聲の形(7)<完> (講談社コミックス)

  • 1180人登録
  • 4.17評価
    • (137)
    • (128)
    • (61)
    • (6)
    • (2)
  • 108レビュー
著者 : 大今良時
  • 講談社 (2014年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063952681

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 全巻読了。石田将也は小学生の時に、聴覚障害者の転校生西宮硝子を苛め、硝子は転校、将也はその後ずっとイジメに遭う。高校生になって再会した彼らの心の襞を、作者は丁寧に写し取る。

    イジメや聴覚障害だけでは無く、硝子の妹は不登校だし、将也の姪はハーフだ。そして2人の親は片親である。登場人物たちは何らかの「障害」を負っている。友人たちを含めて悪人は1人も居なくて、ただ将也にとってちゃんと相手の聲が聞こえない人物は全部バツ印や顔付きで表現される。そして友人たちも実は、1人ひとり「周りのホントの聲が聞こえない障害者」であることが、作品全体を通して明らかになる。将也のバツ印が剥がれるのは、この作品全体を通してでしかあり得なかった。

    振り返って見て、私の学校時代にこういう作品が必要だったのか、考えてみる。お前が鈍いだけだ、ともいわれるかもしれないが、私の時にはこんな陰湿なイジメも、片親も、ハーフも居なかった。だけど、友だちの気持ちがわからない問題は、いつも深刻だったし、恋の問題もあったと思う。ただそれはマンガでは描かれることはなかった。マンガはそこまで成熟していなかったし、不良や貧困問題の方が深刻だった。

    だからこの作品は、現代だからこそ生まれた作品であり、記憶しておいていい作品だと思う。アニメ映画がヒットしている。アニメを観たからこの作品を読んだのだが、アニメでは到底わからなかった真柴や植野の気持ちや、西宮の自殺未遂のホントの気持ちも、今回やっと納得がいった。ただ、アニメは全7巻をよくぞあそこまで纏めたという意味ではちょっとすごいとは思った。

  • 僕は無理矢理のハッピーエンドは本来好きではないタイプの人間です。ですがこの聲の形は綺麗にまとまり過ぎてるんじゃないの?というくらい綺麗なハッピーエンドですが、非常に胸踊る素晴らしい展開とラストでした。人は皆違うからこそ良いのだと感じると共に、全ての人々がお互いの違いを理解し合って平和に暮らせていければいいなと感じました。

  • 出てくる人 全員正しくないし、全員理解できるし、全員胸糞悪い。昔や今の自分みたいだった。

  • 最終巻。なんか思ってた感じの終わり方ではなかった。最初の読み始めたときはケガで石田も耳が聞こえなくなったりとか話せなくなったのかと思ったけど、ただ水飲みたかっただけなのか、ってちょっと期待ハズレだった。石田と西宮さんはもっとしっかりくっつくなり告白するなりして欲しかったなぁ。川井さんのあの感じはそのままなのか〜とか。でも1〜7巻まで通して読んだらとてもいい話だったんだと思う。すごくいいテーマ。正解はないと思うけど。

  • 全巻読んだ。読み始め、登場人物がどこか生理的に好きになれないようなクセのある人物ばかりでモヤモヤしながら読み進み、それがまた味わいとなっていった。美しくなくて泥くさくて、読み応えがあった。

  • 今までこういった趣旨の物語があっただろうか。
    過去の辛くて暗い記憶。
    そこから逃げて、違う世界に生きて、忘れた気になって、
    都合のいい人たちだけとの関係を続けている人がこの世にどれくらいいるのだろうか。
    昔の出来事から背を向けずに必死に戦った人たちの苦しいが再生の物語。誰もが経験する世界にスポットライトをあてて見やすくしてくれたありがたいマンガ。
    その世界に触れて今を恥じろ!

    コマ割の展開が早くて分からなくなるところが少しあったけど、それ以上にストーリーの濃密さがあって好評価です。

  • それぞれ、次のステップへ進む仲間たち。
    終わってみれば、ウジウジ悩んでいたのも、青春だったな〜

  • 読んでよかった。
    出会えてよかった。

    何者かになるため、みな進むべき道を固めていく。
    そんな過程とこれからの道をいいな、と思うとともに、自分もそうやって歩みたいと思わされた。

    将来という道に悩んでいる人におススメしたい。

  • 周りがいくら変わっても、優しくしても、解決できない事がある。
    強さも色々な種類があるわけで、最後は自分が変われるか、行動できるか、という事に尽きるのかもしれない。
    誰彼かまわず無理に仲良くする必要もないし、時間が解決する事もあるし。
    最後は明るい未来の方角にも道が伸びて行くのが見えた、良い終わり方だった。

  • 全巻読了。大好き漫画です。出会って良かった!!!劇場版もぼっちで観に行きました(≧∇≦)

  • 2016.12.27読了
    1〜7巻(完)一気読み。もう少し粘って物語を掘り下げられたのではないか。川井さんと真柴の闇は結局解決しないまま終わってしまいスッキリしない。

  • なんか締めに入っちゃったなぁってのがちょっともったいなかったかな。
    結局川井さんのぶりっ子は放置?
    いじめの問題では川井さんみたいのがタチ悪いと思うんだけど…。
    石田と西宮さんの関係もぼかしちゃうし〜

  • 硝子を庇って大怪我を負い、眠り続ける将也。
    前を向くと決めた硝子は、絶望の中、壊してしまったものを取り戻そうと動き出す。
    バラバラになった仲間達の「こえ」にそっと耳を澄ませる…。
    繋がる想い、そして再開した映画作り。
    時を刻み始めた彼らの世界に待ち受ける未来は——。

    目覚めてそのまま病院を抜け出し、泣いている硝子と再会を果たすとか…そんな少女漫画的展開がこの作品であるとは思ってなかったよ。
    もう完全にこれ両思いじゃんね。将也的には硝子への気持ちはどのくらい自覚あるんだろうか…。でも進路のことで遠くへ行くのを止めようとした辺り、やっぱまだ無自覚なのかな。
    とりあえずお母さん達が将也の退院祝いですっかり意気投合して、仲良くなったのが何故かものすごく嬉しかった。
    そして皆との再会。うん、まぁこの辺はやっぱ青春を感じますね。でも何とか仲直りできてよかった。
    映画が審査で猛烈なダメ出しをされて、仕方ないのかもだけどちょっとあんまりにも酷いイベントだなと。これ若い芽潰すどころか引きちぎってるよね。
    皆進路について考え、そうして時は流れて成人式へ…と最後はわりと駆け足だったけど、いい感じにまとまっていてよい作品でした。

  • この秋に話題のアニメ映画を3つ観た。
    「君の名は。」
    「この世界の片隅に」
    それと、この「聲の形」
    こうの史代さんのコミックはファンだから読んでいた。
    君の名は。と この「聲の形」は予備知識が少ないまま観に行った。
    それが良かった。
    映画を観てから原作の「聲の形」全7巻を、やっと読了した。
    映画には出てこないエピソードもあり、それなりに重いんだけれども、楽しめた。
    そう、重い。
    途中で、なぜ、こんな重いんだと、休憩しながら読んだ。
    「障がい」と「いじめ」がポイントだろうか。
    こころに、残る。
    そんなコミックだ。

  • 映画がロードショーされていると知り、映画館に行くことはできないので、漫画で消化の私です。
    さて、いじめのお話があると私の中ではどうしてもいじめられた側の話が出てきます。被害者で可哀想な主人公が成長していく様は、応援したくなるし、同情することもある。
    だけど、いじめている側を描いたこの作品を嫌いになることはできない。いじめはよくないことだし、この主人公がやった行動は、どう取り繕っても悪いことだということは確か。
    今現在、社会問題となっているいじめというのは昔ほど単純ではないことはわかっていて、どんどんエスカレートしていっているということは、こういうことなのかなとふと思いました。こういう考えが正しいのかどうかはわかりませんが、「つまらない」というのが大本…? 所謂、ただの興味? 自分と違うから? のような気もします。だからと言ってそれでいじめられたらたまったもんじゃないのですが、子どもにとって興味あるものはいじりたくなるものですし、興味というものがなくなったら人生楽しくないのも事実。そういうことを考えると、いじめって永遠になくなることはないなと思いました。
    ただ、そこから成長していったいじめっ子といじめられっ子。そしてその環境が綺麗に描かれていてよい作品だと感じました。
    ちなみに私は小学校の担任の先生が好きです。信用信頼がなくなった先にはつらい世界があるのは確か。回復させるのは難しいのですよ。

  • 5-7巻(完結)読了!

  • 自分の価値は自分しかきめれない。
    はずなのに、顔を上げることすら大変な時がある。

  • 読み終えて充実感があります。作為のない調和のとれた最終巻に作者の可能性を感じます。次回作も楽しみですね。いいコミックでした。

  • キャラはクズいやつが多くて、みんなもがき苦しむけど救いもない。どう評したらいいのか難しい

  • 聲の形の最終刊。

    聴覚障害を抱えるヒロインとそれを巡る周囲の人間関係にリアリティがあると同時に、彼らの苦悩も想像できる。

    この後二人がどうなったかすごい気になる。

  • 5-7巻をまとめて。ポイントはみんなで作る映画で、その中で、新しい葛藤が生まれたりしながら、最終的には痛みの中から新たな光明が生まれてくる。人間が古くなればなるほど、中途半端に世渡りが好きになって、徹底的に悩み抜いて、自分と向き合って、って機会が少なくなりがちだと思うけど、そんな中、こういう作品を通して思索に耽るってのも、なかなかにオツな体験でした。

  • 全巻まとめて。
    世の中いざこざの原因は悪意や奸計よりむしろ誤解と怠惰。そんな言葉を思い出す。誤解と怠惰がメインだけれども、少量の悪意や奸計それから暗愚がもたらすいざこざの数々に胸糞が悪くなる。倦むな弛むな考えろ!なんて思ってしまうけど、できないこともわかってる。完璧ではない人間で、それでも必死にあがいてて。みんなちょっとずつ変わっていく。いい。頭がくらくらしてくる。
    佐原さんが一番好きだー。小学生の時彼女の隣に真柴くんがいてくれればよかったのに。

  • 石田と西宮の再開シーンは泣けます。トラウマに向き合いそれぞれの進路に旅立っていくキャラクターたち。この漫画に出会えてよかった。

  • 小学校時代のトラウマ、高校時代の甘酸っぱい青春、そして成人にあたって迎える過去との邂逅これらを上手にそして美しくまとめあげている作品だと思う。単に聴覚障害を持った子との交流の漫画だけではなく、むしろ過去との向き合い方を問いかけ、そして考えさせてくれる名作だと思う。おりにふれてまた読み返したい。

  • 【分類】726.1/O32/7
    漫画のコーナーに並んでいます。

全108件中 1 - 25件を表示

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)に関連する談話室の質問

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)に関連するまとめ

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)の作品紹介

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。【作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」

「じゃーな、西宮」。硝子を庇って大けがを負い、眠り続ける将也。前を向くと決めた硝子は、絶望の中、壊してしまったものを取り戻そうと動き出す。バラバラになった仲間たちの「こえ」にそっと耳を澄ませる━━。繋がる想い。そして、再開した映画作り。時を刻み始めた彼らの世界に、待ち受ける未来は━━。

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする