ハピネス(3) (講談社コミックス)

  • 103人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (6)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 押見修造
  • 講談社 (2016年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063956658

ハピネス(3) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 動きのある作画とか背景は怪しいけど、この人の描く表情は格別だ。絵から感じる焦燥感がすごい。五所さんがかわいい。
    物語は動き始めて何か大きな陰謀みたいなのを匂わせてきた。こういう展開になるのかーベタやなーと思いつつ、今後の押見修造節炸裂を今か今かと待つ。

  • 亡くした弟を重ね合わせる。
    愛してくれなかった母親を吸う。
    お腹に溜めた血を口移し。
    ああ。空がゴッホのようだ。

  • マフラーに半分顔が埋まってる五所ちゃんがかわいいと思いました(小並感)

  • まあ特にかもなく不可もなく。

  • 面白いんだけど面白いまま完結してくれるか不安。展開どうなるんだ

  • 勇樹くんがやっぱり良い奴で泣かせる。サクはあれで死んだのかな?吸血鬼でも首切られたらアウト?

    警察とは別の、吸血鬼の存在を知っている変な組織が出てきたけど、誠を守ろうとするお母さんかっこよかった。

    他の映画や小説でもそうだけど、中世に比べて現代の吸血鬼は生き難い。血を吸って殺せば当然殺人犯だし、不老不死だといずれ戸籍や証明書が無効になってしまう。ノラのように野良になるしかないのか。

全6件中 1 - 6件を表示

押見修造の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハピネス(3) (講談社コミックス)はこんなマンガです

ハピネス(3) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハピネス(3) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハピネス(3) (講談社コミックス)の作品紹介

「このまま死ぬ? それとも、同じになる?」。謎の少女に襲われ、決断を迫られたあの夜──。幸せでも、不幸でもなかった僕のありきたりな日常は、跡形もなく壊れてしまった…。『惡の華』押見修造が描く、鮮血のダークヒーロー奇譚!

彼の血を、これまで飲んだどんなものより“おいしい”と思った──。“渇き”に耐えられず、謎の少年・サクとともに勇樹の血を飲んだ岡崎。その後、勇樹はかつての仲間達とともに行方不明になってしまう…。一人助かった岡崎を殺そうと、再び姿を現すサク。窮地を救ったのは、“あの夜”岡崎を襲った少女・ノラだった! 血の臭いを辿り、夜の空を翔ける。瀕死の勇樹を無事発見した岡崎だったが、新たな異変はすぐに訪れ…。

ハピネス(3) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする