ACMA:GAME(14) (講談社コミックス)

  • 55人登録
  • 4.17評価
    • (5)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 恵広史
制作 : メーブ 
  • 講談社 (2015年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063955354

ACMA:GAME(14) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毛利VS潜夜は、毛利さんの勝利でしたね。
    勝敗を分けたのは、毛利さんのメンタルの強さだろうね。
    どんな時も冷静で、勝負に対する勝ちたいという思いかも…
    毛利さんの奥様もある意味では、強い人なのかも。
    対戦後の作戦会議。初って、作者さんのオモチャなのかな?扱いが酷い気がする…
    頭が良い筈なのに、何であんなに言動が残念な感じなの…

  • クレイ問題の決着がつく。
    はたして勝者は、どちらに。

  • 潜夜VS毛利戦決着。
    毛利さんと奥さんの幸せそうなシーンが好き。
    ACMA:GAMEの女性陣は個性が強いな。
    潜夜の能力は思っていたより地味だった!
    次巻の恋愛マスター、初くんが楽しみ。

全3件中 1 - 3件を表示

恵広史の作品

ACMA:GAME(14) (講談社コミックス)はこんなマンガです

ACMA:GAME(14) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ACMA:GAME(14) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ACMA:GAME(14) (講談社コミックス)の作品紹介

光聖高校3年・織田照朝は、容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群。それに加え、日本有数の財閥・織田グループの総会長でもある。そんな照朝の前に突如現れたのは、イタリアンマフィア・ベルモンドファミリーの御曹司、マルコ・ベルモンド。マルコが持ち込んだ“悪魔の鍵”によって、照朝の日常は一変する‥‥!! 新連載即、圧倒的人気を獲得した、究極の“頭脳×心理”バトル。それは、誰もみたことのない極限の遊戯!!

毛利の頭脳と島津の身体能力の前に苦戦を強いられる潜夜と悠季。しかし、潜夜の隠された悪魔の能力が満を持して発動される! その驚愕の能力を前に、不動の男、毛利がとった予測不能の行動とは!? 「粘土問答(Clay Dialogue)」、ついに決着!!

ツイートする