黒博物館 ゴースト アンド レディ 下 (モーニング KC)

  • 394人登録
  • 4.44評価
    • (72)
    • (45)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 藤田和日郎
  • 講談社 (2015年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063884784

黒博物館 ゴースト アンド レディ 下 (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぎゅっと詰まった物語で、初めから終わりまで中だるみが全くなくて、とても面白かった。
    キャラクターも物語も魅力的で、もっと読みたかった…!てぐらいで終わってて、それがいいんだろうな。読み終えたそばからまた読み返したくなる。

    ナイチンゲールの凄さや大変な苦労が、たくさんのエピソードでしっかり裏付けされていて説得力があり、彼女を堂々たる力強いヒロインにしていた。
    ナイチンゲールはこどもの頃に読んだ伝記のイメージだと慈悲にあふれた優しい看護婦さんって感じだったけど、精神論ではなく、徹底した合理性と実務能力で現実を変えていった人だというのは最近どこかで読んで意外に思ったことがあり、この漫画のナイチンゲールはまさにそういう戦う改革者で、もーほんとにかっこいい。すごい。
    彼女の一番辛い時に、本当にグレイのような守護者がいたならいいなあ、と願わずにいられない。

    風変わりな天才料理人と、その守り手の黒人の紳士、忠実な小さいボブ、情にあつい従軍記者、と仲間の面々も魅力的で、もっと見ていたかった。ラグラン総司令官もいいキャラ!
    最強の敵であるシュヴァリエ・デオンも意表をつくキャラクターでワクワクしたし、ホール長官は本当に憎たらしくて、戦争の恐ろしさを象徴するとてもいいラスボスだった。
    作者は強くていやらしくて憎たらしい敵を作るのが上手いなあ〜物語を描くためにはすごく大事なことだ。

    物語はぐいぐい進むけど、グレイの心の変化は焦らずにじっくり終盤までかけて描いていて、とても自然に感情移入できた。だからこそ、ラストの光の中のシーンで泣ける、グレイの表情がたまらない。
    グレイのひねくれ方は、からくりサーカスのアシハナさんを見てるようで、もうね、好きにならずにはいられないね。グレイはこの先どうなるのかなあ〜うう。

  • 上巻は絶望的な雰囲気が多めでしたが、後半もなかなかどうして。(´Д⊂
    そんな中で、自身のなすべきことを頑張るゴーストとレディを見ていると勇気をもらえる気分です。
    最後もしっかりまとまって読後感爽やか。

    じっくり腰を据えて、もう1回、いや2回以上は読みたい作品。
    読むのに疲れますが、そこもまた良いのです。

  • ぐぅ…切ない…切ないよ、これは。

    史実を下敷きとし、実在の人物をモデルとしている以上、この脚色は否定意見が出てくるかと思いますが…それでもこんな事実があったとしてもいいじゃないか、と。フローが一人の女性としての幸せを得ていてもいいんじゃないか、と思うのです。
    そして、グレイがどうしようもなく、哀しい。救われていたのに、一緒に行く事が叶わないという事実。
    彼はそれが分かっていても、どうしてもフローに会わなければならなかった。会いたかった。
    きっと、今も国立劇場で「見たい芝居を見ている」のかと思うと…涙せずにはいられません。


    ともあれ。
    フローの成し遂げた事は改めてすごいと言わざるをえません。特に上巻ではひたすらに忍耐を強いられていましたから、ここで一気に彼女の願いと行動が結実する状況には強力なカタルシスを感じます。
    切ったはったのアクションでも策略をめぐらす頭脳戦でもありませんが、確かに大逆転と言える戦いがありました。

    それにしてもラグラン卿かっこいいなぁ…!
    登場するシーンはほんの数ページしかないというのに、この存在感。一つにはホール博士を完膚なきまでに叩いてくれるという点で物凄い爽快感を与えてくれるというのがあるのですが、何せビジュアルが凄まじい。ラスボスでもおかしくない風体ですw
    なのに、フローにただ礼をしたいという理由だけで馬を走らせる。そんな男気、気配りが超萌えます。ホォォォォル。

    それにソワイエもレフロイ軍曹も非常にいいキャラクター。
    フローに惹かれつつ、プロフェッショナルとしてかっこよさを見せてくれてます。少しずつ少しずつフローの味方が増えていく感じがなんともいえない救い。

    クライマックスのスタン…もとい、生霊も大迫力で素晴らしかった…。やはりこういう展開じゃないとね、折角だし!


    そんなこんなで、これぞ藤田漫画とばかりに楽しませていただきました。
    黒博物館シリーズの新作をお待ちしてます!!



    それにしても…あどけないフロー、たまらなく可愛いなぁ! あと色々エロい!!!

  • 上巻が序章なら、下巻は回答編という感じだった。
    どちらに正義があるか、順番に積み上がっていく様が面白かった。
    最後は不器用なハッピーエンドというのも、らしくて良い。

  • いや~面白かった!!!!
    この漫画家の人ものすごく歳いってるんだけど
    すごいね!歳とってもこんな漫画かけるんだもんなー。

    ナイチンゲールの話をこんな風に読めるとは思わなかったよw

  • 萩岩睦美先生の世界観にアクションが加わったような内容で、あのナイチンゲールには霊感があり喜歌劇好きな幽霊が取り憑いていたという設定。冒頭のとっつきにくさはあったものの、そこから数ページも読めばそれもすっかり払拭される。
    上下巻の二冊で完結するが、重厚な小説を読んだような濃密なストーリーで、最後の戦いからの怒涛の伏線回収の素晴らしさに読後は魂を持って行かれたように腑抜けてしまった…。

  • 強い女は、美しい♪

  • ナイチンゲールを作者が、あーしてこーして味付けをして描いたらこうなりました。

    最高に面白い!!やっぱりこの作者の作品は胸が熱くなります!!

    「かち合い弾」は何故生まれたか。
    是非とも最後まで読むべき作品です。

  • 大好きな藤田和日郎先生の最新作。連載を読まずに単行本を待ったかいがありました。ナイチンゲールの功績をなぞりながら灰色の服の男と人の生霊のようなファンタジー要素も上手に取り入れて読むほどに引き込まれていくのはさすがです。クライマックスは藤田節全開のチャンバラ、そして大団円へ。藤田作品はどれを読んでも胸が熱くなりますね。

  • それなりの年月を生きてきて、それなりの経験も積んだから、今更、多少の事じゃ、自己嫌悪に陥らなくなった私だが、未だに、一つだけ、自分の力不足っぷりに泣きたくなる時がある
    それが、藤田和日郎先生の漫画の感想を書く時だ
    感動って一言じゃ片づけたくないくらい、大きな「何か」を文章にしたいのに、いざとなると、作品を穢してしまうんじゃ、って不安が膨らんでしまう。今、既に、この時点で、ここまでの文章を消したい衝動があって、必死に堪えているくらいだ
    なら、書かなきゃいいだろ、と言われても文句は言えない。しかし、漫画読みで、漫画の感想を書くのが好きな人なら理解してもらえるだろうが、最高の作品に出逢えた感謝は、ずっと心の中に置き続けると、体調に異変が生じてしまうのだ
    だから、私は書く、この『黒博物館 ゴーストアンドレディ』の感想を
    まず、言っておきたいのは、この作品も藤田イズムが炸裂しているので、藤田先生の作品と言うか熱に慣れていない人は読まない方がイイ。自分で言うのも何だが、この『黒博物館 ゴーストアンドレディ』は藤田先生のファンの中でも上級者しか、衝撃を受け止められないだろう。先に、『黒博物館 スプリンガルド』を読む事をお勧めする。もし、これが入手困難であったら、小学館から出た『邪眼は月輪に飛ぶ』がお勧めだ
    ここからは、藤田先生のファンに向けた感想になってしまうが、ご勘弁いただきたい
    先にも書いたが、藤田イズムはかなり強かった
    藤田先生の実力は、やはり、目に出るな、と感じた。浦沢直樹先生の表現をあえて借りるが、「人ならざる者の目」、「あ、コイツとは分かり合えないな、と感じさせる目」、つまりは、読み手に強烈な印象を叩きつけてくる悪役を書かせたら、まず、藤田先生の右に並ぶ者はいないだろう。尾田栄一郎先生の『ONE PIECE』、鈴木央先生の『七つの大罪』に登場するヒールらも強力だが、いざ実際、藤田先生の作品に登場する悪人の目を見てしまうと、霞んでしまう。ここが年季の差か
    だから、私は浦沢先生の論に、一つ付け加えたい
    そんな目をしたキャラ、人間らしい悪人だからこそ、主人公に野望を打ち砕かれて、最期を迎えた刹那、思わず、同情ってほどじゃないのだが、「あ、コイツにも、悪に徹するしかない理由があったのかもな」と、ほんの少しだけ、消えていくキャラの心情に歩み寄れるのだ
    人であり続けようとする人間の目も、当たり前のように強い。並みの精神じゃ維持できない信念を持って、他人に嘲り笑われても叶えたい夢に向かって生きている人間の目、それを書くのが上手いのも、藤田先生だ。読み手の心に火を灯せる熱が宿っている、と言えば伝わり易いだろうか?
    当然ながら、この『黒博物館 ゴーストアンドレディ』も、アクションシーンは圧巻。青年誌で連載されていたとは言え、ストーリーの厚みをまるで削がず、ドンパチの場面の迫力も、『うしおととら』を筆頭にした週刊少年サンデーで連載していた少年漫画に劣っていないのだから、凄い、としか表現のしようがない
    何歳になっても、男って奴ぁ、チャンバラと言うのは心躍ってしまうもんらしい
    また、何より、自分の人生をしっかりと生きて満足できたキャラクターが、最高の笑顔で退場していく、その信念も、この作品ではしっかりと活かされている
    当たり前の話だが、読み手は恨み言を吐いたり、呪いの言葉を残したりする陰惨なキャラクターよりも、自分が自分であり続ける為に、限られた時間の中ですべき仕事を終えて、気持ちよさそうに笑って去って逝く登場人物に共感できるし、憧れも抱ける
    この『黒博物館 ゴーストアンドレディ』の主役の二人、グレイとフローレンス・ナイチンゲールの笑顔も最高だった
    わざわざ言うまでもないが、当然、殿堂入りだ
    ちなみに、殿堂入りを迷わない理由の一つには、最終回のラスト、そこに藤田先生の遊び心、加えて、和月伸宏先生との絆を感じられたからだ。これは、どっちのファンにも嬉しいし、何より、和月先生自身が嬉々雀躍となったに違いない
    黒博物館が、再び、その扉を開くのが待ち遠しい。学芸員“キュレーター”さんの個性は、他作品の主人公に勝らずとも劣ってない。実際、アンケートを取ったら、上位に入るんじゃないだろうか
    サブタイトルのセンスが好い、どの作品もお勧めだが、やはり、第一話だろう、藤田和日郎先生のファンとして、未読の人間に推すべきは。最終回が最高で、それまでの話を読んで得ていた感動を超えるモノであってこそ、作品は完成する。けど、どんな作品でも、まず、一話目から読み手の心を鷲掴みに出来なければ、意味がない。藤田先生の作品は、まず、一話目で読み手を強く抱きしめ、最終回までずっと、その腕の力を緩めない
    この台詞を引用に選んだのは、何度も連呼して申し訳ないが、藤田イズムの塊だからだ。本音を言えば、他の漫画からの引用を犠牲にして、心に響いたフローやグレイ、デオンの台詞を紹介したい。けど、それは私のルールを、自分で裏切ってしまう。だから、必死になって、この台詞を選んだ。これは、漫画読みにしか理解できない苦しみであり、歓びであり、達成感だろうなァ

全28件中 1 - 10件を表示

藤田和日郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒博物館 ゴースト アンド レディ 下 (モーニング KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒博物館 ゴースト アンド レディ 下 (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒博物館 ゴースト アンド レディ 下 (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

黒博物館 ゴースト アンド レディ 下 (モーニング KC)の作品紹介

決闘代理人はなぜ、劇場の幽霊となったのか? 死の瞬間を思い出した時、グレイと女装の美剣士・デオンの因縁も動き出す。一方、野戦病院の改善に突き進むフローに対し、クリミアの陸軍医務局が暗殺計画を発動! そして奇妙な「ふたり」の冒険物語の最後の舞台は、20世紀の、ある夏の日のロンドンへ…。『スプリンガルド』に続く『黒博物館』シリーズ第2弾、フィナーレ!!

黒博物館 ゴースト アンド レディ 下 (モーニング KC)のKindle版

ツイートする