今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 33人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 榊原宗々
制作 : 要 マジュロ 
  • 講談社 (2016年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063925487

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3) (講談社コミックス月刊マガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この騒ぎの中無事なクラスメイトのお二人はいったい何者なんでしょうね。
    すでにいろいろ起こっているのに、その渦中にあって当然の保健室はとても呑気で。
    ホラーなんだかギャグなんだかよくわからないです。

全1件中 1 - 1件を表示

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3) (講談社コミックス月刊マガジン)のその他の作品

榊原宗々の作品

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3) (講談社コミックス月刊マガジン)はこんなマンガです

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に登録しているひと

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「積読」で登録しているひと

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3) (講談社コミックス月刊マガジン)の作品紹介

これが今世紀最大の問題作。恋が殺意に侵される――美しくもグロテスクなダーク・ラブ≒サスペンス。
神城卓が片思いの相手・花園魅香に出会った時、ふとよぎったのは「花園の喉元を傘で突き破る」という明確な殺意のビジョンであった。残虐で、残酷で、残忍な世界に囚われた少年が、抗いの果てに辿り着くのは希望か、絶望か!?

目を逸らさずに見て欲しい衝撃のラスト10ページを…予測不可能なダーク・ラブ≒サスペンス、いま全てが繋がる――学園祭、開幕――神城は片想いの相手・花園を守るべく、感染者を追うが、突如、複数のバラバラ死体が空から降ってきたことで、校内に感染者が複数人いることを知る。一方、花園は友人の園葉から殺意(=愛)を向けられ――“恋”が“殺意”に侵されてしまう症状に感染した者たちの“祭”が始まる…

ツイートする