小路花唄(2) (アフタヌーンKC)

  • 130人登録
  • 3.74評価
    • (2)
    • (13)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 麻生みこと
  • 講談社 (2017年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063882926

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

小路花唄(2) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

  • 夏菊のエピソードが嬉しすぎる。
    旧店子の話は嬉しい…。
    本編はどうなっていくのかなあ…。
    大人はコワイ。本当に。

  • 待ってたー!
    ナオミと井澤の関係に「大人こわい」と震える梓が可愛い。
    どうなるんだろー。
    旧店子の小春さんはこのシリーズには出てこないのかなー

  • 北條が椿の今彼のフリをしてくれたところから。

    あんまり椿の恋の話は進まなかったけど、前の作品で出てきた井澤とナオミのその後の話があって面白かった。

    エノキの靴はキモかったなぁ…

    独立の話も全然出てこなかったけど、色んな仕事の依頼は来ていてこのまま長屋で続けるのか?
    まだまだお話は続く、という感じ。

全3件中 1 - 3件を表示

小路花唄(2) (アフタヌーンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小路花唄(2) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小路花唄(2) (アフタヌーンKC)の作品紹介

大人気恋愛連作『路地恋花』の続編! 手に職を持つ若者が集う京都の長屋で、オーダーメイドの靴工房を営む西山椿。気づけば最年長の彼女の元に、ファッションブランドを立ち上げた友人が仕事の誘いにやってきた! さらに、弟子入り志願者(男子大学生)と元カレの娘(女子高生)が対面し、椿の職場兼住居には微妙な空気が流れ始め……。また一歩進行中の三十路独り立ち物語、第2巻!

小路花唄(2) (アフタヌーンKC)はこんなマンガです

小路花唄(2) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする