アルスラーン戦記(4) (講談社コミックス)

  • 981人登録
  • 3.90評価
    • (59)
    • (104)
    • (76)
    • (2)
    • (1)
  • 43レビュー
著者 : 荒川弘
制作 : 田中 芳樹 
  • 講談社 (2015年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063955088

アルスラーン戦記(4) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カシャーン城突破し、ペシャワール目指す一行。

    アルスラーンの世界観に、黒魔術的な要素はいらない。

    話あまり進まない。
    原作どころか、アニメに追いつくまでも数年かかりそう。

  • 4巻目。

    ペシャワール城を目指します。

    アルスラーンが王としてどのような方向に進むか試されてま

    す。だからかもしれませんが、内容は少し地味でテンション

    としては少し落ち着いたものとなってます。

    先がとても気になります。

  • ヒルメスの皇子時代にぞっこんです!
    本編ではここまで細やかに描かれていなかったので、ますますヒルメスへの好感が上がりました。

  • アニメとほぼ同じストーリー。でもアニメよりテンポ良く感じたのはさすが荒川女史。ギーヴ活躍巻で個人的にとても嬉しい。

  • 今回はあまり大きな動きが無くて、懐かしさに感嘆する場面は殆どなかった。でも、細部の描写が行き届いていて、物語そのものの良さを改めて味わえました。

  • ■ギーヴ大活躍の巻。
     ワタクシ的にはファランギースとの掛け合いが好き。
    ■アンドラゴラス&ヒルメスの対峙シーン…
     顔芸。
     濃過ぎ。
     血は争えんのね。
    ■今回はタハミーネさんのアップがいちばん怖い。
     底が見えてないからかなぁ。
     元々さ、リアルでも
     美女って無表情だとちょっと怖いよね。
    ■お坊ちゃまが現実をちょっと知る。
     知ったうえでどうすれば?と考える姿。
     偉いじゃないの!
     エラムくん も少し優しくしたげてちょ。

  • やっと四巻。
    そしてまだペシャワールに着かない・・・(苦笑)。
    ギーヴが大活躍なのでギーヴファンにはたまらないのでは。

    しかしどこまで描いてくれるのかなあ。第一部の終了までは描いてほしいなあ。

  • さて、4巻。
    原作では2巻「王子二人」の最初のほう。
    まだペシャワール城にたどり着いてないのね。
    ……どこまで漫画化してくれるのかな?
    原作第一部終了までは続いてほしいなぁ。

  • いつものことだけども田中芳樹の難い内容を荒川さんのテイストで面白く読みやすく、それでいて心に留まるように描かれていていい。
    今回はギーヴが格好良かったなー。

  • やっぱりこのころの熱い展開が好きだなぁ
    としみじみ感じた
    続きは知っているけど早く読みたい

全43件中 1 - 10件を表示

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

アルスラーン戦記(4) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルスラーン戦記(4) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルスラーン戦記(4) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルスラーン戦記(4) (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルスラーン戦記(4) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする