流星傘下(3)<完> (マガジンエッジKC)

  • 18人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 講談社 (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063910759

流星傘下(3)<完> (マガジンエッジKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 星降る世界の不思議な天幕をめぐるお話
    最終巻

    設定の独自性に惹かれて読み始めた漫画だったけれど
    最終巻にして更なる未知や設定に触れて、
    このボリュームのものがこれで終わってしまうのはもったいないなぁと感じた
    その気持ちもあってか全体的に駆け足な雰囲気があったのが残念
    新たな可能性も生じたことだし、続編があったらいいなぁ

全1件中 1 - 1件を表示

ミナヅキ・アキラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

流星傘下(3)<完> (マガジンエッジKC)を本棚に登録しているひと

流星傘下(3)<完> (マガジンエッジKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

流星傘下(3)<完> (マガジンエッジKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

流星傘下(3)<完> (マガジンエッジKC)の作品紹介

レーヴ川に流れてきた白野兎の死体を見たヨランは、この先に大きな脅威が待っていると確信。対抗手段として捕虜のリタに戦力として同行するよう持ちかける。ヨランに恨みを持つリタだったが、「アンリになら力を貸す」との約束で同行することを承知した。天幕の謎を解明すべく、ついに地下の街へとたどり着いた探査部隊だが、そこで再び白野兎の死体に遭遇。そして、暗がりからは天幕の特徴を持った人物が――。

流星傘下(3)<完> (マガジンエッジKC)のKindle版

ツイートする