東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)

  • 304人登録
  • 3.63評価
    • (17)
    • (24)
    • (30)
    • (5)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 講談社 (2017年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063980240

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
東村 アキコ
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • 途中からタラレbarを読むためだけに購入していたが、最終巻のソレも個人的には本編よりも非常に面白かった。
    読み始めた当初は内臓がキューっとなっていた箇所も年数を経て耐性がついたのか、諦めたのかはわからんが、平然を保ててる自分を褒めてあげたい。

  • 完結。
    終わり方には賛否両論あるけれど、自分としては良い終わり方だと思った。結局は、巻末おまけ漫画でのラストの格言のように「みんな 何かしらで/幸せになれ!!!」ということだと思うし、それは深く納得できる話だと感じる。何が幸せかも、幸せが必要かも、最後は自分で決めればいい。

  • 全9巻読了。最初の勢いや暴投ブリを思うとわりと優等生的にまとまって終了した印象。それにしても早坂さんは天使要因だったのだろうか!?と思うほどの引きだった…物分かりがいいにも程がある。全編女子のキャラはうるさい程タッテたけど、男子キャラがイマイチ弱かったなぁと思う。タラレbarは安定のクオリティ、もう独立しちゃいそうな勢い。

  • すっきりさっぱりいい終わり方でした。

  • 同棲し始めたばかりの彼女が年下モデルと浮気…。
    早坂さんがあっさりと倫子を許してしまうのに違和感がある。
    倫子もあまり罪悪感がなくKEYと付き合い始めてしまうし。
    でもドロドロした三角関係をダラダラ読みたいとも思わないので…まぁいいか。
    巻末のタラレBarは面白いです。

  • とにかくラストが納得いかない。
    KEYとくっつくのはまぁ100歩ゆずってアリとしても、くっついて終わりかい!!というのが問題。アラサーアラフォーにとっての真の問題はその先なのでは?
    そしてマミちゃんと早坂さんがいい人すぎる。
    ってかKEYの過去を知った時点で「事情が変わった」とかいって押しかけてくるところからもう意味が分かんないのよね。倫子がすごい一生懸命幸せを掴もうとしてるのに…
    「真の愛情を追いかけさせるのが友達」って…真の愛情って何??不倫やセカンドはどうカウントされるんかい?
    って、もうなんか突っ込みまくりで終わってしまった。
    あとあの風船は本当謎。

  • 201707/いい終わり方だったけど、まわりの登場人物達が作者によってみんな倫子の為に動かされた感が強くて惜しい。でも最後まで面白く読んだ。

  • タラレバ娘、完結。もう少し続くのかなと思っていたのですが、長過ぎず良いタイミングでの完結な気がしました。本編の内容は、タラレバ娘らしさプラス程よい少女漫画で面白かった。
    2人が結ばれてハッピーエンド!というだけではなくて、2人の関係を予感させながら、少しの変化を伴ってこれからも時が進んでいく…という終わり方がよかった。また東京オリンピックの時期にみんなのその後を読んでみたいなと思いました。
    東村先生の最後のコメントには(色んな意味で)少しホッとしました。連載お疲れ様でした!

  • 結局何と思わざる終えない。
    けど、何となくは分かる。
    必要以上に何かを我慢する必要はないけど、自分が本当は何をしたいのかと真剣に考えた時、現実逃避のように何かに溺れるのは馬鹿なことだと言いたいのよね。
    分かる分かる。
    つまるところさじ加減で何をしてもいいのよ。

    でも間違えるな!女子会はいくら楽しくたって大切な友だとしても、本来の目的ではない事を。
    楽しかった。
    ありがとうタラレバ娘。

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)のKindle版

ツイートする