ビジネスパーソンのための家計簿―本田直之式アカウントブック

  • 185人登録
  • 3.56評価
    • (11)
    • (8)
    • (7)
    • (5)
    • (3)
  • 15レビュー
著者 : 本田直之
  • 主婦の友社 (2009年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784072672525

ビジネスパーソンのための家計簿―本田直之式アカウントブックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家計簿の肝は、予算配分だと、目から鱗だった。家計のキャッシュフローを逆算できます。

  • 家計簿の付け方と家計簿のサンプルが載っています。
    三か月分のサンプル。

    記録をつけ出して自分の浪費・消費・投資癖がなんとなくわかってきます。
    そもそも家賃が高い。
    無駄に風邪ひいたり、無駄に自転車撤去されて引き取りに行ったりとツマラン出費が多い。

    これで少しはキャッシュフローの見える化ができるようになりそうです。

    が。。。キャッシュフローを今後どう改善させるかは家計簿付けたところでどうにもなるもんでもないですね、当然ですが。
    そこいらの話について、誰かいい本・情報教えてくれると助かります。

  • 本書(本田直之『ビジネスパーソンのための家計簿―本田直之式アカウントブック』主婦の友社、2009年)はビジネスパーソン向けの家計簿である。家計簿と言えば主婦向けのものが多い中でユニークな位置付けになっている。支出の管理を中心とする従来の家計簿に対し、本書は計画を重視し、自分への投資を評価する仕組みになっている。(林田力)

  • 投資>消費>浪費を見極める。投資とは金額以上の価値があり、自分の成長に役立つもの。消費とは金額の価値しかないもの。浪費とは金額以下のもの。。。

  • 家計簿の考え方ががらっとかわった1冊。
    説明は最初の部分に少しあるだけだが、記入の仕方で迷ういそうなところもちゃんとポイントでまとめてあるので、わかりやすい。
    お金の流れをしっかりつかめ、自分のお金の価値観をしるには良書だと思う

  • 実家暮らしに踏み切ることができた一冊。一人暮らしがどれだけ金のかかるものであるかと再認識させられた。金を節約する術ではなく、有効に投資する方法を教えてくれる本。守りではなく、ドンドン人生を攻めていきたいと思わせる一冊である。

  • 中身は、はじめの数ページだけが家計簿のつけ方についてで、
    残りの大半は実際の家計簿のフォーマットが載っているだけ。

    それでも私の効果的な家計簿のつけ方を教えてくれた一冊。
    おかげで、私自身の中でのお金の流れを把握できました。

  • 棚番号: 5F/22-03(仕事術)

  • 家計簿はすべての基本。内容は理解できるが、でもシステム化できないとなかなか続かない。電子サービスとの連携を求む。

  • 家計簿の付け方に関する”書籍”かとおもいつつ、記事は最初の23ページまで。
    あとは、延々と家計簿の記入シートが続きます!

    もちろん、リアル書店で中身を確認しないで購入したこちらのミスですが、
    あんまりだ・・。

    さすが、主婦の友社・・。だまされたw

全15件中 1 - 10件を表示

本田直之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
本田 直之
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジネスパーソンのための家計簿―本田直之式アカウントブックはこんな本です

ビジネスパーソンのための家計簿―本田直之式アカウントブックを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする