山田くんと7人の魔女(26) (講談社コミックス)

  • 48人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉河美希
  • 講談社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063958300

山田くんと7人の魔女(26) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 記憶を取り戻すための儀式執行。そういえば、詫摩側の魔女って男ばっかりだっけ。6人目がそれ(表紙参照)って簡単に見つかるわけなかった。儀式後の描写は結構あっさり。3回記憶消されてるとかもう消されたりしないよね?

  • 最後の魔女の正体も判明し、無事に記憶を取り戻す儀式をした山田たち。
    消えた記憶部分はガッツリとやるとおもっていたので、拍子抜け。
    何度記憶を消されても、うららに告白する運命というところが良かった。
    それと、なんだか玉木が格好良くなってきた。

  • 記憶が戻ってよかったね。

全3件中 1 - 3件を表示

吉河美希の作品

山田くんと7人の魔女(26) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

山田くんと7人の魔女(26) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

山田くんと7人の魔女(26) (講談社コミックス)の作品紹介

朱雀高校一の問題児・山田は今日も先生に怒られて超不機嫌。そのうえ、優等生の白石うららと一緒に階段から落っこちて、死んだ! と思ったら白石と体が入れ替わっていた!! 相性サイアクな2人が、学校中を駆け回る!! すべてはキスからはじまった!!

失われた記憶を取り戻す覚悟を固めた山田。ところが“7人目の魔女”である詫摩にも、所在が分からない魔女があと1人いるという‥‥。ようやく見つけ出した、意外すぎる最後の魔女は‥‥!? 失くした記憶のカギを握る、山田の知り合い!!

山田くんと7人の魔女(26) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする