時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)

  • 95人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 織田一朗
  • 講談社 (2017年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065020418

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1日は24時間で、1時間は60分で、1分は60秒。ずーーーっと当たり前
    のこととして疑問を持たずに生きて来た。でも、最初に時間という
    概念を思いついた人がいるんだよね。改めて考えると凄いわ。

    太陽の動きによって、木や岩の影の長さや方向が変わるのを見て、
    時間の存在に気がついたのだそうだ。そこから人類は「時間」を
    知ろうとする努力を積み重ねて来た。

    本書は人類が「時間」に出会ってから、それを知るために時計を
    作った歴史のお話である。

    面白いわぁ。特に古代の時計の話の数々は魅力的。日時計から始まっ
    て、水時計、火時計、砂時計、花時計など。どれも試行錯誤しながら
    改良を加えて、より正確な時刻を知ろうとしている。

    天文学と深い結びつきのある時計だが、天文台と一緒になった中国・
    北宋時代の水運儀象台は高さ12mになる巨大な水時計だったらしい。
    本書では写真が掲載されているが、これは本物が見てみたい。

    そして、花時計。今まで花壇の上を針が回るのが花時計だと思って
    いたんだが、これは違うそうだ。本当の花時計は開花時間の異なっ
    た数種類の花を植えて時間を知るものだった。

    こういう花時計。どこかにないかな。時刻の正確さは抜きにして、
    花の咲く時間で時を知るなんてロマンティックじゃないか。

    昔々の目覚まし時計は時間精度が低くて、目覚まし時計呼べるよう
    なものではなかったとかも面白い。

    時代が進むごとに時計は小型化と正確性が求められるようになり、
    腕時計も時代と共に進化していく。

    今では携帯用端末を時計として使っている人が多いのか、腕時計
    をしている人も少なくなった。でも、凄いんだよ、腕時計。

    手首に着けられるサイズなのに、小さな小さな部品がいっぱいに
    詰まっていて、しかも正確に時間を刻んでくれるんだから。

    各章の間には「時」と「時計」に関するコラムもあり、知らないこと
    ばかりが多くて勉強にもなった。

    尚、1日が24時間なのは十二進法や六十進法を多用していたシュメール
    人がバビロニアで文明を開化させたかららしい。

    どれだけいろんなものを発明してるんだよ、シュメール人。天才の
    集団か。

    本書の表紙カバーの写真は、マリー・アントワネットが金に糸目をつ
    けずに天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲ作らせた時計なのだが、
    これ、復刻版があるんだよね。展示用で販売の予定はないようだ。

    欲しいけれど、ブレゲの時計だから市販されたとしても高価過ぎて
    買えないだろうな。シクシク…。

  • どうも読み進んでも、私はあまり興味を持てませんでした。

  • 「時間」の存在に気づいた約5000年前から、
    人と時計の悠久の歴史が始まる。
    日時計・水時計・砂時計・火時計・・・そして機械式時計へ。
    「神」のものであった「時間」は「人」のもとへ。
    それは、生活・宗教・政治のために。
    金属加工・合成の技術の向上・・・振り子やゼンマイの発明、
    大量生産。
    更には、電池、電子技術の発展からのクオーツやデジタル。
    そして原子時計と、精巧さ、正確さが追求され・・・未来へ。
    時計の仕組みがわかりやすい図と
    丁寧に綴られる文章には好感が持てました。
    また、索引と参考資料もわかりやすいし、コラムも楽しい。
    日本人の技術の素晴らしさにも気づかされました。
    読み進めるうちに、時計の博物館へ行って、
    実物を見てみたくなりました。

  •  
    ── 織田 一朗《時計の科学 人と時間の5000年の歴史 20171213 講談社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4065020417
     
    https://twitter.com/booklogjp/status/940868952653254656
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19941025
    ── 織田 一朗《時計の針はなぜ右回りなのか 19941025-19951212 草思社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4794205783
     
    (20171213)
     

全5件中 1 - 5件を表示

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)のその他の作品

織田一朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
又吉 直樹
三浦 しをん
恩田 陸
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)の作品紹介

人類が「時間」の存在に気付いたのは、いまから5000年以上も前のことです。
太陽の動き利用した「日時計」から始まり、周期を人工的につくりだす「機械時計」の誕生、精度に革命を起こした「クオーツ時計」、そして時間の概念を変えた「原子時計」まで、時代の最先端技術がつぎ込まれた時計の歴史を余すところなく解説します。

ツイートする