スヌーピーの安心は親指と毛布

  • 48人登録
  • 3.62評価
    • (4)
    • (6)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Charles M. Schulz  谷川 俊太郎 
  • 主婦の友社 (2008年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784072628812

スヌーピーの安心は親指と毛布の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スヌーピーからこんな本が出ているなんて。
    スヌーピーは人生を教えて絵くれているのかも。

  • 「安心はもたれかかる誰かがいること」チャーリー・ブラウン

    「安心は自分ひとりじゃないと知っていること」毛布を抱いて親指をくわえたライナス

  • いろんな安心

  • 140525

  • 「Security is~(安心は~こと。)」と、安心できることがたくさん書かれた本。スヌーピーのキャラクターの絵がほっこりする。
    2013/05/18

  • Security is knowing you still have quite a few years to go.

    Security is returning home after a vacation.

  • すべて安心は・・・・から始まる。
    安心の要素ってたくさんあるし、
    簡単に作れるね。
    心がけて安心に過ごそう!
    英語の勉強にもなるし
    読みやすいし(15分ぐらいで読める)
    疲れない本。

全9件中 1 - 9件を表示

チャールズ・M.シュルツの作品

スヌーピーの安心は親指と毛布を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スヌーピーの安心は親指と毛布を本棚に「積読」で登録しているひと

スヌーピーの安心は親指と毛布の作品紹介

1960年代にアメリカで『しあわせはあったかい子犬』シリーズの一冊として刊行され、30年以上も絶版になっていた愛すべき本の復刻版です。クラシックなイラストのスヌーピーやチャーリー・ブラウンをはじめピーナッツに登場するキャラクターたちが、著者シュルツ氏のウイットに富んだユーモアあるセリフとともに、いまでも宝石のような輝きを放っています。また、幸せは毎日の生活のちょっとした瞬間の中にあると、ピーナッツ・キャラクターやシュルツ氏が教えてくれます。

ツイートする