さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 68人登録
  • 4.09評価
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 新川直司
  • 講談社 (2017年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063925999

さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)の感想・レビュー・書評

  • 浦和邦正のシステムは、コンテというよりミシャの方がなじみが深いんだよなぁ。両WBの可変システム。大攻勢の時のこわさ、終わりのない守備の時間。バルサのようなポゼッションを相手にした時の、真綿で首を絞められる時間もきついですが、可変システムの押し寄せてくる圧迫感もきついですよ。終わりのない時間はきつい。

    その浦和邦正相手の守勢を打開すべく、戦術キーマンのダービッツじゃなかったチカとの戦いへと臨む恩田。
    いやー、ピクシーかぁ、ストイコビッチかぁ。そうくるかぁ。土砂降り極度の重馬場に舞い降りた妖精でしたねぇ。恩田が生き生きしだすと、それがチーム全体に伝わって活き活きするワラビーズ。
    ピクシーが運んだボールの先には、この試合の勝利だけでなく、約束の相手である久乃木が待っているのだから。

    ゆらぁりと立ちはだかるのは、安達太良アリス。
    カウンター一閃、終了間際の痛恨の失点。とんでもねー飛び道具持ってやがる浦和邦正。

  •  四巻となるこの巻では、インターハイ埼玉県予選決勝トーナメント一回戦で浦和邦成と対戦する物語が描かれている。試合的には後半半ばくらいまでが収録されている。
     今回、ワラビーズのお地蔵さんが覚醒する物語が中心に描かれているが、コンテを完コピした浦和邦成の守備はそこまで甘いものではなく、終盤に流れるような展開で失点するところなどは非常にサッカーらしい描き方がされている印象だ。
     ただ、物語としてはちょっと錯雑としている点は否めない。特に序盤、敵チームのキャラ(チカ)のかつてのミスを描いた部分などは当初「あれ、こんなあっさり点が入ったの?」と今の試合と勘違いしていた一面もあって、敵味方の視点移動と過去現在の視点移動が入り乱れる描き方は読みづらい部分がある。
     また、ダービッツやらコンテやらストイコビッチの雨中のリフティングドリブルやら、サッカーファンとしての基礎知識が問われる一面はあるだろう。
     まあ、この辺はさよならフットボールでも見られた一面であり、新川さんの描き方の癖みたいなものであり、批判的に見る必要はないだろうが。

     というわけで、物語的な熱さとは別に、漫画としての手法についての弱さを加味して星四つで評価している。
     サッカーであるから致し方ない一面があるが、とにかく登場人物が多すぎて誰が誰だかわかりづらくなる部分もある。
     この辺は、物語が進むにつれて解決する部分はあるかなとは思うが、少し心配されるところではある。

全2件中 1 - 2件を表示

新川直司の作品一覧

新川直司の作品ランキング・新刊情報

さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に登録しているひと

さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「積読」で登録しているひと

さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)の作品紹介

累計500万部突破!『四月は君の嘘』の著者・新川直司の最新作は、女子サッカー。埼玉県蕨青南高校、通称「ワラビーズ」と呼ばれる弱小女子サッカー部に集まった個性豊かな少女達。名セリフの数々と、躍動感あふれる試合シーンで綴られる彼女達の物語から目を離せない!

インターハイ埼玉県予選。ボロボロの恩田希をよそに、予選リーグを勝ち上がったワラビーズ。決勝トーナメント1回戦の相手は、埼玉の王者・浦和邦成。過去二年間埼玉で1点も失っていない絶対的強者相手に、蕨青南はジャイアントキリングを起こせるか!?

さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)はこんなマンガです

さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)のKindle版

ツイートする