ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

  • 652人登録
  • 3.96評価
    • (39)
    • (77)
    • (43)
    • (1)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2017年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063945355

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)の感想・レビュー・書評

  • ちはやの高3夏。
    かるたを続けるために勉強との両立を図る一方、名人の強さの秘密に迫る巻。

    やりたいことを思い切りやるためにやりたくないことも思い切りやる。
    高校3年の描写にしては暗くならなさ過ぎて良い。
    なんだかんだかるた愛だな、みんな。

    そして、かなちゃんの大人の気遣いが素敵。
    肉まんくんも報われるさねー。

  • 一段落したみんなとの見えない線が悲しい巻でした。
    クイーン戦と受験の両立。
    千早の覚悟。
    かるたで鍛えられた忘☆却☆力☆笑
    太一が側にいてくれることが久しぶりで嬉しかったな。

    詩暢ちゃんは詩暢ちゃんでかるたのプロがあらぬ方向にいってて可哀想で心配。

    作詞作曲家の軽田伊能知さん、千歳のデビュー曲までも手がけてたとは!笑
    うるう年のマーチもやし、たしか瑞沢高校の校歌も軽田伊能知さん作詞作曲です。笑

  • 「子供には高確率で幸せになって欲しいのよっ」って、ちはや母の叫び、激しく激しく同意。このあたり親にならないと分からんのよね。太一みたいに両立できる器用さがあれば心配いらないんだけどさ。それでもきっと太一の母はそれなりに心配は尽きないんだろうけどさ。とにかく親は大抵ハラハラしてるしかないのよ。

  • 髪型変わったかなちゃんがかわいすぎてヤバイ。

  • 部活引退のときは切ないね、机くんの涙にじーんとしました。宝物、私にもあるから。千早、両立大丈夫?と思っちゃいました。パワーと熱意はわかるけど。詩暢ちゃんのかるたへの想いにも胸を打たれました。

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

  • どうしよう これ宝物だ

  • 高校のかるたは終わった。入試もあるけど、クイーンも目指す。

  • クィーンの夢も大学受験も頑張る!!って、現在いい歳の大人の私には、現実は甘くないよって冷静に思ってしまうのだけど、確かに千早くらいの時は私も何かわからないけどがむしゃらに頑張ろうって意欲はあったなぁ…これが若さ、青春なんだよなぁ…としみじみ感じ入りました。頑張れ千早!
    太一と千早が一緒に吹奏楽部とのカラオケ対決したり、周防名人と偲暢ちゃんの特番見てたりしてるとこは胸がキューンとなって嬉しいような、切ないような。
    須藤さんSな人かとばかり思ってましたが優しいんですね。須藤さんの夢も叶うといいですね。
    というか、みんなの夢がかなって欲しい。

  • 大学受験とクィーン戦,夢に向かって頑張る千早.どの人物も魅力的で応援しています.

  • 詩暢ちゃんと周防さんが気になって♡
    キャラが際立ってます(笑)
    須藤先輩、いい奴なのかも?

  • 高校3年、かるた部の活動から離れる時期、受験勉強に向き合うこととクィーン戦に向けた練習の両立。千早らしいひたむきさに笑ってしまう。
    17-95

  • 子どもには高確率で幸せになってほしい…至言だなぁ綾瀬母。それでも、今しかできないこともある。確率の先に身を投じることを見守れるか…を問いかけられるよう。
    富士の高嶺を目指す道から、どんな景色が見られるだろう…。

  • 今までと比べて、グッと熱くなれなかったのは確か。大好きな作品なのに、なぜなんだろう。多分、高校かるたの世界が終わって、商業的なニュアンスが感じられるようになってきたせいかも。もともと圧倒的に強い人は登場していた訳だし、多少なりマスコミの絡みもあったりはしていたけど、今回はそれがちょっと前面に出過ぎてるかな。てっぺん取るまでの成長が見てみたい気もするけど、それに伴って熱さが薄れていくようだと、ちょっと微妙な気も。でもきっと、また興奮を取り戻すマンガだと信じてます。

  • 競技カルタを軸にした、青春群像劇。
    34巻まで来たけれど、終わりが見えん、、
    どんな締めくくりにするのやら。
    と言っても、展開がダレているわけではなく。また泣かされたしね…
    次の展開もまた楽しみ。

  • ああ、千早にも受験があったのか、と改めて気づいた。
    受験に関しては太一は余裕だな…(笑)でもなんだかんだで周防さんを追って
    東大へ現役合格しちゃうんだろうな。すごすぎ。
    受験とクイーンの両立は大変だろうな、ふぁいと!千早!

  • クイーン目指して。

  • 詩暢×周防にフラグが⁉︎ と思ったけどそうでもなかった。
    かるたプロを目指し、メディア露出が増えた詩暢。そのストレスと一人で強くなる自分のかるたに限界を感じ始め…。
    ちはやのクイーン戦出場は予想通りなので、思い悩む詩暢の印象が強かった34巻でした。

  • 読んだー\(^o^)/
    競技かるた漫画。さらなる高みへ行く感じが良い。

  • それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った長く熱い夏が過ぎ、千早たち3年生は次へのステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩む。そんなとき、周防名人と詩暢が出演したテレビ番組が放映され、刺激を受けた千早は…!?一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った熱く長い夏が過ぎ、千早たち3年生は次のステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩み……!? 一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!(Amazon紹介より)

  • 部活引退後、大学進学を目指しながらクイーンも目指していくというのは、ものすごいこと。その実力があることも羨ましいけれど、実力の裏には努力がある。千早が、勉強と両立させることや、環境を変えることなどを決意したところは、かっこいいなと思った。やりたいことを思いっきりやるために、やりたくないことも思いっきりやろう!いい言葉だな。一生懸命、やってみよう。できると信じて、できないと言い訳する自分に打ち勝とう!

  • 勉強とかるたの両立は難しい。
    千早の強い覚悟が伝わってくる!

  • 詩暢ちゃんの内面に切り込んだお話が良かった。

全45件中 1 - 25件を表示

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)の作品紹介

それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。

互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った長く熱い夏が過ぎ、千早たち3年生は次へのステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩む。そんなとき、周防名人と詩暢が出演したテレビ番組が放映され、刺激を受けた千早は…!?

一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!

それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った熱く長い夏が過ぎ、千早たち3年生は次のステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩み……!? 一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)のKindle版

ツイートする