CHARON(2)<完> (講談社コミックス)

  • 18人登録
  • 2.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 山田恵庸
  • 講談社 (2014年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063950168

CHARON(2)<完> (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完結巻。第一部完といったところか。

    月に到着した一行は遺産の守護者と対峙。それらとの戦いを経て、神の遺産がどういうものかが明かされる。

    2巻で正体が明かされるのマリーくらい。木島平と九十八の関係は判明するが、何故そうなったのかは不明のまま。他のメンバーは能力も正体も不明などころか…セリフの無い者も……

    初版帯にある通り「壮大な物語の『始まりの終わり』」でした。
    週刊少年マガジンではSFは受け入れられなかったか…
    ラファエルや木島平なんて面白そうなキャラだったので、ここで終わってしまって残念です。

  • 長編を期待したのに、完結しなさった!

全3件中 1 - 3件を表示

山田恵庸の作品

CHARON(2)<完> (講談社コミックス)はこんなマンガです

CHARON(2)<完> (講談社コミックス)の作品紹介

九十八(にたらず)密たち18人の少年少女が目覚めた場所は、床も壁も天井も金属でできた謎の施設だった! 彼らは“救世主”と呼ばれ、人類の存亡を懸け、幾多の試練に挑む! 宇宙を舞台に繰り広げられる、壮大にして壮絶なサバイバル! “神の遺産”を手にし、己の信ずる神々の代理戦争に勝利するのは、一体誰なのか!?

「神の遺産」を手に入れるために宇宙に送り出された18人の少年少女たち。襲い来る「守護獣(ガーディアン)」、覚醒する「神の遺産」、そして九十八密(にたらずひそか)の「神殺しの力」とは‥‥!? 神と生命誕生の謎、クライマックス!!

ツイートする