進撃の巨人(23) (講談社コミックス)

  • 517人登録
  • 3.79評価
    • (20)
    • (44)
    • (33)
    • (4)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2017年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065101001

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 世界中の人々から、疎まれ、蔑まれるエルディア人。
    島に住むかつての同胞たちを殲滅すれば、世界から認められるのだとうそぶくが、大人は内心では信じてはいない。
    戦士を夢見る子供たちの純粋さがせつない…。
    同士討ちをさせる人間の醜悪さに反吐が出ます。

  • てっきりライナーたちの過去話なのかと思ったら未来、現在だった。アルミンとエレンが頑張ってるのか

  • いきなり年月が飛んでいて、軽く混乱。逆サイドから見ると、こういう解釈になるのか…。何が正義かわからなくなる。伏線もわからなくなってきたので、いったんおさらいした方が良さそう。

  • おお…最初意味分からんかったぞ。4年経ってる上に海の向こうかー。4年…の割にライナー老けすぎ…?
    エレンサイドが一切出てこなかったけど、次に出てくる時はみんな大人になってんのかー。
    読んでて、諫山さんて遠回しな表現する。というか誰にでも分かるような表現をしようとは思ってない気がする。と、あらためて思った。

  • まさかのライナーの数年後のお話。
    獣や鎧の巨人の力を継承するために奮闘する少年少女たち…。
    ライナーが親族たちにエレンたちとすごした日々のことを話すシーンが印象にのこった。

  • 弟より借り本。一瞬なんの話?と戸惑ったけど、4年後のライナー側、エルディア人の話なのか… 急に飛んだ感はあったけど読み応えは十分で、ライナーの事情が分かってくるとどちらも辛いなぁ。これは1巻から再読したらまた違った読み方ができるかも、後で借りに行こうかな。

  • あっち側と、こっち側。
    ・・・1巻から読み直したくなってきたかも。。。
    早く次巻が読みたい!

  • この巻もえ?ええっ?の連続でした。今回はライナーのお話…色々すごかった。そしてこの巻では終わらず続く。気になる…!エレン達が必ずしも正義という訳ではなかったのか…

  • ネットであらすじを読んでおり、何だか、間延び感があるような気がしていたのですが、実際に読んでみたら、なかなか面白かった。

  • 巻が変わっていたとはいえ、唐突に話の内容と登場人物が変わっていた事に驚き。
    前巻の内容から4年経過してるのか。調査兵団もかなりの数を減らしていたし、展開的にも一区切り出来るものだったから、こうして時系列が飛ぶ形でライナー達の事情を描くには良いタイミングだったのかもしれない。……まさかこの巻丸々使ってもライナーサイドが終わらないとは思わなかったけど

    まだまだ事情が判らない面もあるけれど、こうしてガビ達など活き活きとしている登場人物たちを見ているとライナーサイドに愛着が湧きそうになる辺りが恐ろしい
    特に調査船団がエレン達によって沈んだ辺りの描写なんて、エレンが完全に悪役として描かれてるもんなぁ。まさかここからライナー主人公で進行するとか無いよね?

  • 壁の向こうの正義の話。
    嘘予告の続きが気になる。

  • 展開が一気に進んでしまってるな...
    空白の期間がどんな話になるのか次巻を期待しよう。d(^_^o)

  • 前回から4年後かつ別視点でのお話。兵器としての巨人と、巨人の時代に終わりが見えてきたような香りが印象的でした。

  • そっか、そっちサイドから描かれる訳か~。なるほど、分かりやすい。よくよく見てみると、個々人の描き分けはかなり緻密になされているんだけど、物語の性質上、暗い表情しか見られないこともあって、やっぱり人物の見分けが難しい。そのせいでいまひとつ理解が追いついていない部分もあり、同時に発売されたキャラブックでもう一度復習しないと、って感じ。巨人が役に立たない世界、ってのがゴールなんでしょうか。

  • 「正義の反対は悪ではない、また別の正義」って言葉はホントその通りだなと思わせてくれる展開。

    良い漫画は悪役にもしっかりとしたストーリーがある。

  • あわわわーそうくるか。マーレとエルディアの話。ジークめちゃ大人になっとるやんけと思ったけどそうだよねグリシャが渡ってくる前の子供だもんな。王家の話はしてないのか…。どういう意図があるんだろう。
    ライナーが戦士になりきれてなくて切なくなった。ユミル…そんなあっさり…。
    てかどういう世界なの、同じエルディア人だって言ってないの?なんで戦争するの?一体世界とは…争いとは…

  • いきなり場面転換していて、理解が追いつかなかった。次巻の展開が怖い。

  • ここにきて、急に世界が広がって設定も増えて、ちょっと着いていけないんですけどー。とりあえず分かるのは、ライナーとベルトルトとアニは「別の国」の人だったということ。壁の中は中世ヨーロッパ風の世界だったけど、壁の外は近代ヨーロッパで、近代文明が中世文明に苦戦しているという状況がよく呑み込めない。

  • 同じ民族同士で戦ってるってことか

  • 知ってる人がいない表紙…でも2人は知り合いだったのね。

    敵側を描いて情をわかせるつもりだな!?と思いつつ読んでいた。
    女性が魅力的だなと思った。

    4年経ってるんだね!?

    最後一コマだけどアルミン出てきたの嬉しかったです。

    ライナーがひっくり返ってるところと嘘予告笑った。

  • 外にも人がいたんだとな!!

  • その後のライナーの話とライナーの過去の話とライナーのライナーのライナーのライナーづくしでそっち側から話でした。
    相変わらず絵はヘタクソ

  • なんかいきなり数年後の未来になって、過去に戻って、えっ?ってなった。いったん進撃の巨人にそんな意味があったとは。エレンはどっちの味方なの??

  • 今回主人公たちは全然出てこない笑
    ライナーやらジークやら、マーレ側の内情のお話とライナーの過去編って感じ。

    ここのところかなり込み入っていて話が難しくなってて22巻もう一回読み直した。読み直してもあんまりよくわかんない。マーレはどこと戦ってるんだ…「呪われたエルディア人」以外にも敵がいるんか…と、悩みが尽きません(笑)

    マーレは巨人の力を兵器の1つとして軍事利用していて、パラディ島以外の周辺国とも戦争中であるっていう認識で良いのかしら。マーレが保有している巨人は「鎧(ライナー)」「獣(ジーク)」「顎(ガリアード)」「車力(ピーク)」の4つかな。おいおい4つも持ってるんかい。
    パラディ島の壁の中に暮らしてるエルディア人が保有している巨人が「始祖(エレン)」「進撃(エレン)」「超大型(アルミン)」「女型(アニ※結晶化…だったよな?)」のこれまた4つか。始祖の巨人から分かたれた「九つの巨人」だから、あともう1ついるはずだけど…。
    ジークの思惑はどこにあるんだったかな。なんで両親を裏切ったんだっけ?今は何を考えて動いているのだか…。

    押さえきれていないことが山盛りあって理解不能なことが多いけど、とりあえずパラディ島のエルディア人とマーレ軍が分かり合う平和的解決は果てし無く困難なことはわかる。

全33件中 1 - 25件を表示

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする