ワニ男爵(1) (モーニング KC)

  • 24人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岡田卓也
  • 講談社 (2017年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065100585

ワニ男爵(1) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インパクトはある、と書くべきか、インパクトしかない、と書くべきか
    漫画読みの端くれとして、これまで、それなりの量の漫画を読んで来た自負はある。食系の漫画も、そこそこは押さえていると思っている
    これまで、様々な主人公が、食系漫画の魅力を引き上げてきた
    オカン系のヤンキーやヤクザもいれば、異星人もおり、どマイナーを通り越してアブノーマルな食材が好きなJKもいて、時には雀士と料理人、どちらも凄腕の奴もいる
    大概のキャラじゃ驚かないぞ、と思っていたが・・・・・・この『ワニ男爵』に関しちゃ、開いた口も塞がらん
    まさか、鰐顔ではなく、リアルに鰐の紳士が主人公を張るとはな
    だが、この作品、奇抜さだけで勝負しちゃいない。何気に、食の描写もしっかりしてるし、リアクションも丁寧だ。肉食獣のピラミッドの上位に位置すると言っても良い、鰐が食にこだわる。シュールではあるが、妙に彼の信念は響く、胸に
    ふとしたタイミングで、野生に戻ってしまう、そんな危うさも、彼の魅力と言っても過言じゃないだろう
    また、鰐男爵こと、アルファルド・J・ドンソンの相棒を気取るウサギ、ラビットボーイが、ブレぬクズで、しょうもない奴だってのも、却って、ストーリーに好い味を付け足しているようだ
    この(1)で、読み手に相当な衝撃を与えてしまっているので、次巻は、よほどの内容でないと、目の肥えた漫画読みは満足させられないだろう
    果たして、岡田先生は、このプレッシャーを跳ね除け、ドンソンらの魅力を最高の食事で引き出せるんだろうか?実に、楽しみだ
    どの回も、強烈の一言に尽きてしまう。その中でも、個人的に「ほぉ」と思ったのは、第6話「フレンチトースト編」だ。まさか、鰐が食だけでなく、恋まで語るのか、この漫画。しかも、妙にアドバイスが的を射てるもんだから、苛立ちなんぞ、まるで湧かん
    この台詞を引用に選んだのは、いっそ、拍手でも送ってやりたくなったので。凄いな、コイツ。一周回って、男らしさすら感じそうだ。ゲスも突き詰めれば、それなりの印象くらいは残すか。大したもんだ。(2)では、どんなゲス発言が飛び出るか、楽しみにすらなっちまう

全1件中 1 - 1件を表示

岡田卓也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あらゐ けいいち
有効な右矢印 無効な右矢印

ワニ男爵(1) (モーニング KC)の作品紹介

彼の名はアルファルド・J・ドンソン。ワニ。職業:小説家。楽しみは仲よしのややヤンキーなウサギ、ラビットボーイとの食べ歩き。超ジェントルマンだけど、時々お店で「野生」が暴走して…。うどん県で讃岐うどん、三陸あたりでカキ小屋…ご当地グルメを前に繰り広げられる、野性と理性のせめぎ合い! 動物好きも、食べ歩き好きも、貴族好きも、『あらしのよるに』好きもきっと満腹。なさそうでなかったグルメ漫画、誕生!

ワニ男爵(1) (モーニング KC)のKindle版

ツイートする