逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)

  • 269人登録
  • 4.11評価
    • (24)
    • (26)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 海野つなみ
  • 講談社 (2017年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063980134

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • ドラマ版とはまた少し違った、穏やかな終わり方でこれはこれでまた良かった。
    百合ちゃんの番外編も面白かった。風見さんと末永く続いて欲しいな〜。

    そして恒例の後書き。ドラマの裏話が読めてよかった。作者さんにとってみくりは「小賢しい」娘ではなかったのね。
    最後に空井さんの件はまさに「逃げ恥」なエピソードだった。

  • おさまるところにおさまった。風見と百合ちゃんくっいて良かった。

  • あー読んでよかった!

    見事なハッピーエンド
    いろんなことからラクになれる漫画
    疲れた時にまた読みなおそう

  • ゆっくり読んだ!
    もったいないからね
    百合ちゃんなんだか悟りを開きかけてるきがするよ

  • ドラマ見ていなかったけど面白かった!!胸キュン的な要素も今の時代ならではの社会問題的な要素も両立しててすごい。
    みくりに共感ポイントがたくさんありすぎてわかるわかるーっと。

  • 潔さがよい。

  • 改めて全巻読み返してみたけれど、8巻からの盛り上がりが素晴らしかった。クライマックスに向かう疾走感とかオールキャスト総出演なにぎやかさとか、提示されていたすべての問題に一応の答えをだしつつ、新しい価値観や可能性についても提案しているわけで。まさに大団円。素晴らしいドラマ(TVドラマということではなく)だった。

    最終的には誰もがパートナーを、話し合いを重ねながら共に生活していける相手を見付けられた、ということが、この物語のゴールなのでしょうか。なんだかんだ一人のまま終わった人が一人もいない。
    一人じゃない。
    一緒に逃げてくれる人がいることの、なんという嬉しさよ。

  • ドラマのほうが好きかなー(о´∀`о)

  • やっぱり漫画の方が面白いし、みくりの小賢しさが強くていい。個人的には主人公には全く共感出来ないけど、ゆりちゃんには共感出来る。

  • 読了。人それぞれ幸せに暮らせるようで良かった。

  • よかった。とてもよかった。
    百合ちゃんがハッピーエンドでよかった。
    風見さんとの関係は長くは続かないかもって独白してるのが悲しいけど別れても友人として近くにいそう。欲を言うなら死ぬまで一緒にいてほしいw
    そして平匡さんとみくりの関係が超理想的。自分の意見を忌憚なく言えてお互いに努力や改善をして解決するってもうそれは二次元だからありえるんだよって思うけど羨ましい。平匡さんが欲しい。

  • もう、みくりと平匡さんはどーでもよくなっちゃって。笑
    百合ちゃんと風見さんにキュン死にです。
    ° ♡:.(っ>ω<c).:♡ °
    原作もドラマも最高でした!

  • 随所に出てくる、
    「あなたのそういうところ好きです」という言葉が暖かくて大好き。

    結婚、恋愛性の悩みには常に呪いがつきまとうのかもしれない。
    個人的には、百合ちゃんの大人観、作者のあとがきが「じん」ときました。

  • 多様性への寛容さ、主婦の労働問題、色々考えさせられたけれどなんといっても夫婦は話し合いが必要なのだと実感。ゆりちゃん、幸せに!

  • 良いの!すごく良い!!
    互いが思いやりと感謝で回るのがベストで、それを目指そうと!
    話し合って考えを伝えあう、伝えあえるのってコミュニケーションの根底だと改めて感じる。

  • 全9巻読了。
    落ち着くところに落ち着いた感じのみくりと平匡さん。
    生活スタイルを提案しあうふたりがかわいらしい。
    百合さんが風見の最後の告白で、自分で考えて出した答えがとてもよかった。
    年の差が大きいけれど、なんだか似てるふたりだから今後も仲良くすごせそう。
    全9巻、とっても面白かった。

  • 終わってしまった……な、最終巻。正直、比較的原作に忠実だったドラマが先に終わっていたので、原作の最終回はどこか既視感が……という感じ。まあ、あれだよね!百合ちゃんの恋の行方が大事だよね。しっかりそこは満足できます。うん。

  • みくりちゃんの就職が決まって生活スタイルにも労働条件にもズレが生じてきた所で会議を開く辺りがこのふたりらしくて素敵だ。月2回ハグの日の継続&オプション設定し直しをあえて口頭で伝えるとかどんなぷれいだよ(笑)

    そしてあのふたりだ。百合ちゃんのことばに刺さりまくりで吐血しそうだよ、百合ちゃん! アンチエイジングも確かに大事さ、大事だけどな、本当に大事なのは自分の生き方を他の誰でもない自分が、決めてそこに向かうことなんだぜ。
    百合ちゃんには幸せになって欲しいなあ。風見さんがあんなはにかんだ笑顔見せちゃうのは百合ちゃんだけなんだもん。

    ポジモンの生き方とか思考回路はイラっとすることしきりであるが、そしてなるだけ近くにいて欲しくないことしきりであるのだが! まあ、たまには役に立つものでもあるようだ。

  • みくり、平匡さん、百合ちゃん、風見さん、みんなが幸せな最終巻。ドラマのシーンも思い出せて読んでいてにやけ顔が止まらなかった。

  • もはや、
    百合ちゃんがヒロインだわ!
    表紙もしっかり百合ちゃんなんだしな!


    ポジティブモンスター五十嵐安奈は、
    高校生の時にアメリカにいたのか!
    ふむ。
    物を買う時に候補を比べませんか?
    就職するときに受けるのは1社だけですか?
    と、
    結婚も同じくでいいと思った人には一通り声をかけると。
    こちらが値踏みしてるのですから、
    値踏みされてもいいという覚悟のもとに!
    って、
    考え方は好きかもな。
    実際は、
    ちょっと嫌だって思うかな。

    と、
    風見さんの、
    いいと思って手に入れて、
    消費して、
    飽きてしまったら取り換えるだって!
    それに何の意味があるとまで!

    心の内側から来る「いい」ならば、
    飽きるってこともないんですけどねぇ。。。
    で、
    五十嵐安奈は百合ちゃんと面談までこぎつける!
    で、
    五十嵐安奈は百合ちゃんからクリティカルヒット!
    年かぁ。。。
    呪いかぁ。。。
    鏡の法則やらなんやらですかね?
    ふと、
    自分の本心に気がついた百合ちゃん、風見さんが好きだって!
    で、
    そんな百合ちゃんと風見さんがエンカウントなう!
    断ち切る覚悟をする風見さんに対し、
    好きといってしまう百合ちゃん!
    54歳なのにかわいい!
    キスは積極的なのね百合ちゃん!
    って、
    番外編はもちろんまぐわいの話。
    そう、
    百合ちゃん経験ないんだものね。
    お医者様に相談するも、
    結構いるらしいです高齢処女さんって。
    それこそ、
    お互いがお互いを思いあってればその程度はなんでもない壁で、
    案外どころか、
    簡単に超えられちゃう障害でもなんでもないワンステップだっただけね。
    で、
    好きな人が恥ずかしがるってごちそうなんですよって風見さん!
    わかるわ!
    って、
    こちらのカップルも末永くお幸せに!
    2人も共、
    棺桶に入るまで一緒ですよね?ね?

    はたきこみ!
    はたき込みを喰らうみくりさんですが、
    立ち上がって契約社員からですが社員への道を手に入れた!
    で、
    社員になったら平匡さんと入籍ですか!
    ついに!
    で、
    経過報告会議をCEO同士で行う。
    なんか固いし、
    会議ってぎこちないかもしれないけど、
    こういう話し合いって良いよね、実際はしなさそうですが、
    僕はやりそう。
    って、
    そういうことも含めて相性なんじゃないかな?
    違う?
    なにはともあれ、
    おねだりはどんどんだって!
    ハグに、
    おでかけのチューだったり、
    バカップルか!
    で、
    あっさり結婚なう。
    指輪って契約って感じがしますねだって!
    写真を撮ってもらって終わり。
    末永くお幸せに!

    あれじゃねーよー!
    沼田さんどうしてそうなった?!
    で、
    沼田さんが大清水さんとの相談を平匡さんにする!
    つか、
    そんなこんなで沼田さんにもカミングアウト!
    で、
    沼田さんと大清水さんは同棲はないみたいね。
    同性愛者なのに。
    まぁ、
    末永くお幸せに!

  • 良い終わりだ…!みんなが幸せになれる、素敵な物語の終わり方。番外編の最後の一行は、たくさんの未来や物語が詰め込まれていて、とても好き。

  • 最終巻。ドラマも面白かったけど、漫画はもっと社会的な問題の意識が強くて読み応えがあった。

    夫婦の思っていること、子育て、高齢処女、童貞など、いろんな人があまり口にできなくて悩んでいることを代弁してくれてるんだと思う。

    どれも相手に話さないとわからないこと。そこが難しいところではあるんだけど。
    受け止めてくれる相手がいるのは素敵だなぁと思う。

  • 「夫婦をこえてゆけ」。いまさらながら、すごいスローガンだ。最終話よみ改めて考えさせられている。マンガとメディア化の相乗効果すばらしく成功したケースよね。そして百合ちゃんの番外編が素敵すぎる。

全23件中 1 - 23件を表示

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)のKindle版

ツイートする