DAYS(3) (講談社コミックス)

  • 122人登録
  • 3.93評価
    • (6)
    • (17)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 安田剛士
  • 講談社 (2013年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063949704

DAYS(3) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者の前作読んでからもう一度読むと感慨深い。

  • 柄本がとにかく皆に好かれているということがよく伝わってくる。
    蟻明との試合を制して、始まる桜高校との試合。
    地獄の底に突き落とすという成神が気になる。

  • つくしの評価がうなぎのぼりの3巻。ライバル校のキャプテンにすら一目置かれているけど、ちょっとそこら辺の納得感をもう少し出して欲しいというか。一生懸命走るから皆のやる気が出る、っていうのだけだとなぁ。
    1年以外のサッカー部員も徐々に個性がわかりはじめてきた。せめてレギュラーメンバーはもっと見せ場作って欲しいな。

  • 引っ張られてく。

  • 水樹キャプテンがあまりにかっこよすぎて泣きました。なんなのこの人かっこよすぎる。君下先輩にも大柴先輩もだんだん聖蹟に思い入れが出てきました。そして風間君はほんとにすごい子だったのね。

  • めっちゃ面白かった。目が離せません。

  • 仲間や先輩たちに支えられ、日々の練習をこなし、たくましく成長していくつくし。
    そんな中、ライバル校である桜高のキャプテン・犬童に声を掛けられて、デパートの屋上でフットサルをすることになり…。

    水樹キャプテン好きにはたまらん1冊でした。
    もう何あの人、おいしいとこ全部持ってちゃった!(笑)
    今まで「怪物」とか言われながらも、怪我で全然その本領を発揮できていなかったのですが、改めて活躍してるところみるとホントに怪物ですね!
    三人にマークされてるのに、それ全部振り切ってゴールとかすご過ぎるんですけど! そしてつくしにかける言葉がちゃんとキャプテンらしくて好き…!(笑)

    それから前巻では正体不明のまま終わった犬童さんもすごいですね!
    鬼人みたいなゴールハンター時代の彼もぜひ見てみたい! 
    あとパサーに徹するようになったキッカケも知りたいかも。成神くんが居るからかな?とも思うんですが。
    成神くん、強敵だなー。
    人の心が折れる音を聞くのがたまんないとか、どんだけSなんですか(笑)

    桜高も強いですが聖蹟も負けてない!
    次巻も楽しみです。

全7件中 1 - 7件を表示

安田剛士の作品

DAYS(3) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

DAYS(3) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

DAYS(3) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

DAYS(3) (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

DAYS(3) (講談社コミックス)の作品紹介

嵐の夜、ふたりの少年が出会った。何のとりえもない、特技もない、けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!

合宿を乗り越え、仲間や先輩たちに支えられ、日々の練習をこなし、たくましく成長中のつくし。そして聖蹟サッカー部はインターハイ出場をかけ、新興の怪物高校、桜木高校と激突する! 敵の要は二人の天才、犬童かおると成神蹴治!!

DAYS(3) (講談社コミックス)はこんなマンガです

DAYS(3) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする