無敵の人(4)<完> (講談社コミックス)

  • 19人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 甲斐谷忍
  • 講談社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063958249

無敵の人(4)<完> (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 麻雀で連戦連勝を続ける。勝因はヘキを見つけるというのも少し苦しい。また目の動きの幅などから牌を想像するというのも限界がありそう。裏に他の人が見えない色をつけるっていつそれを実行するのか。甲斐谷忍さんも苦しくなって4回で投げたというような展開でした。

  • 最終巻。
    なんだかんだと異能力麻雀漫画になってしまった感があるので、ここでおしまいなのでしょう。最後も駆け足だったし。そういうのを読みたかったわけじゃないと思うんだよな。
    最終戦で、にぎやかしとストーリテラーだった順平が勝つのは予想外でしたが、よかったのはそれぐらいかなぁ。

  • 全4巻読了。
    順平のMへの想いが、Mを無敗の戦いからおろしてくれて、ただの少年に戻る。
    無敗のまま終わると思ったので、この終わり方には正直びっくりしたけれど、とてもよかった。
    プロ雀士との対局もどうなるものかとはらはらして、楽しめた。

全3件中 1 - 3件を表示

甲斐谷忍の作品

無敵の人(4)<完> (講談社コミックス)の作品紹介

『LIAR GAME』甲斐谷 忍、最新作! 運の要素が大きく「無敗」などありえないと言われる「麻雀」。ところが、日本最大のネット麻雀「雀仙」に、突如「無敗」のプレイヤーが現れる! 彼の名は「M」。その「無敵」さにイカサマを疑う「雀仙」運営会社は、高額賞金を用意。偶然「M」と知り合った貧乏フリーターの園川順平に不正の証拠を掴むよう命じる。偽りの友情を装い近づく順平。しかし「M」の強さの秘密を知った時、彼への熱き友情が芽生える! 「心」を取り戻すため「無敗」の壁に挑み続ける二人の麻雀友情譚、開幕!

歴代最強雀仙となった「M」こと瑞樹! 自分を思ってくれる人のために勝ちたい…。それは、順平と出会い、感情を取り戻しつつある瑞樹が初めて感じた勝利への渇望だった。そんな「M」にプロ麻雀界から挑戦状が叩きつけられる! 相手は、現役最強といわれるオッドアイの雀士・鬼崎 剣。「癖」を突けない圧倒的不利な状況で、順平が助けを求めたのは、なんと敵だったはずの「トーカン」で!? 激闘の完結編!

無敵の人(4)<完> (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする