いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)

  • 790人登録
  • 3.78評価
    • (62)
    • (98)
    • (80)
    • (10)
    • (6)
  • 87レビュー
著者 : 竜田一人
  • 講談社 (2014年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883183

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

  • なかなかハードボイルドで良かった!いちえふ、という壮絶な舞台が中心であることも勿論だけれど、日本にあまた存在する「土建屋」さんの裏側を覗けるようで興奮する。なかなかエンタメの登場人物にはならない人々の、泥臭い仕事場奮闘記。

  • 福島第一原発で働く内情が細かく分かる。報道だけでは分からない日常が知れて良かった。

  • 漫画として面白い訳ではないが、読んで良かった。熊本地震もあり、福島のことは自分の中で薄れてきていたけれど、私達の日常と同じように1日1日続いていると知った。
    予想していたよりも親近感のわく内容で良かった!やっぱりお給料は良いのね。著者は最初は休憩所の管理業務をやっていたけれど、最前線の現場仕事を希望して、実際に希望の仕事に就くまでの根性がすごい。

  • タイトルどおり。興味津々の世界をこうやってキレイな線画で細かく描写してもらって追体験でるのがありがたい。とても細かい描写だ。反原発というより、現場を正確に伝えない反原発に不信感がある感じだ。現場の声としてはもっともだ。放射能は当然ながら管理が行き届いている。それよりも重装備での夏の仕事がたいへんだ。戻ってきて手袋を脱いだだけで汗が水となって流れだす。草が氾濫し、田んぼにセイタカアワダチソウが繁茂してるところに福島の現実を見る。
    現場の様子はリアルに伝わってくるけど、人間の描写は薄っぺらだ。マンガにありがちな朗らかな笑顔に安っぽいプライドが描かれる。全国のあちこちから来ている人たちの人間描写にキチンと入れるといいのだが。結局は手続き論ばかりで飽いてしまう。

  • 作者の「現場のリアルを伝えたい」という気持ちが細かい絵や文字のボリュームに存分に表れているように感じました。
    作業員の一日や作業内容も興味深かったですが、それ以上にハローワークでのやり取りや就業までの過程を関心もって読んでいました。案件掲示していても紹介するとなると多少の躊躇というか意思確認されるんですね。そして希望すれば即就業ではないというのが意外でした。

    「福島で作られた電気を東京で使う当事者」。事故からしばらくはそう思ってたはずなのに、時が流れるうちに希薄になっていたことに気づかされハッとしました。

  • 称賛されるべき仕事に対して、それに見合う待遇と名誉が与えられないところは自衛隊を思わせる。現場作業員は何と6次下請けという、唾棄すべき業界の中抜き体質。絵のタッチや描きぶりはみやわき心太郎の雀鬼会漫画を思わせる。彼らのやっていることは大変有難い事なのだが、せっかくの稼ぎがタバコ、ギャンブルに消えていく描写を見ると、給料多くしてもその分、消えていくだけなのかなとも思ってしまう。現場の安全性については体験者ならではの、陰謀論やいわゆる放射脳的考えを打ち砕きつつ、予断を許さない緊張感が余すとこなく描写されている。意図的にか作者の性格によるものか、扇情的な描写をしない淡々としたルポ漫画になっている。

  • 福島原子力発電所で働く人の現在を漫画で読みやすくて、私には実感わいた。原子力を扱うって、ちっぽけな人間(動物)が出来ることじゃないんだ。地球上の全部を停止したい

  • 文字が多いので読みにくいかも。。。

    日給8000円で、
    寮に1000円食事に700円引かれたのが給料。
    ちょっとありえないくらい安くないか?!
    と、
    トイレが汚い!

    お仕事大変だと思いますががんばってくださいね!
    と、
    言う印象のみ。

  • 福島復興のために何かしたいという義侠心と原発労働がどういうものなのかという一種の好奇心から福島第一原発で働くことを希望した著者による記録漫画。原発労働者といっても、この漫画で語られるのは、廃炉作業に携わる人達の後方支援である休憩所の管理の仕事の様子だ。その仕事をするのにも様々な苦労があることを知ることができる。といって、著者は「こんなに大変なんだぞ」と見せつけているわけではなく、「顔面マスクをつけて困るのは、鼻がかゆくてもかけないことだ」など、笑えるネタをおりまぜる。絵が細密だし、友だちから話を聞いているような気軽さで、福島の現実を少し知ることができる。続編が出たら読みたい。

  • なるほど、福島第一原発はこんな風になっているのだ!や作業員としての実体験を淡々と説明しているところは面白く読める。
    現場作業員がどのようなことをしているのか、のレポートの枠を出ないところは物足りない。今後の展開に期待。

  • 福島第一原子力発電所労働記

  • 原発作業員志願した人がかいた漫画。
    ちょっと前に最初のほうを少しだけ読んだ。

    なんというか…「遺伝子組み換え和牛おいしいです」みたいな。
    それはそうだろうけど問題はそこじゃないよ!
    原発漫画だと思うと「正しい知識」や「その人の考え」を期待してしまうけれど、これは「おしごとたいけんまんが」だった。

    こんな装備でこんな手順でみたいな細かい部分は好奇心を刺激される。
    経験から語るのは大事なことだし、見たことだけ書くと断りもある。
    それにしても本当に自分にわかる範囲だけ書いてある。

    ただのお仕事体験ならそれでもいいけれど、福島第一原発をニュートラルに受け止めるなんてありえない。
    中立風に描こうとすると、にじみでてしまう考えがゆがみをおこす。
    なにがしか思うところはあるはずだから、自分の考えを自覚的に扱ったほうがよかったんじゃないかな。

    「わかる」は多分に「感じる」を含むので、これはあくまでこの人に見えていること。
    現場の視点は全体の視点ではないし、現場だって立場によって見えるものはかわる。
    という前提をしっかり頭にいれておかいないと微妙だなあ。
    この位置からの情報は少ないから、そういう意味では価値があるけれど。


    内容とは関係ないけど絵の古さや、ハードボイルド映画をみた直後の人みたいな過剰な自意識というかヒーロー願望的なものが鼻についちゃって全部は読めなかった。
    題材の力で読む気を誘うけれど、漫画としてはいい質じゃない。

  • 福島第一原発の事故後の様子が詳細に書かれた漫画。ここまで内部に踏み込んだものは初めて読んだ。現実に行われていることはもっと世間に知られるべきだと思った。続編にも期待したい。

  • 原発事故処理に、時間がかかる理由がわかった。

  • あの防護服の中はこうなっていたのか!
    過酷な労働環境の実態と地元で働く同僚の複雑な心境。
    ニュースの裏側の事実を知ることができる貴重な体験記。

  • こんな世界があるんだ、読んでみろと上司に言われて借りた本。福島第一原発で働いていたことのある作者が、実際はどういう作業をしているのかを描いた漫画。知らなかったことがたくさんあった。次回作が出たらぜひ読みたい。

  • 「いいか、放射線なめるな。本当に恐いなら本気で勉強しろ」
    ~未知ゆえの恐怖も正体を知れば適切な対処が出来る。~
    この記述が心に残り、また、誰もが理解しなくてはならないことなのだろう。
    現場からのメッセージの中には、考えさせられるものが多い。

  • 震災後の福島第一原発内で実際に働いた著者によるコミックである。モーニング連載中。かなりの話題作で、海外メディアにも注目されているとのこと。

    原発内の作業が実際にどのようなものなのか、まずはそこが知りたくて手に取ってみた。

    挨拶が「ご安全に」であることからもうかがい知れるように、危険は小さくない現場である。ただし、実際の業務の大部分はアクロバティックなものではなく、解体や配管修理・電気工事といった肉体労働、そして作業員が潤滑に働けるようにする支援業務なのだな、という印象である。

    放射線防護のための重装備が必須であり、それを身につけた上の重労働となるから、暑い季節は非常に大変そうである。マスクの下で鼻がかゆくてもかけない、というエピソードが綴られており、これもなるほどという感じである。
    線量が一定量を超えるたびに線量計の警報が鳴り、規定値を超えるとそれ以上働けない。着替えの回数が多いのも大変そうだ。
    何より、何重もの下請け構造があって、実際の作業員に入る賃金が非常に少なく、そこから寮費や食費を天引きされる形なのが、他の業種にもある話である気もするが、やるせない。

    絵柄はすっきりとして見やすい。現場の流れが具体的に詳細に描かれており、適宜、見取り図もあって、イメージがわきやすい。

    2巻は2014年秋に刊行予定とのこと。

  • 「1F」の「1」は「第一原発」、
    「F」は「福島」を指す通称。
    福島第一原発で廃炉に向けての作業に従事した
    マンガ家の貴重なルポ作品。
    記憶に従って事実を淡々と紙面に再現する様は、
    花輪和一『刑務所の中』や
    吾妻ひでお『アル中病棟』にも似て
    ――と言ったら語弊があるか?――
    読み応えがあるし好感が持てる。
    一日も早く事態が収束し、
    それと共に作品が無事に完結することを祈りたい。

  •  福島第一原発の復旧?作業に潜入従事した著者が起こした実録系マンガである。

     原発内での作業はノンフィクションの「原発労働者」にも描かれるが、それをマンガという絵に起こしている点、事故後の作業にスポットが当たる点が本マンガの特異な点だろう。

     ここでは、懸命に頑張る作業員の模様が描かれるが、その頑張りが描かれれば描かれる程、彼らの狭い範囲で全力を尽くし、そこから外の風景に思いを致さない点が気になる。
     特に、地元出身作業員がこの事故の原因に関して余り関心を示さない点、あるいは印鑑を雇主に預けて何の疑問も持たない点に露わか。

  • 淡々としたドキュメント。
    作者の人、よく細部まで覚えてるなー。

  • いちえふの後処理の現場を描いたドキュメンタリー作品。しかし、是とか否とかではなく、淡々と事実を描いた作品で、悲壮感もあまりない。内部で何が行われていたかが、作業員の視点からわかる良作。

  • 注目を浴びた本書。
    漫画で書くことに、文章だけでは伝わらない内部の細かい様子がリアルに伝わります。

  • 原発での作業というと命を懸けた悲壮なイメージがあるが、本作はそのイメージをくつがえし、廃炉の現場で働く人々もふつうの職場とそれほど大差ないメンタりティだと。

    原発の廃炉作業のディテールが克明に描かれ、このコミックじたい図解入り原発労働マニュアルという一面がある。

    まさに取材力の勝利ではあるが、ただしこの原発への潜入取材というのは活字ではあるが『原発ジプシー』というノンフィクションですでに著者の堀江邦夫氏が敢行している。

    またルポライターの草分け的存在・鎌田慧が素性を隠してやはり期間工として働いた経験をもとに『自動車絶望工場』というノンフィクションの名作を書いている。先達の取材精神を見習いたいものだ。

  • 借りたもの。
    福島第一原発の収束作業ルポ漫画。
    具体的な作業内容ではなく、主に作業環境についての描写。
    2012年時の就業に当たっての講習会が一度きりだった事(それでいいの?)。
    装備の説明が現状のものは現場に行ってみないと分からないと言われ、著者は疑問を持ったり……
    手探り状態での収束作業である事が垣間見れる。
    それでもブラック企業の極端な例ばかりでは無いこと、地味な作業でもそれらがあってこそ収束へ向けて作業が進んでいくという自負がある事の言及は大切だと思った。
    こうした地道な作業が「アンダーコントロール下」の実態なのだろう……
    “完全に安全”な職場ではないが、男性ばかりの職場は“下請けの普通”の職場で、皆したたかに生活していた。

    都市伝説レベルの「裏」の噂にツッコミを入れつつ、蝉の鳴き声や野生化した牛が元気に生きている、自然の力に感動する。

全87件中 1 - 25件を表示

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)の作品紹介

福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画! 

「いちえふ(=1F)」とは福島第一原子力発電所の通称。「F」は福島。「1」は第一。
現場の作業員や地元住人は「フクイチ」ではなく「いちえふ」と呼ぶ──。

新人賞MANGA OPENの大賞受賞作として「モーニング」に掲載されるやいなや読者、国内外のメディアからのすさまじい反響を呼んだ話題作がついに単行本化!
ここに描かれるのは「フクシマの真実」ではなく、作者がその目で見てきた「福島の現実」だ。

「メディアが報じない福島第一原発とそこで働く作業員の日常」、そして「この先何十年かかるともしれない廃炉作業の現実」を、あくまでも作業員の立場から描写。「この職場を福島の大地から消し去るその日まで」働き続ける作業員たちの日々を記録した、いま日本に暮らすすべての人たちに一度は読んでみてもらいたい「労働記」です。

ツイートする