銀盤騎士(10) (KC KISS)

  • 70人登録
  • 3.93評価
    • (2)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 小川彌生
  • 講談社 (2017年2月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063980127

銀盤騎士(10) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • 右足の手術を敢行しリハビリに専念する心。心臓の手術を受けるべきか悩む千登勢。
    「チーム雉子波」には想定外のアクシデントが!?
    人々の思いが交錯する中、ついにソチの地で最高の舞台が幕を開ける。

    心に続いて千登勢もついに手術を決意し、ひとまず健康面の心配はこれで一安心かと思ったら、ここにきてあの死にそうなコーチが入院に。
    この局面でコーチ交代ってかなり心配にもなるよね。
    ソチにはさすがに同行できないということであんまり千登勢の出番はないけど、髪切ったのは可愛かったな。こっちのほうが似合ってる。
    心もなんだかんだ色々あったけど見事な復活で、勝負の行方が気になるところ。

  • オリンピック前の怪我と言うとどうしても大輔さんを思い出して切なくなる私…
    あとは風太くんのフリーで涙腺崩壊です。麗人くんをずっと目標にしてた発言に改めて。
    「あきらめない」はカッコいいんだよ!

  • 佳境!早く続きが読みたい。

  • ここっぺが…あのここっぺが…確実に強くなっている!迷いを捨て、自分を信じて、真にカッコいい男になってきています。
    せーちゃんも勇気を出し、麗人くんも大人になり、カイルのわだかまりも消え、みんなの前に進んでいる姿、ラストに向けた流れにこうグッときますね。
    そして、田村先生と風太くんのやりとりが本当に不意打ちで。思いがけず涙してしまいました…。
    いよいよクライマックス。次巻が楽しみです。

全4件中 1 - 4件を表示

銀盤騎士(10) (KC KISS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀盤騎士(10) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀盤騎士(10) (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀盤騎士(10) (KC KISS)の作品紹介

オリンピック直前に右足の手術に踏み切った心。オリンピックで「呪文」をかけてもらえなくても構わないから、勇気を出して心臓の手術を受けてほしいと心に告げられ、悩む千登勢…。各国の五輪出場選手が出揃う中、「チーム雉子波」に想定外のアクシデントが!!

オリンピック直前に右足の手術に踏み切った心。オリンピックで「呪文」をかけてもらえなくても構わないから、勇気を出して心臓の手術を受けてほしいと心に告げられ、悩む千登勢…。各国の五輪出場選手が出揃う中、「チーム雉子波」に想定外のアクシデントが!!

銀盤騎士(10) (KC KISS)はこんなマンガです

ツイートする