進撃の巨人(23) (講談社コミックス)

  • 703人登録
  • 3.75評価
    • (32)
    • (65)
    • (64)
    • (5)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2017年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065101001

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 過去編かと思ったら、むしろ時間が経過した後だった。
    こっち側の正義についても描くのズルイわー。
    ライナー、おっさんすぎて全然気づかなかった。苦労してるのね…?(/_;)

  • あ、これ調査兵団との戦いから逃れたライナーとジークの話なのね。大混乱。

    あとライナー不憫過ぎる。
    多分彼にとってマーレ側の仲間も大事だけどエレン達も大事な仲間だったのかも
    ライナーなお母さんだけが察する
    仲間を悪魔呼びしながらも思い出が頭が巡るライナーが寂しい

    エレン達と対峙したガビは何を思うのか
    どうなるのか怖い

  • 巨人の正体が明かされていく23巻。もっと単純な話かと思っていたら、どんどん複雑になっていくなあ。どこかで一から読み直さないと見落としが多分にありそう。

  • 島の兵士たちが、自分たちが戦っていた相手の正体を知らなかったように、
    大陸の戦士たちは、その正体を知らないまま「殺し合い」をしている。

    4年の時間が流れる間に、その真実を知った兵士たちはどう変わったのだろう?
    未だその真実を知らないままの戦士たちとでは、どちらが強いのだろう?

    おそらく「資源」という点では、閉鎖的な環境であるパラディ島は最も貧困であるのだろう。
    けれど、正統なる女王の下、全ての国民が真実を共有している彼らは、きっと国としては強いのだろう。

    しかしまあ、戦争ってよくないよな。

  • 前号で大体終わったしもう買わないつもりだったのにコンビニで見かけてつい習慣で買ってしまった。視点を変えて語り直すってことなのかしら。次は間違えないようにしたいと思う。

  • えーと…時系列が分からんぞぅ( ^ω^)

  • 一瞬読んだら違う作品かと思ったくらいに場面が飛んでいて焦った。

  • 話しに着いて行けなくなってきてしまった(><)
    これも刊行ペースが遅いのが原因だ!
    まぁ、仕方ないけど。

  • まさかの新天地での新展開…

    圧倒的な力を誇っていた巨人なのに、兵器としては時代に取り残されているような感じがして少し寂しくなる。

  • 過去か次世代の話で物凄く時間が飛んでるのかと思ったらそうでもなかった…。
    四、五年経ってもライナーはあんま変わらないですね。

    でも「あれから数年後…」みたいな説明も何もなしにシレッと物語が始まるから、購入忘れた巻が有ったのか!?とかちょっと混乱した。

    未知の生物vs人間かと思いきや、人間vs人間の戦争で、一つの戦いについて、見る側を変えて物事を判断すると善悪の価値観大逆転的な事が描かれていたり、巨人も戦闘兵器として戦うけれど塹壕がどうとか榴弾がどうとか捕虜がどうとか、なんかもう本当に普通の戦争物みたいになってきていていて、この話を読み始めた当初に感じた『面白い』とは違う種類の『面白い』になってきちゃったけど、まあ、それはそれで…。単純に戦争物好きだし……。

  • 世界中の人々から、疎まれ、蔑まれるエルディア人。
    島に住むかつての同胞たちを殲滅すれば、世界から認められるのだとうそぶくが、大人は内心では信じてはいない。
    戦士を夢見る子供たちの純粋さがせつない…。
    同士討ちをさせる人間の醜悪さに反吐が出ます。

  • てっきりライナーたちの過去話なのかと思ったら未来、現在だった。アルミンとエレンが頑張ってるのか

  • まったく違う世界の話が始まったかと思った…
    過去と未来が交錯してこれからどうなるのか、まだまだ続きそうですね。

  • 全巻とは違う登場人物だったので状況が把握できるまでに時間がかかった。
    何回か読んで理解できた。

  • 過去とも未来とも分からない記憶のによって状況が少し掴みきれなくなってしまった!
    ただ、敵味方ともに戦場に出ている者たちは自分たちの正義のために戦っている!

  • いきなり年月が飛んでいて、軽く混乱。逆サイドから見ると、こういう解釈になるのか…。何が正義かわからなくなる。伏線もわからなくなってきたので、いったんおさらいした方が良さそう。

  • おお…最初意味分からんかったぞ。4年経ってる上に海の向こうかー。4年…の割にライナー老けすぎ…?
    エレンサイドが一切出てこなかったけど、次に出てくる時はみんな大人になってんのかー。
    読んでて、諫山さんて遠回しな表現する。というか誰にでも分かるような表現をしようとは思ってない気がする。と、あらためて思った。

  • まさかのライナーの数年後のお話。
    獣や鎧の巨人の力を継承するために奮闘する少年少女たち…。
    ライナーが親族たちにエレンたちとすごした日々のことを話すシーンが印象にのこった。

  • 弟より借り本。一瞬なんの話?と戸惑ったけど、4年後のライナー側、エルディア人の話なのか… 急に飛んだ感はあったけど読み応えは十分で、ライナーの事情が分かってくるとどちらも辛いなぁ。これは1巻から再読したらまた違った読み方ができるかも、後で借りに行こうかな。

  • あっち側と、こっち側。
    ・・・1巻から読み直したくなってきたかも。。。
    早く次巻が読みたい!

  • この巻もえ?ええっ?の連続でした。今回はライナーのお話…色々すごかった。そしてこの巻では終わらず続く。気になる…!エレン達が必ずしも正義という訳ではなかったのか…

  • ネットであらすじを読んでおり、何だか、間延び感があるような気がしていたのですが、実際に読んでみたら、なかなか面白かった。

  • 巻が変わっていたとはいえ、唐突に話の内容と登場人物が変わっていた事に驚き。
    前巻の内容から4年経過してるのか。調査兵団もかなりの数を減らしていたし、展開的にも一区切り出来るものだったから、こうして時系列が飛ぶ形でライナー達の事情を描くには良いタイミングだったのかもしれない。……まさかこの巻丸々使ってもライナーサイドが終わらないとは思わなかったけど

    まだまだ事情が判らない面もあるけれど、こうしてガビ達など活き活きとしている登場人物たちを見ているとライナーサイドに愛着が湧きそうになる辺りが恐ろしい
    特に調査船団がエレン達によって沈んだ辺りの描写なんて、エレンが完全に悪役として描かれてるもんなぁ。まさかここからライナー主人公で進行するとか無いよね?

全47件中 1 - 25件を表示

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)の作品紹介

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

「獣の巨人」達との戦いの末、地下室に辿り着いたエレン達。そこで彼らは、グリシャの遺した本と記憶により、グリシャの生い立ちや壁内にやってきた真の目的を知る。そこから明らかになったのは、エレン達が相手にしているのは、これまで戦ってきた巨人よりもさらに巨大な「世界」そのものだという事実。壁の向こうに自由が無いこと、海の向こうには敵が待ち受けていることを知ったエレン達の行く末は……。

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする