ちはやふる(32) (BE LOVE KC)

  • 793人登録
  • 4.07評価
    • (61)
    • (95)
    • (40)
    • (1)
    • (2)
  • 51レビュー
著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2016年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063945133

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画をまだ見ていないので、見たくなった。

  • 高校最後の全国大会。団体戦3位決定戦。
    だれもが息をひそめ、期待と祈りで手を握りしめる中、千早は運命の対戦となった新を相手に、静かに集中を深めてゆく。
    一方、今年の頂点を決する戦いは、ヒョロ率いる北央学園と、王座奪還を狙う富士崎高校の対戦に。
    自分を信じ、仲間を信じ、夢を叶える場所。
    そこには、一度はチームを離れた太一の姿がーー。

    勝利の涙も、後悔の涙も。
    すべてを拭って次へと進め。
    挑む者たちに道は拓くーー‼︎

  • 団体戦と個人戦
    どちらも見逃せない!

  • 個人戦アツすぎる!

  • 次があるからぼくらは 息ができる

  • 良かったんだけど、31巻読んだのがあまりに前だったので、感動の間があいてしまいました、、。詩暢ちゃんとの対決は迫力あります!

  • 〜34巻まで

  • ちはやがカワイイ!

    印象に残る名シーン
    「真島部長。全部もう遅い」

  • 読了。面白い。星5にした。

  •  前巻で感じたモヤモヤは晴れなかった。

     従前は静と動の一瞬の光芒の描写が見事で、かるた対決の醍醐味をこれでもかと描いてきた。しかし、前巻辺りからはその煌きの欠片すら感じられない淡白な対戦描写である。
     本巻の千早対詩暢の対決なんぞ、例えが古いが、明訓高が東海高・雲竜と最後に対戦した以降の「ドカベン」の如き淡白さである。

     また新との対決において、千早がかるたを続けてきたことに関する意味を何ら見い出させずに、ただただ勝利し、終幕してしまった稚拙な物語ツルギーにガックリ。

     次巻は新刊では買わない。ただレンタルか古書発売分で経過確認のみはするつもり。

全51件中 1 - 10件を表示

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)の作品紹介

高校最後の全国大会。団体戦3位決定戦。
だれもが息をひそめ、期待と祈りで手を握りしめる中、
千早は運命の対戦となった新を相手に、
静かに集中を深めてゆく。
一方、今年の頂点を決する戦いは、ヒョロ率いる
北央学園と、王座奪還を狙う富士崎高校の対戦に。
自分を信じ、仲間を信じ、夢を叶える場所。
そこには、一度はチームを離れた太一の姿が――。


勝利の涙も、後悔の涙も。
すべてを拭って次へと進め。
挑む者たちに道は拓く――!!

高校最後の全国大会。団体戦3位決定戦。だれもが息をひそめ、期待と祈りで手を握りしめる中、千早は運命の対戦となった新を相手に、静かに集中を深めてゆく。一方、今年の頂点を決する戦いは、ヒョロ率いる北央学園と、王座奪還を狙う富士崎高校の対戦に。自分を信じ、仲間を信じ、夢を叶える場所。そこには、一度はチームを離れた太一の姿が――。勝利の涙も、後悔の涙も。すべてを拭って次へと進め。挑む者たちに道は拓く――!

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)のKindle版

ツイートする