アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)

  • 347人登録
  • 4.00評価
    • (14)
    • (22)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 荒川弘
制作 : 田中 芳樹 
  • 講談社 (2017年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065103791

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容よりも帯の12月に原作の完結巻が出るという情報で激しく動揺。どれだけの主要登場人物が殺されてしまうんだろう。

  • 王位継承争い。
    が、気が付けばダリューン対怪力男。

    ダリューンには、虎のマントを是非身に付けてほしい。

  • 原作の何倍くらいの感じで進んでいるんだろう?原作が完結したっていうのもあって、それがちょっと気になりました。物凄くはかない記憶しかないけど、ダリューンと化け物の一騎打ち、確かにあった気がします。バフマンは、このタイミングで、こんなにあっけなく死んでしまうんですね。この戦いのどこかで死ぬってことは覚えていたんだけど、アルスラーンをかばってってのは忘れてました。当時もそうだったけど、こうして万騎長が続々死んでいくのが切なくて…確か、ダリューン、キシュワード、クバートしか残らないんですよね。そのクバート、登場が待ち遠しいです。

  • 購入。ようやく届いた。

    やっぱりダリューンは強い!もう惚れ惚れするぐらい格好いい!それだけで満足(笑)

    私的に原作小説が完結!?との話でホッとしてます。生きてるうちに読めそうで、良かったよ~(^-^)

  • シンドゥラ遠征終幕の8巻。
    ガーデーヴィとラジェンドラ。シンドゥラ国の二人の王子を見て、アルスラーンは何を思い学ぶのか。

    猛虎将軍ダリューンの強さが際立つシンドゥラ遠征でした。
    ところで猛虎将軍。セリカを懐かしんでいるようですが、彼の国で何があったのですかな?にやにや。

    そこの話もコミックでやってくれたら嬉しいなぁ。

  • 読了。面白かった。

  • 大規模な決戦、迫力の神前決闘、そしてバフマンの死…さすがの荒川さんの力量に安心して物語が楽しめます。
    虎マントわろたw

  • 読了

  • ずっとシンドゥラ遠征の話だから表紙の人が全く出てこなかった…。
    戟が出てきたのがなんか嬉しかった。絹の国の話もちょっとは拾ってくれるのかな。
    相変わらず表情が生き生きしていていいなあ。アニメでさっくり終わったあたりをちゃんと描いてくれていてよかった。作者コメントどおりヒルメス王子がいないからちょっと寂しいかも。

  • 次巻でシンドゥラ編は完結。今巻では神前決闘が見所。戦闘者のダリューンより、見守るアルスラーンが格好良い。最初、荒川弘のアルスラーンのデザインはちょっと弱々しいかなと思っていたけれど、話が進むごとに頼もしくなり、見せ場も増えて、違和感はなくなってきた。

全11件中 1 - 10件を表示

アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)の作品紹介

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く、世界最高の歴史ファンタジー、最新作!

王位継承争いに揺れる隣国シンドゥラ。王都奪還のため、国境付近の憂いをなくしたいアルスラーン一行は、弟王子・ラジェンドラと攻守同盟を結び、王位継承戦に参戦する。目指すは、兄王子・ガーデーヴィのいる国都ウライユール! しかしガーデーヴィが誇る、不敗にして無敵の戦象部隊と兵力15万の大軍がその行く手を阻む! 仲間を信じる…。王太子・アルスラーンの決断がもたらすのは!? 王位を懸けた最終戦、神前決闘開幕!

アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)はこんなマンガです

アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする