アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)

  • 621人登録
  • 4.00評価
    • (39)
    • (60)
    • (34)
    • (1)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 荒川弘
制作 : 田中 芳樹 
  • 講談社 (2016年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063957938

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いいですねー、原作知らずに読んでいるので、テンポいいくらいな感じで読み進めています。ヒルメスの気持ちもわからないではないけれど、アルスラーンがますます魅力的になってきてるので、なんとしても理想の国を作って欲しいと思ってます。ファランギースが表紙で、ニヤニヤが止まりません。次巻はまた半年先かあ、、。

  • あれまだここだったっけ?という感じ。アニメの1期ぶん行くまでどのくらいかかるのか…アルスラーンは相変わらずかわいいです。

  • エラム…(笑) まさかナルサスにあんな顔をするとは…!
    ペシャワールに着いたことでキシュワードのシンドゥラ相手の戦闘がかっこよかったことと、いよいよラジェンドラがやってきたことで、ますます先が楽しみになってきた巻。

  • ファランギースが超かっこいい。

  • 面白い。

    王に必要な素質は何か?
    正統な血、国を正しい方へ導く考え、政治力、人格者、魅力、民衆を引きつける力。

    ラジェンドラ王子があっさりと捕まった。なんでだ??

  • 35-40

  • 「昨日までは知るまい‼今日からは忘れるな‼パルス国に双刀将軍キシュワードのあることを‼!」名乗りがかっこいい。そのキシュワードとバフマンの護るペシャワールへやっと到着。しかし、ルシタニアへの反撃の拠点へとたどり着いたアルスラーン一行を待ち受けていたのは、衝撃の事実。

    アルスラーン王子がパルス王家の正当な血をひいていない。

    混乱と動揺ひろがるペシャワール。そこに舞い込んだシンドゥラ国の襲撃。アルスラーンに安寧の日々はまだまだ遠いです。ここまで旅を共にした仲間たちの存在は、心強いものでしょう。ダリューンの愚直な忠誠がまぶしい。



    おまけの「でん…かめんきょう」が爆笑。ザンデの憎めない部分が出てて好きです。ザンデは不器用なだけで、このルシタニア侵攻がなければ、次代の万騎長、カーラーンの後継者として歴史に残ったと思うんだよなぁ。おしいところで一流になれないけど、憎めない存在。

  • 知りたくない真実が見え隠れして仄暗い空気が漂う中で、アルスラーンの真っ白なキャラクターが希望であり光。
    なんて魅力的なんだろう。

  • 間があくと忘れてしまう。。
    でも1巻の間に引き込まれるのはさすが。緩急が良い。

  • アルフリード、アニメ版より可愛い女の子に書かれてる。「あたしの!ナルサス」も大ゴマのエラムの表情も荒川版でこそ楽しめる。

    シンドゥラ国の王子たちが登場。対面するヒルメスとアルスラーン。

    どうあってもアルスラーンが14歳。まだ14歳!何もかもを背負わせすぎてて大丈夫?みたいな気持ちで読んだ。

    そして、アニメ版と話がごちゃごちゃになるのも辛い。

全30件中 1 - 10件を表示

アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)の作品紹介

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く、世界最高の歴史ファンタジー、最新作!

アルスラーンの目前に、ついにペシャワール城が姿を現した。双刀将軍・キシュワードが治める、仲間との再結集の地! いまだ出会えぬナルサスも、ゾット族の少女・アルフリードの愛と、執拗なルシタニア軍との挟撃に耐えながら、再会の地を目指す!! パルスの全てを取り戻す…。彼らと一緒なら、叶えられる。仲間と希望を見据えるアルスラーンに訪れる、最大の試練!――正統の王とは、誰なのか──。揺らぐ、東方戦線!!

アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする