進撃の巨人(24) (講談社コミックス)

  • 356人登録
  • 3.88評価
    • (13)
    • (17)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2017年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065105481

進撃の巨人(24) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ライナー視点で終始話が進みますが、一巻のあの壁の崩壊がこういう経緯で起きていたんだと分かり鳥肌立ちました。
    諌山先生、凄すぎる。
    前巻で登場した負傷兵はやっぱりエレンでしたね。
    ラストも物凄く気になる終わり方で早く続きが読みたい!!

    嘘予告の兵長のエレーン呼びが今回もジワジワきます(笑)

  • あれ、エレンだったの・・・・・・!!!!

  • 諫山創はすごいな。
    長期連載しててこれだけキッチリ過去を回収してるマンガ他にあるかね。
    最後の数ページは震えた。
    早く続きを知りたい。

  • 物語冒頭のウォールマリア破壊、の一方その頃のライナー達は…という感じだった。
    あの三人の妙にギスギスした雰囲気はこういう事だったのかと腑に落ちる話し。

    エレンによる「巨人絶対ゆるさねぇ!!」って話からズレて来た辺りでちょっと振り落とされそうになったけど、またじわじわ面白くなってきたので次の巻も期待。

  • エレーーーーーーーーーーーーン!!!??
    イケメンになったな…
    アニメでやったら声でバレるやつじゃん…漫画の特権だな…ていうかミカサとアルミンは?どうしたの???
    着物の女性がミカサだったりするのかな。いやしかしちょっと老けす…げふんげふん

    進撃は先がまっっっっっったく読めないから好き!

    ライナー側のキャラソンも作りそうだなぁ陛下。

  • 壁を壊されるまでのライナー、ベルトルト、アニの話、そうやって繋がっていったんだね。

    エレン、途中で何があったのかな。

  • アルミンのアレと、戦槌の巨人みたいな

  • 4.3

  • エレーン!どうするつもり!?

  • 23巻の最後の方で、
    「ファルコ」が助ける足を失ってる人に注意!
    つか、
    最初からまた読むわあぁー。


    第95話・嘘つき
    「ガビ」は「ライナー」の鎧を受け継ぐ気満々だね。
    もし、
    受け継いじゃったら大変なことが起こるね。
    精神の崩壊だね。
    そんな「ガビ」に負けじと「ファルコ」頑張るけど残念な子はこれからどうなる?

    「ジーク」
    「ライナー」
    「ピーク」
    「ポルコ」
    「コルト」で会議なう!
    つか、
    登頂は基本よね。
    ついに現れるは「タイバー」家なる「戦槌の巨人」を持つものたち。
    また、
    「エレン」達の島へ攻め入るようですな。
    と、
    「マルセル」
    「ベルトルト」
    「アニ」
    「ライナー」の過去編に突入!
    つか、
    「マルセル」は「ライナー」を救ったために食われたんだね。


    第96話・希望の扉
    パニくった「ライナー」の失態からの作戦失敗。
    でも、
    「ライナー」が「ベルトルト」に「アニ」を揺さぶって、
    リーダーの「マルセル」の意思を継いで作戦続行!
    つか、
    「アニ」が強すぎる!

    なんとかというか、
    決死で、
    壁までたどり着いて壁の破壊、
    つか、
    ダイナさん?
    からの、
    潜入成功!
    つか、
    壁の中では戸籍等がしっかりしてなかったんでできたことかしらね。
    それから、
    2年かけて「フリッツ」家を調べて、
    結果、
    中央憲兵になることを決意。

    「人類を救うため」の人類って誰なんでしょうね。
    おもしろい。


    第97話・手から手へ
    確かに、
    「アニ」が大変ですな。
    壊れてもオカシクナイネ。
    つか、
    死ねるの自殺できるのどうなの?
    現実なう。
    つか、
    「ファルコ」が助けた男って、「エレン」に見えるんですけど。。。
    一方、
    「タイバー」家の人が言う。
    「マーレという国はタイバー家の権限化にある」って?!


    第98話・よかったな
    「タイバー」家と、
    手を組んだ戦士隊隊長「テオ・マガト」が話してる。
    ん?
    どっかで聞いた話しよね。。。
    つか、
    ネズミねぇー。

    「エレン」っぽい人が医者の挨拶なう。
    って、
    お医者さん「イェーガー」さん?
    で、
    「エレン」っぽいのが「クルーガー」さん?
    おいおいおいおい。
    で、
    「エレン」と「ライナー」エンカウントで終了!
    つか、
    良いところ過ぎるところで終わるなやぁー。
    もやもやがノンストップだよ!


    25巻は来年の4月か。。。
    これ、
    別冊少年マガジン読むしかないんじゃないか?
    でも、
    それやっちまうとなぁー。
    気になるぅー!

全15件中 1 - 10件を表示

諫山創の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(24) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

進撃の巨人(24) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(24) (講談社コミックス)の作品紹介

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

進撃の巨人(24) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする