鬼灯の冷徹(16) (モーニング KC)

  • 932人登録
  • 3.95評価
    • (46)
    • (73)
    • (51)
    • (2)
    • (0)
  • 40レビュー
著者 : 江口夏実
  • 講談社 (2014年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883930

鬼灯の冷徹(16) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 底抜けに明るくて、寝る前に読むには最高な本だと思います。
    キャラクターたちも個性が強くて、読んでいてとっても楽しい♪
    そして、みょう~な知識も増えていくような気がします。
    とにかく、気分が明るくなるマンガです。

  • チベットスナギツネをググったのは私だけではあるまい!あれはCGなの?って顔してるよね。。で、CGなの?(笑)今回もいろんなネタかませてきたなぁ(笑)ブルボン王朝とかさ。はにかむ座敷童たちも可愛い♪

  • 地獄のムツゴローさん初江王さん登場。鬼灯様に褒められてはにかむ座敷童子ちゃんたちが可愛い。

  • 2014.11.22

    ・カレー
    ラーメン、ケーキ、アイス(クリーム系)食べたくなったぞ!

    ・魔女っ娘
    まあ、リアル悪い魔女だったらもういないからね…

    ・お爺ちゃん
    白澤のセンスの無さがすごい…のか、作者の絵センスが巧すぎるのか…

    ・酒宴
    年末年始の飲み会はどちらか一つでいい派

    ・ムツゴロウさん
    ペットの在り方に答えは無い…

    ・ザ・バード
    ヒッチコックのはマジトラウマです

    ・綾波レイ
    無表情ヒロインをアリにした人

    ・芥子ちゃん
    まさかの辛子味噌がここにきて、レッツカチカチパーリィ!

    ・アキハバラ神曲
    日本人は独特なのね

    今回 春一がちゃんと会話してる気がする

  • 「カレーな日」があるあるすぎて!
    〝特定の食べ物を食べること前提に一日働いてると なかった時 気持ちの方が消化できない〟

    ムツゴロウ王国な初江庁も面白かった♪
    ページ開いていきなりの「チベスナ!!」な鬼灯さまににやっとしちゃいました(笑)

  • 若干飽きてきた。

  • 相変わらず“あるある~”と“そうなんだ~”が炸裂。
    “酒盛って尻切られる”は主要全員揃った内容で
    楽しかったです。
    “カレーな日々”は、
    マジ数日カレーを食べてしまいましたがな。
    だって美味しそうなんだもの~。

  • ゲートボールに行くお爺さんかと見まがうぐらい、白澤の現世ファッションがダサすぎる!「初江王とゆかいな仲間たち」と言いたくなるぐらい、初江庁の獄卒に動物が多すぎる!改めて聞いてもやっぱり芥子の過去は凄まじすぎる!相も変わらず座敷童子は無表情すぎる! いろいろすぎてる十六巻!(Amazon紹介より)

  • 友達より。

    安定感のある笑いをありがとうございます。
    個人的には、カチカチ山のウサギさんの話が好き。あと、鬼灯様が好き(笑)

  • おとぎ人にジワジワきた。やっぱりおもしろいね。

全40件中 1 - 10件を表示

鬼灯の冷徹(16) (モーニング KC)のその他の作品

江口夏実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

鬼灯の冷徹(16) (モーニング KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鬼灯の冷徹(16) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする