ハルロック(1) (モーニング KC)

  • 245人登録
  • 4.03評価
    • (29)
    • (27)
    • (13)
    • (4)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 西餅
  • 講談社 (2014年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883596

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ハルロック(1) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

  • 勧めてもらった、電子工作マンガ『ハルロック』全4巻。
    1巻のシュールな笑いにやられて、全巻読んでしまった。面白かったー。
    「抵抗って何のために付けるんですか?」私の知識も同じレベル。

  • この漫画の中で何度も言われている年頃の女の子が費やしている時間より、晴ちゃんの時間の使い方の方が遥かに有意義だと思う。
    お母さんの言葉のチョイスが独特で笑ってしまう。

  • 古本屋で「ほほう!電子工作マンガ!こんなのもあるのか!」と胸を躍らせて購入してみたら、実は読む前からTwitterの電子工作クラスタのTLで何度かお見かけしていた問題作でした。
    という訳で『ハルロック』、今更ですがしっかり読まさせていただきました。まずは1巻レビューします。

    幼少の頃から分解魔の少女・向阪晴(さきさかはる)のギークな日常を描いたギャグテイストの電子工作漫画です。毎話毎話何かしら電子工作の作品を一つ作っているのがこの作品の特徴です。あと、吹き出しに「抵抗の計算式」や「Arduino」「ラズベリーパイ」「レギュレーター」「スライダック」等の電子工作ギークしか反応しないような単語がワンサカ出てくるのもこの漫画の特徴です。登場するキャラが皆変t……何かしらのギークであるのもこの作品の特徴ですね。

    第1巻では、晴が電子工作に目覚め、ハマる中で色んなものを作り出すお話になってます。自分のアイディアが形になるよろこび……私が初めて電子工作の魅力をArduinoとハンダごてを通して得た時の感動を思い出して胸が熱くなりました。

    「ぼっち・ザ・LED」が個人的にはいいなぁ。すっごく手の混んだ作りなんだけど、やってることのバカっぽさとダサさの点では、実際に作ったらいい話題作になると思いますねぇ。

  • 「決してマネをしないでください」で宣伝していたので購入。ネタのマニアックさが面白い。

  • 電子工作女子!知識は無くてもすっ飛ばして読めます。
    お母さんはデートとかおしゃれしてほしいのに、ハルちゃんが変わっていて面白いのです。見た目可愛いのはお母さんが服を揃えていてくれるから。

  • 思っていた以上にマニアックな内容で面白かった!河原崎先生のキャラが特に好き。
    ただ絵のタッチがちょっと苦手なのと、晴ちゃんの言動が多々受け入れられずイライラしてしまう…。

  • ・電子工作の醍醐味等の描写が甘く、題材を生かし切れていない
    ・説明描写が下手糞なので、作品の持つ雰囲気とは裏腹に、読んでいて疲れる
    ・キャラは良い

  • LED配線もじゃあの画像はマジだったんだ!と妙な感動を覚える電子工作女子漫画。電子工作と言ってもRaspberry PiやArduinoを使って組み立てるものが中心で、あくまでも趣味でやっているという感じが良い。プログラミングは賢い小学生に頼り切りだし。

  • 購入して読み。

    我が道を行くようでいて、ちょっと迷ったりするハルの姿が何とも愛しいのであった。
    ホームベーカリーが生ごみ処理機になってしまう様子は何度見ても涙を誘う。
    「君も晴ちゃんも一過性でない夢中をもう持っているんだね」
    「それを持っている人たちは多分誰よりも世の中のことを面白く感じる事ができる」
    の下りは激しく同意。今からでも私もなんか夢中になれるものがほしいなあ。

  • 電子回路の話もすこーし出て素人の僕には、とても興味深い。結構笑える。

  • なにこれメチャ面白い、画は地味だけども面白い

  • 本屋の電子・回路関連の参考書コーナーにこっそりおかれていたのを見つけて読んでみた。ちょこちょこ解説がついてて、電子工作ど素人の自分でもなんとなく話が分かる。話のテンポもよく笑える部分も多い。二巻まで読んだけど、二巻ではちょっとペースが落ちた感があるので三巻に期待。

  • 面白い。電子工作は少しかじってソフトウェアに移ってしまったけど、こんな本読んでたら続けてたかも。っていうか、またやりたくなってきたかも。

  • 【マンガ読了メモ】 西餅『ハルロック』①/講談社(モーニングKC)

  • 電子工作に興味を持ち始めたタイミングでの連載だったので、楽しめた。

  • 電子工作が好きな女子大生が主人公。前作に続き、周りとちょっとズレた趣向を持っているために息苦しさを感じている人が救われる世界、を描くのが、西餅先生は相変わらず上手い。

  • このいかれた感じが西餅さんで、電子工作はニコニコ技術部とかホント役に立たない感が好き。でもたまに新技術が出てきてすごいよね。

  • 8Ω 人間テスターの巻 は深い。すごく深い。いろいろ。

  • アキバ系コミック?突き抜けた天然系のはるちゃんのキャラクターが面白い。発売日に予約して購入。でも、ネタ的にマンネリ化しているかどうか。2巻も買うかどうかは未知数。

  • 最高におもしろいのだけど、なんか心の奥がちくちくする。

  • 押切蓮助さんのノリで、ホームセンターてんこをやってみた、と言う感じ。

全22件中 1 - 22件を表示

ハルロック(1) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハルロック(1) (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハルロック(1) (モーニング KC)のKindle版

ツイートする