金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)

  • 258人登録
  • 3.38評価
    • (5)
    • (12)
    • (37)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 天樹 征丸 
  • 講談社 (2014年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063951998

金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう何度も言うけど高遠に複雑なバックボーンは要らんよ…完全な後付じゃん…館などに拘るとかって綾辻の『館シリーズ』かよ。島荘で懲りてないのかよ。レクター博士のように「そうでしかない人間」で良いんだよ…

  • 亡霊校舎の殺人の解決編と狐火流し殺人事件の冒頭。

    第2の殺人のトリックが微妙かな。
    各々の選択が2択前提なのはご都合主義だね。
    まーたはじめちゃんの幼なじみが容疑者になっちゃうのか・・・

  • 面白かった。地獄の傀儡師

  • 廃墟校の事件は途中で犯人は解りませんでした。
    あんなにおどおどしていたら、どうして犯人ではないと除外してしまいます。
    鬼城達の行為は最低で殺されても仕方ありません。

    次の事件は深雪は珍しく不登場。
    どんな展開が待ち受けているのか、次巻が楽しみです。

  • 『亡霊校舎の殺人』完結編と『狐火流し殺人事件』の導入。
    「亡霊校舎~」は、犯人はわりとすぐに分かってしまうが、トリックは結構面白い。
    とは言え、人が3人も死んでいるのに登場人物たちの反応が淡白すぎて、ちょっと違和感が…
    犯行の背景も、歴代犯人に比べるとちょっと弱いというか薄いような…

    今後の『狐火流し殺人事件』の展開に期待!

  • 亡霊校舎編解決!
    校舎を改修したのは誰なのか・・・?
    そしてボーイスカウト編の犯人がさっそく気になる。
    美雪の出番はないのかな?

  • ミスリードに引っ掛かったー!!!!!3巻読まないと犯人分からなかった。くそー負けた!!!!!ロジック的に犯人当てるの超ハマってる(ФωФ)

全7件中 1 - 7件を表示

さとうふみやの作品

金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)の作品紹介

高校2年生の金田一一(はじめ)は、いつもは気の抜けたひょうきん者だが、実は、かの名探偵・金田一耕助の孫! ひとたび事件に関われば、明晰な推理力で犯人が仕掛けた難解なトリックに、幼なじみの七瀬美雪と共に挑んでいく!! タイトル新たに、パワーアップ!! 一(はじめ)の名推理がますます冴え渡る!!

[亡霊校舎の殺人]200キロの金塊が眠るといわれる廃墟の島「黄金島」で起こった連続殺人。真犯人「亡霊教頭」の正体と、殺人計画の壮大なトリックにハジメと明智の無敵タッグが挑む!! そして‥‥事件を背後で操る、高遠遙一の真の狙いとは!? [狐火流し殺人事件]ハジメに届いた幼なじみの葬儀を知らせる電報。そこから始まる、「狐火」に揺らめく憎悪の殺意!!

金田一少年の事件簿R(3) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする