DAYS(4) (講談社コミックス)

  • 110人登録
  • 4.00評価
    • (7)
    • (11)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 安田剛士
  • 講談社 (2014年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063950014

DAYS(4) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大切なものを増やしていくこと

  • あぁぁ、やっぱり。でもこの負けが聖蹟を強くするはず。つくしだからこそできたチャンス、つくしだからこそのあのゴール。これから先輩たちや風間君と成長していくはず!笠原先輩と水樹キャプテンの駅のシーンで泣いた。

  • 楽しみにしてました*\(^o^)/*
    何がとは上手く伝えられないけれど、面白いですねぇ(≧∇≦)
    サッカーへかける情熱?がむしゃらさ?が伝わってくるのかとっても面白いです

  • めっちゃ面白かった。頑張れつくし。

  • 「誰かのために必死で走る。そういうヒーローもいる。」
    インターハイ出場を懸け、聖蹟サッカー部は宿敵・桜木高校との対戦を迎える。
    ベンチから必死に声援を送るつくしの前で、試合は一進一退の激戦に突入。
    そして後半、猛者たちの集うピッチに、つくしが足を踏み入れる。

    なんかもうどっちが勝ってもおかしくなかったですよね。
    正直最後までどちらが勝つか分かんなかったし、でもつくしがあそこで来た時は勝てる!と思ったんだけどな~…うーん、残念でした。

    しかし聖蹟のみんなはつくし好き過ぎでしょう!(笑)
    水樹キャプテンも告白か!という感じで想いをぶつけて来ましたし、大柴先輩もこんなに頑張ってくれるなんて…!
    犬童さんに風間君と二人で当たることになった時は興奮しました。
    しかもそのまま攻め込んでくるコンビプレーもばっちりでしたし。

    ただ笠原先輩は残念だった…!
    水樹キャプテン、そこは最後言ってあげて!と思いましたが。
    でもこの二人が一緒に這い上がって来たからこそ今の聖蹟があるのかなぁと思います。

    しかし心配なのはつくしだよ…。
    つくしのせいじゃなくて、むしろつくしはよくやったんだけど、あそこで決められなかったのはやっぱりショックですよね。
    次回生方さんが何言ってくれるのか楽しみです。
    なんだかんだで生方さんは落ち込んでる時の引っ張り上げ担当ですよね(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

安田剛士の作品

DAYS(4) (講談社コミックス)はこんなマンガです

DAYS(4) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

DAYS(4) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

DAYS(4) (講談社コミックス)の作品紹介

嵐の夜、ふたりの少年が出会った。何のとりえもない、特技もない、けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!

インターハイ出場を懸け、聖蹟サッカー部は宿敵・桜木高校との対戦を迎える。ベンチから必死で声援を送るつくしの前で、試合は一進一退の激戦に突入。そして後半、猛者たちの集う灼熱のピッチに、つくしが足を踏み入れる!!

DAYS(4) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする