Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(2) (モーニング KC)

  • 19人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 佐久間結衣
制作 : 虚淵 玄(ニトロプラス) 
  • 講談社 (2016年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063886757

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(2) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵柄がTVのビジュアルと解離していて、やはり好みではないけど、オリジナルとは違うエピソードが読めるので、良しとしよう。恩師の弔いを気にするほど鬼鳥って普通の人並みの性格だっけ?

  • 布袋劇では絶対描けないもの…それは温泉回。

    漫画的にも作者なりの表現をつかんで、いい感じにノッてきたよう見えます。オリジナルが丹精な顔から動かないものだった(人形だから当然だ)ので、柔らかな筆致で感情に歪む表情を描く作風は新鮮に見える。

    レンキ先生の描写など、原作ではもったいないくらいアッサリ飛ばした所を膨らませるのも良いですな(それでもリョウミの扱いは酷いw

全2件中 1 - 2件を表示

佐久間結衣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(2) (モーニング KC)の作品紹介

蔑天骸(べつてんがい)に奪われた天刑劍(てんぎょうけん)の柄を取り戻すため、奇人変人が大集結。正体不明の美丈夫・鬼鳥(きちょう)のもとへ集まったのは、流浪人、箱入り娘、隻眼弓士に、夢想家の槍使い。打倒・蔑天骸を掲げ、一行は、魔界と人間界の狭間にある天骸の根城・七罪塔(しちざいとう)を目指す。そこに、女の妖魔や殺人鬼までからんできて――!? 新たな出会いと旅立ちの第二巻!!

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(2) (モーニング KC)はこんなマンガです

ツイートする