聲の形(7)<完> (講談社コミックス)

  • 1182人登録
  • 4.17評価
    • (138)
    • (129)
    • (63)
    • (6)
    • (2)
  • 108レビュー
著者 : 大今良時
  • 講談社 (2014年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063952681

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全巻読了。石田将也は小学生の時に、聴覚障害者の転校生西宮硝子を苛め、硝子は転校、将也はその後ずっとイジメに遭う。高校生になって再会した彼らの心の襞を、作者は丁寧に写し取る。

    イジメや聴覚障害だけでは無く、硝子の妹は不登校だし、将也の姪はハーフだ。そして2人の親は片親である。登場人物たちは何らかの「障害」を負っている。友人たちを含めて悪人は1人も居なくて、ただ将也にとってちゃんと相手の聲が聞こえない人物は全部バツ印や顔付きで表現される。そして友人たちも実は、1人ひとり「周りのホントの聲が聞こえない障害者」であることが、作品全体を通して明らかになる。将也のバツ印が剥がれるのは、この作品全体を通してでしかあり得なかった。

    振り返って見て、私の学校時代にこういう作品が必要だったのか、考えてみる。お前が鈍いだけだ、ともいわれるかもしれないが、私の時にはこんな陰湿なイジメも、片親も、ハーフも居なかった。だけど、友だちの気持ちがわからない問題は、いつも深刻だったし、恋の問題もあったと思う。ただそれはマンガでは描かれることはなかった。マンガはそこまで成熟していなかったし、不良や貧困問題の方が深刻だった。

    だからこの作品は、現代だからこそ生まれた作品であり、記憶しておいていい作品だと思う。アニメ映画がヒットしている。アニメを観たからこの作品を読んだのだが、アニメでは到底わからなかった真柴や植野の気持ちや、西宮の自殺未遂のホントの気持ちも、今回やっと納得がいった。ただ、アニメは全7巻をよくぞあそこまで纏めたという意味ではちょっとすごいとは思った。

  • 僕は無理矢理のハッピーエンドは本来好きではないタイプの人間です。ですがこの聲の形は綺麗にまとまり過ぎてるんじゃないの?というくらい綺麗なハッピーエンドですが、非常に胸踊る素晴らしい展開とラストでした。人は皆違うからこそ良いのだと感じると共に、全ての人々がお互いの違いを理解し合って平和に暮らせていければいいなと感じました。

  • 出てくる人 全員正しくないし、全員理解できるし、全員胸糞悪い。昔や今の自分みたいだった。

  • 最終巻。なんか思ってた感じの終わり方ではなかった。最初の読み始めたときはケガで石田も耳が聞こえなくなったりとか話せなくなったのかと思ったけど、ただ水飲みたかっただけなのか、ってちょっと期待ハズレだった。石田と西宮さんはもっとしっかりくっつくなり告白するなりして欲しかったなぁ。川井さんのあの感じはそのままなのか〜とか。でも1〜7巻まで通して読んだらとてもいい話だったんだと思う。すごくいいテーマ。正解はないと思うけど。

  • 全巻読んだ。読み始め、登場人物がどこか生理的に好きになれないようなクセのある人物ばかりでモヤモヤしながら読み進み、それがまた味わいとなっていった。美しくなくて泥くさくて、読み応えがあった。

  • 今までこういった趣旨の物語があっただろうか。
    過去の辛くて暗い記憶。
    そこから逃げて、違う世界に生きて、忘れた気になって、
    都合のいい人たちだけとの関係を続けている人がこの世にどれくらいいるのだろうか。
    昔の出来事から背を向けずに必死に戦った人たちの苦しいが再生の物語。誰もが経験する世界にスポットライトをあてて見やすくしてくれたありがたいマンガ。
    その世界に触れて今を恥じろ!

    コマ割の展開が早くて分からなくなるところが少しあったけど、それ以上にストーリーの濃密さがあって好評価です。

  • 死にたい懇願した少女と人との距離を取れなくなった少年の話は幕閉じた。聾唖だから、イジメにあったから、イジメをしたから、イジメに加担したから…「から」の後。その先の「こそ、も」
    聾唖だからこそ、イジメにあったからこそ、イジメをしたからこそ、イジメに加担したからこそ…相手に立ち、想って、自分とも向き合い、想うこと。
    大切なものは形がないから、見えないから、実体を感じられないものの方が断然に多いから…だから、迷うし、誤るし、間違えてしまう。傷つけるし、傷つけられる。けれども、それでも、形にしようと歩める人の眩しさよ。
    でも、これは大人でも実行に移すのは難しい。とても大変で困難を産む。故に担任はこれを放棄した。許せないが、いずれ過ちを気付いて欲しいではある。
    人の人生は選択の連続で、過去現在と向き合い方一つで大きく未来は変わってしまう。可能性も潰えてしまうことも拡がっていくのも自分次第である。
    物語はこれにて終わってしまったが、彼、彼女の未来は終わりでなく、今から始まっていくのだが、その待ち受ける未来は私には明るくみえる。
    大今良時先生お疲れ様でした。

  • それぞれ、次のステップへ進む仲間たち。
    終わってみれば、ウジウジ悩んでいたのも、青春だったな〜

  • 読んでよかった。
    出会えてよかった。

    何者かになるため、みな進むべき道を固めていく。
    そんな過程とこれからの道をいいな、と思うとともに、自分もそうやって歩みたいと思わされた。

    将来という道に悩んでいる人におススメしたい。

  • 周りがいくら変わっても、優しくしても、解決できない事がある。
    強さも色々な種類があるわけで、最後は自分が変われるか、行動できるか、という事に尽きるのかもしれない。
    誰彼かまわず無理に仲良くする必要もないし、時間が解決する事もあるし。
    最後は明るい未来の方角にも道が伸びて行くのが見えた、良い終わり方だった。

全108件中 1 - 10件を表示

大今良時の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)に関連する談話室の質問

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)に関連するまとめ

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)の作品紹介

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。【作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」

「じゃーな、西宮」。硝子を庇って大けがを負い、眠り続ける将也。前を向くと決めた硝子は、絶望の中、壊してしまったものを取り戻そうと動き出す。バラバラになった仲間たちの「こえ」にそっと耳を澄ませる━━。繋がる想い。そして、再開した映画作り。時を刻み始めた彼らの世界に、待ち受ける未来は━━。

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする