなぁ
    どの話も、ストーリーは面白く、登場する料理も美味しそうで、どれを推薦するかを悩んでしまうのだが、共感って点で選出するなら、やはり、その25「夜空の下のほくほくコロッケ」だ。つむぎちゃんの、我儘とも言えない、父親へのモヤモヤとした感情のぶつけ方、これは誰でも経験があるだろう。いいこでいたくない、そう思うのは、子供も大人も同じだ。無理に我慢せず、思いっきり、そのイライラを外側に出せる子供の方がエラいよなあ。また、私のお気に入りキャラである八木さんが、好い味を醸しているってトコも薦めたい理由だ。友達にガス抜きさせてやり、ささくれだった親子の絆を修復するのに一役を買ってくれる人間が身近にいるだけで、どこか心強いもんだ
    この台詞を引用に選んだのは、私もつむぎちゃんを凄いな、と感じたので。嘘を吐いちゃいけない、そんな当たり前の事は誰だって分かってる。けど、自分を自分で傷つけたくなくて嘘で己を守りたくなる時だってある。しかし、結局、嘘は嘘で、いつかは自分にダメージが返ってくる。子供に嘘はいけないって事をちゃんと教えられる親はカッコいいと思うのは私だけじゃないだろう

  • 【あらすじ】
    妻を亡くした高校教師・犬塚(いぬづか)は、単身で娘・つむぎの子育て中。料理が苦手な彼だが、ひょんなことから教え子の小鳥(ことり)と一緒にご飯を作って、娘と3人で食べることに! 体も心も、ぐんぐん成長していくつむぎ。料理も料理以外でも、娘のためにしてあげられることはなんだろう――? 父の奮闘はまだまだ続く、にぎやかホームドラマ第5巻!

    【感想】

  • 購入済み 読了 電子書籍

  • つむぎちゃんの成長がまた見られた今回。
    おもちを作る時に、ママが病院にいる友達に対して
    つむぎちゃんが言った言葉が身に染みました。
    そして、はじめてのおつかいでの失敗もありました。
    それでも前を向いたつむぎちゃん。
    とても成長していますね。じんときました。

  • 1.つむぎの成長
    大人になると、本人の意識次第ではあるけれど「できることが増える」という感覚を味わうことが難しくなるのではなかろうか。そのまま、自分にできることはみんな誰もができることなのだと思い込んでしまうと、他人の実力を認めることは難しくなる。
    だから、ちゃんと成長した分「自分を誉めて」「次をやらせて」と主張できるつむぎさん、それに応えて単に褒めるだけでなく、程よいレベルの課題を課して、さらに向上心と自信を身に付けさせる大人たち。うらやましい。

    2. 犬塚さんと小鳥さんの関係
    小鳥さんは一人で家事と仕事を頑張る犬塚さんに敬愛の念を抱いていて、犬塚さんは小鳥さんのことを場所やレシピ、セッティングで頼りにしている。
    お互いに補い合う関係が見ていて心地よい。

    3.小鳥家のこと
    犬塚家だけでなく小鳥家の親子関係も焦点。それなりに仕事と家族を両立させる犬塚家とは対照的に、小鳥家は夫婦が疎遠で、かつ母親は仕事でひっぱりだこになって、家を空けることが増えてきた。そこへ犬塚家が入ってくるようになる。食事会が「家族」ではないけれど「家庭的」な空気を補い、さらにそのことがレシピを教えてもらったり会話のきっかけになったりして、小鳥家のつながりをやんわりと繋ぎ止めている状態。
    小鳥家自体は冷え切っているわけではなく、今回のエピソードではつながりを絶たないようにしようと、そして小鳥さんを大切にしようとする温かい意志が読み取れる。今後小鳥家は変わっていくのか。

    4.登場人物のつながり
    つむぎの友達、犬塚先生の友達の八木、小鳥さんの友達・家族、いろいろな人たちが出てくる。犬塚家はどうしてこうもオープンでいられるのか、と思ってしまうくらい、簡単に人を受け入れていて、そのかかわりがつむぎの成長にも大きくプラスになっている。
    保護者同士、子ども同士、友達同士、と近しいところから人間関係を広げて、秀くんや小鳥家の心の問題を解決し、それをつむぎの成長にもつなげていく。無心で真心を働かせる犬塚先生だからこそ、なのかもしれない。


    ちちこぐさも同様のコンセプトの話だが、ちちこぐさが仕事仲間と家族に重点を置いているのに対し、
    甘々と稲妻は、食が人間関係を生み出し、団らんが大きく広がっていく様子がいきいきと描かれている。

  • つむぎが、お母さんがいなくて寂しいって気持ちが伝わるエピソードに弱い。
    泣ける。
    つむぎがあくまになるエピソードも可愛かった。

  • どんどん成長していくつむぎちゃんの、行動のあれこれが本当に可愛らしい。
    つむぎちゃんがおいしそうに食べるので、食べ物がより一層おいしそうに見える。

  • マンガに登場する小さい子、あまり好きになるほうじゃないけどつむぎちゃんはものすごく可愛いな!それと食べるときの描写がすごい。コロッケなんかほんとに湯気とアツアツが伝わってくる。

  • つむぎちゃんはそうだよな。ギャルだよな笑

  • 「…そうかな 女の子だからできないとダメとかじゃなくて 男の人とか 大人とか子供とか 関係なくて」
    「おいしいごはんをつくれる人は素敵だなって思う」

    料理×育児×女子高生マンガの第5巻。
    この巻でも作者のあたたかい視線が感じられてほっこりできる。
    巻末のヤギちゃんエピソード、切ない…笑

  • 先生ぬえちゃうの??って思いました。すごいね。

    そして、つむぎちゃんの成長ぶりにちょいと感動。最初のお友達とのお餅のストーリーいいですね~。

  • 先生、裁縫もそのレベルでできるなんてすごいね……

  • 今回は私の食べたい物が多かった。

  • つむぎちゃんがずいぶん成長してきたなーと思いました。前の巻はわがまま全開で「こんな子どもいやだな~」と思ったのですが、5巻では、周囲への思いやりとか配慮ができるようになったようです。
    おとさんも成長しすぎ(笑)。ドレスを手作りしたり、ごはんも苦も無く作れるようになって、読んでいる側としてはちょっと物足りないかな~。
    作中に登場するレシピも、小さい子どもがいる家にしては、とても渋いものが多いですね(笑)

  • 小鳥ちゃんのお父さん登場。この巻、良いですよ~。ヤギちゃんの番外編が載ってます。

  • この漫画は本当に安定しているなあ。『食』という揺るぎないテーマがあるからかな。
    どんな問題も、きちんと話し合いで解決できる犬塚家は本当にすごいと思う。

  • つむぎちゃんが成長してってるなぁ。ぜんざいの小豆って一晩水に漬けとかなくていいの?そっから茹でて作るんじゃないの?それが面倒なんで、茹で小豆買ってきて簡易ぜんざいしか作ったことないんだけど(笑) ぶり大根もだけど、コロッケ食べたい!コロッケコロッケ!!

  • あーーーおもち食べたい―ーーーー!
    ブリ大根はね…おいしいに決まってます…。

  • ことりちゃん父初登場!
    なんか出る気配なさそうだったから、油断しててビックリしたわ。Σ(・ω・ノ)ノ
    もっと弱々しい人想像してたから、正反対な感じで意外だったし。笑

    印象深かったのは、その24「ウソつきとパルなんとかスパゲティカルボナーラ」の話。
    子どもに何か説明するのって、難しいよね。((-ω-`)
    相手を傷つけないように真実を避ければ、それはそれでウソになっちゃうかもしれないし?
    相手のためを思っても、ウソになるときはなっちゃうんだろうなあ。
    大人だってウソつきになっちゃうもんな~。
    「嘘も方便」て、あれ本当なのかね?未だに分かんないわー。

    さて次巻はどんな美味しいものが登場するのやら。(´ⅴ`人)

  • つむぎちゃん、お姉さんになったなぁ。
    強くなったなぁ

  • 小鳥ちゃんの恋心未満な感じの心境がなんともかわいいなぁというのが前巻までの読む動機の大勢を占めていたが、今巻を読むとだいぶ多角的な描き方になってきたなと思う。主人公界隈だけではなくて、少し離れた場所に目を向けたり、あるいは少しずつ、着実に時間が経過していたり。特につむぎの歳だと数ヶ月というスパンが大きな成長に成り得るわけで、そういうところをきちんと描けている。料理自体は人間関係をつむぐファクターに過ぎなくて、人と人との関係性を重んじた作品として開花してきたのかも。

  • 今巻も、おいしそうで食べたくなるものばかり。
    特におもちとコロッケ。
    お父さんはつむぎのために服を縫ってあげたり、確実にレベルアップしている・・・!
    小鳥のお父さんも初登場。
    次巻予告の新たな家族の一員って誰だろう?ペット?
    楽しみ。

  • 星空の下で食べるコロッケは素敵でした。
    泣き所も多かったですね。

    ~5巻のメニュー~
    もちもちお餅でちからもち
    お久しぶりのブリ大根
    おたんじょうびとおすしケーキ
    パルなんとかスパゲティカルボナーラ
    夜空の下のほくほくコロッケ

  • つむぎがだんだん複雑な思いを持ち始めていておもしろい。成長してるなぁって。

全34件中 1 - 25件を表示

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)の作品紹介

『good!アフタヌーン』で大人気連載中!既刊も続々重版、いま最も注目を集める食卓ドラマ。妻を亡くした高校教師・犬塚は、単身で娘・つむぎの子育て中。料理が苦手な彼だが、ひょんなことから教え子の小鳥と一緒にご飯を作って、娘と3人で食べることに!体も心も、ぐんぐん成長していくつむぎ。料理も料理以外でも、娘のためにしてあげられることはなんだろう――?父の奮闘はまだまだ続く、にぎやかホームドラマ第5巻。

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)はこんなマンガです

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする