亜人(8) (アフタヌーンKC)

  • 384人登録
  • 3.87評価
    • (17)
    • (45)
    • (20)
    • (1)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 桜井画門
  • 講談社 (2016年5月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063881370

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

亜人(8) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 黒服の死をこんな風に描くとは。
    乾いたやり取り、でも死者の背中にズーンとくる。
    すごいと思った。

    佐藤さん、モザイクもんですねー自分を粉砕する姿!

    はあ、おもしろかった、8巻!

  • フォージ安全ビルでの攻防は、永井の読みによって佐藤不在の田中達を下した。しかし、佐藤の亜人としての能力を逆手に取った侵入から闘い方まで、たった一人で他を圧倒する小気味よさのようなものがある。敵にはしたくない男だ。物語はIBM同士の闘いではなく、人間の知恵と知恵のぶつかり合いの様相を呈してきた。

  • ルーラは考えてたがまさかやるとは…この巻凄惨

  • 佐藤さん,あんたその方法はあかんで……というかどれだけの速さでチップ化されるんかわからへんけど,死んだ端から残った部分(頭側)から再生され始めそうな気がするのだが.むしろこんなこと考えつく桜井画門がすごいわ.

  • 自分だけ避難するなんてあの社長の方がクズだよ。一瞬圭たちが有利に見えたけど今のところ帽子の方が一枚上手な感じか… 圭たちはまだ後手後手にまわってるし。しかしいくら死なないとはいえあの方法で内部に潜入しようと考える帽子の神経がそら恐ろしい。4人の黒服のうち一人がやられた絵に凄く胸が痛くなった。黒服さんたち好きなんだけどみんなやられてしまうのかな…

  • 佐藤、最強。永井は永井で何を考えているから不気味。IBMで視界を奪う作戦は頭脳プレーという感じで面白かった。

  • 亜人の能力を逆手に取った永井の策は素晴らしい。
    でもそのさらに上をいく、佐藤の狂気。
    他人や自分を殺すことに何の躊躇もない。
    だからあんな滅茶苦茶な方法を取れる。。
    黒服の「お先」っていうシーンと、下村の亜人とのタイマンでの「来いよ!!」が印象的でした。

  • 実験にかかわった人たち殺害中に佐藤が飽きて作戦に参加しなくなった続き
    田中立ちが捕まって、佐藤を引っ張り出したら大混乱になった巻

  • 先の展開が読めないです。
    亜人vs亜人・・・どうなっていくんでしょうか?!?!

  • 展開、アイデアが半端なく素晴らしい。
    特にサトウの行動は、頭がオカシイ。

    先を全く読ませないので、ストーリーはスゴイのだけれど、皆冷静すぎる?

全22件中 1 - 10件を表示

亜人(8) (アフタヌーンKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

亜人(8) (アフタヌーンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

亜人(8) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

亜人(8) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

亜人(8) (アフタヌーンKC)の作品紹介

亜人テロリスト・佐藤が殺害対象に選んだフォージ安全社長・甲斐敬一の警護のため、永井圭と戸崎たちはフォージ安全ビル内に潜伏した。襲撃してきた亜人テロリストたちを一網打尽にするための作戦を仕掛けた永井圭。だが、そこに佐藤の姿はなかった。佐藤をおびき寄せる作戦にシフトし、圭は佐藤が現れるのを待つ。圭と佐藤の対決の時が再びやってくる。

亜人(8) (アフタヌーンKC)のコミック

亜人(8) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする