エリアの騎士(57) (講談社コミックス)

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 月山可也
制作 : 伊賀 大晃 
  • 講談社 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784063959444

エリアの騎士(57) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良い終わり方でしたがかわいそうなキャラもいっぱいいたのは残念。

  • 今までなんで読んでなかったんだろう。
    とてもおもしろかった。
    逢沢傑のチートっぷりはシュートの久保嘉晴みたいだった。
    いやいやいや、と思うものの、やっぱり出てくると楽しく、ほんのり涙してしまう。

  • 最後は一気に走っておしまい。

全3件中 1 - 3件を表示

月山可也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

エリアの騎士(57) (講談社コミックス)はこんなマンガです

エリアの騎士(57) (講談社コミックス)の作品紹介

憧れの兄・逢沢傑はU-15日本代表にして鎌倉学館サッカー部主将。その陰に隠れるどころか、あだ名は「ミスターノーゴール」の弟・逢沢駆は精神的に弱く、ストライカーとしての自信を失っていた。そんな二人を襲った交通事故が全てのはじまりだった。駆は兄の心臓を移植されることで一人生き残った駆は、一度はサッカーをやめることすら考えたが、兄が抱いていた世界を目指す強い意志を知り、再びストライカーの道を歩き出す決意を固めた!

日本サッカーの至宝──そう称された兄を失い、その心臓を受け継ぐこととなったあの日から3年。いま訪れる真の惜別の時。偉大な兄・傑が最後に見せる奇跡のプレーは、残された者たちの心を揺さぶる。そして‥‥。託された想いを胸に駆は、夢の舞台に降り立つ。誰よりも兄が待ち望んだ「騎士」の姿で。

エリアの騎士(57) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする