アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)

  • 530人登録
  • 3.99評価
    • (31)
    • (58)
    • (29)
    • (0)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 荒川弘
制作 : 田中 芳樹 
  • 講談社 (2017年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063959376

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アルスラーン:王たる者は兵士たちを飢えさせてはいけない・・・餓えさせるくらいならそもそも戦ってはいけないのだな

  • 今巻にはアル戦屈指の名場面が収録されているのですが、さすが荒川さん、見事な演出に台詞も覚えているほどなのに泣けた…
    あとジャスワントがらみのシーンがとても印象的だった。
    原作知っているからこその楽しみが毎回あります。

  • アルスラーン戦記は王都を奪還するまでが最高に面白い。シンドゥラ編などは特に。

  • 読み応えありましたー。ギーヴがいろんな意味で活躍していて、嬉しかったです。登場人物のなまえが難しくって、何度も読み返しました。ラストは心に染み渡る実に良いシーンです、、。

  • 自らの出自の謎に対する不安というのが漫画版では実に伝わってくる。OVA版のようなデザインの王子様より、この年相応なデザインのほうが共感しやすいのかなw

  • ペシャワール城から隣国シンドゥラへ。アルスラーンの成長も窺えるが、それ以上に部下たちの優秀さに圧倒されてしまう。
    17-105

  • シンドゥラの侵攻。

    バカな王子が相手だと、ナルサスの策が面白いように嵌る。

    ラストのアルスラーンとダリューンのやりとりがグッとくる。

  • アルスラーンは、本当に仲間に恵まれている。
    でも仲間の声に耳を傾けて、常に感謝の気持ちを忘れないアルスラーンだからこそ、この主君についていきたいと思うんだろうなぁ。

    主君に求められるのは、豪胆さでも敵を出し抜くような頭の良さでもなく、部下の強みを最大限に引き出すこと。

  • シンドゥラ編は各人が能力を発揮して活躍する王道展開で進むので、素直に楽しめてよい。
    そんな中でもナルサスの絵心ネタとかファランギース殿のザルっぷりとか笑えるところ、ナルサスによるアルスラーンへの教育、バフマンとアルスラーン、それぞれの苦悩などイイ場面が随所に挟み込まれていて、練られた物語だなーと改めて感じた。

  • アルスラーンの出自がモヤモヤッとしたところで、シンドゥラ遠征編に入る巻です。
    アルスラーンがどんどん成長していっちゃいますね(笑)
    しかし、実際の戦乱の時代には、こんな優しい君主は生き残れないでしょうね。

    ジャスワントも登場し、役者もどんどん揃ってきました。

全20件中 1 - 10件を表示

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)の作品紹介

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く、世界最高の歴史ファンタジー、最新作!

東の国境防衛の要、ペシャワール城で王太子・アルスラーンのもと再び結集した英雄たち。パルス奪還を目指し、王の道を歩むアルスラーンだが、銀仮面との邂逅がその信念を揺るがす…。苦悩する幼き王太子に新たな敵の報せが届く! 隣国シンドゥラの王子・ラジェンドラが5万の大軍を率いてパルスに侵攻。これを500の兵で打ち破ろうとする天才軍師・ナルサスの智略! 反撃の進軍! 異国の地でアルスラーンを待ち受ける運命は!

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする