ダイヤモンドのなぞ (ラッセとマヤのたんていじむしょ)

  • 48人登録
  • 3.82評価
    • (5)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : ヘレナ ビリス  枇谷 玲子 
  • 主婦の友社 (2008年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784072606308

ダイヤモンドのなぞ (ラッセとマヤのたんていじむしょ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  推理クイズを長めにした話て感じだけど、展開とかキャラが引き立ってておもしろい。
     まさに名探偵。
     でも、警察、無能すぎでしょ。

  • ふたりの見事な探偵ぶりがかわいらしいです。

  • 街一番の宝石店の店長が探偵団に盗まれた宝石を取り戻してくれとお願いしにきた。なかなか犯人を捕まえられずどんどん宝石は盗まれ続けるから心配になった

  • スウェーデンの子どもに人気の推理小説、ラッセとマヤの探偵事務所シリーズ。
    冬のある日、町で一番の大金持ちが探偵依頼にやって来た。自分の宝石店で、毎日ダイヤモンドが盗まれているという。警察ではお手上げのこの事件、ラッセとマヤは解決できるのか?

  • ここは、バッレビという小さな港町。そんな小さな町でも、奇々怪々な事件がおきるもの。今日もまた、ラッセとマヤのたんていじむしょに、難事件がもちこまれた―ふたりはぶじ、事件を解決できるのか?超豪華ダイヤモンドがつぎつぎに消えた!小学生たんていラッセとマヤがそのなぞを追う。

  • 子供の頃、探偵に憧れたわ

  • 「たんていじむしょ」に魅かれました。
    ちゃんと本格してます。
    絵も独特で好き!

全8件中 1 - 8件を表示

マッティン・ビードマルクの作品

ダイヤモンドのなぞ (ラッセとマヤのたんていじむしょ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダイヤモンドのなぞ (ラッセとマヤのたんていじむしょ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダイヤモンドのなぞ (ラッセとマヤのたんていじむしょ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダイヤモンドのなぞ (ラッセとマヤのたんていじむしょ)の作品紹介

ここは、バッレビという小さな港町。そんな小さな町でも、奇々怪々な事件がおきるもの。今日もまた、ラッセとマヤのたんていじむしょに、難事件がもちこまれた-ふたりはぶじ、事件を解決できるのか?超豪華ダイヤモンドがつぎつぎに消えた!小学生たんていラッセとマヤがそのなぞを追う。

ツイートする