波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)

  • 411人登録
  • 3.92評価
    • (28)
    • (49)
    • (26)
    • (4)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 沙村広明
  • 講談社 (2016年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063882148

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

  • 破天荒、そして無軌道。大筋なんて要らんのです。イマがとにかく面白く、それがずっと続く、そんなふうにそれ自体がラジオみたいなマンガだ! さむらせんせー大好き……

  • 端々にちりばめられた小ネタが最高に面白すぎる.一度は沙村広明から離れようと思ったんだけど……やはりこれだから沙村漫画はやめられない!

  • 沙村さんのコメディ色強い方。
    ある意味妄想と現実が混濁するというか、変な伏線と怖い予測が変な影を見せるのは、ある意味音しかないラジオっぽいのかも知れない。見られないのに形がある。

    某ラジオでラジオパーソナリティのギャラの話が有ったり、某ポッドキャストのあれやこれやとか、やっぱラジオは大変なんだなー。

  • 自分本位 青木ヶ原樹海 オカ板 スウェーデン縛り福祉がしっかりしているから 釧路より寒い土地には住みたくない 鼓田ミナレ 放送事故 甘味で懐柔 当たり前の話をしているウチにいつの間にか身勝手な理屈にすり替わっている…そういうクズの本質はよく出ていたと思います快諾 アメージング感じてる 北の零年 言霊が宿る プラシーボ効果 正しいニュアンスで伝えてます?それ 1ミリも面白くなる気配がない 藻岩山が噴火するほどの 総合演出家であればよい 寝落ち避けがたし 荒巻き鮭 チルドのマトン タレはナンプラーに食べるラー油をぶち込んだモノ飽きたらコチュジャンでも… パーフェクト不審者 桐谷美玲の廉価版 今治タオル 大滝 支笏湖 口噛み酒 「はじめの一歩」で見たことあるかまえ… 堂ヶ島温泉ツアー 蔵王かもしか温泉 青姦にはもってこいなわけですね 陰陽師コス 漏水ろうすい つまび詳らか スラヴ系3世 諜報活動の一環 シリアルキラー 札幌市北区 大通公園のゾンビウォーク 床下収納 ホワイト寄りのグレー 現実の方がよっぽど奇々怪界 真綿のタオル 一事が万事この調子よ! 性転換してこの娘を幸せにしよう! 稲村亜美 時流が読めないのかね? ラジコというネット放送 サンドウィッチマン 構成作家 読み上げた投稿半分くらい俺が書いてたんだ…悪いけど 斜陽の館にようこそ 酸素を吸って二酸化炭素を吐いてんじゃないの? 泰山の安きに置けない その言い回しマイブームなの? 伏線アクアパッツァ チリワイン 焼き鳥を串から外して食べる食べ方どう思う? 沙村広明さむらひろあき

  • ホラー! …じゃなかったと思ったらやっぱりホラーだった! …とみせかけていつものやつだった! …というストーリーラインが面白い。
    二転三転するストーリーや、軽快なセリフ回しが良いですね。(´∀`*)

  • このしょうもない感じと真面目な部分のギャップがいいね

  • 主人公ミナレの畳み掛けてくるセリフがすべて。
    2巻の内容をそっくり忘れてても十分面白かった。

    マコガレイの刺身のツマを中原に食べさせたり、実家から送られてきた荒巻ジャケを向かいの女子大生の玄関に置いたり、札幌市民の命を捧げる寝言を言うミナレさんが大好きです。

    泰山の安きの言い回しと、やっすいやっすいカップ酒がツボ。

  • だんだん、ついてけなくなってきた……。

  • 自身の冠番組の第3回放送を迎えた鼓田ミナレの弁舌がド深夜の北海道に響き渡った!自分を裏切った元カレを埋蔵するという前代未聞の難企画を乗り切ったミナレだが、間髪入れず新たな火種が発生。局に投稿されたFAXをもとに同じアパートに住む男性・沖進次の自宅を訪れると、天井裏から腐敗した肉塊を発見し……!?(Amazon紹介より)

  • 3巻も面白かった!
    ミナレさんのパワーは衰えず…オカルト事件の結末はハラハラして、つい笑ってしまった。いつか実写化しそうだな、なんて想像しながら読んでいます。4巻も楽しみ。

  • セールで一気読み。怒涛感ハンパない

  • とりあえず、見守る。(笑)

  • あれ?こんなホラーみたいだったっけ?

  • 話はどうでもいいかんじだが、その中のネタが面白い。
    ジンギスカン食べたくなる。

  • ミナレの疾走感が笑えます。まさか、こんなことになるなんて...。沖さん好きなので、今後も出てきてくれるといいな、あぞはらさんも。
    瑞穂ちゃんは、まさかそちらなのか、と。

  • 奇遇ですね〜『くつ下はどこへ消えた』を出版したいぐらいまでに私も洗濯する度に片っぽになりますね。それを後家くつ下と言い表すセンスが然りげ無く笑いを誘い、これが小ネタとして処理されていくことにも贅沢さを覚えます。
    今巻では主人公・ミナレのダメ人間っぷりが遺憾となく発揮されますが、それがラジオという媒体、番組へと直結していくのが堪らない。
    ミナレの持つダメ人間っぷりが織りなす破壊力のあるコミカルな人生迷走がラジオというフィルターを通してフリーダムに広がってグルーヴィーに疾走していく様が愉快であり、痛快なラジオ活劇として繋がっていく楽しさが気持ち良い。

  • ラジオとカレーとオカルトと。
    主人公の立て板に水的セリフが異様にクセになる。

  • オ。オカルト!?
    え、まさかバラバラ殺人ミステリ!?
    うーん? よりにもよってなんてマトン生肉を床下収納なんかに自業自得!?
    でも勢いで楽しませてくれる稀有な漫画。

  • 会話のテンポが唯一無二すぎる。
    こう見せたいじゃなくてこう書きたいが先行しててまさにアーティストの仕事ぶり。
    突っ込みフレーズもいちいち面白くて、個人的には稲村亜美かよがツボ。
    瑞穂ちゃんのエピソードgood.株上げたね。

  • 相変わらずボキャがすごくて快感です。このように全力で言いたいこと言って受け入れられるミナレは羨ましいー。キャラですね。

  • 疾走感とワードのチョイス、たまらんな。

全22件中 1 - 22件を表示

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)の作品紹介

『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る! 2016年「このマンガがすごい!」オトコ編6位作品の最新刊。自身の冠番組の第3回放送を迎えた鼓田ミナレの弁舌がド深夜の北海道に響き渡った! 自分を裏切った元カレを埋蔵するという前代未聞の難企画を乗り切ったミナレだが、間髪入れず新たな火種が発生。局に投稿されたFAXをもとに同じアパートに住む男性・沖進次の自宅を訪れると、天井裏から腐敗した肉塊を発見し……!?

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする