元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道

  • 138人登録
  • 3.07評価
    • (2)
    • (9)
    • (34)
    • (9)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 吉川永里子
  • 主婦の友社 (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784072800409

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
やました ひでこ
有効な右矢印 無効な右矢印

元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道の感想・レビュー・書評

  • わかってる。わかってるんですよ!
    片付けの基本は出したらしまう。しまいきれないほどのものを持たない。しまい方を考える。
    わかってます。w なーのーに!読んでしまう片付け本。読んだって部屋は片付かないんですけどねw

  • 特に新しい情報はなかったです。

    一度徹底的に整理整頓し不要なものを手放すことで自分自身と向き合い、自分の趣味嗜好や心地よいと思えるライフスタイルが見えてきて、不要なものを買うこともなくなる。散らかる原因は「過去のモノ」か「未来にとらわれているモノ」。
    これはこんまりさんの言う「ときめき」ね、これは「ゴールデンポイント」ね、と脳内変換してしまう。こんまりさんのキーワード使いは今にして思うと上手だったんだと思う。
    キャッチフレーズって大事ね。

    著者の片づけられない時代の生活ぶりが書かれていますが、はっきり言って、ひどい。父が母に手を上げた、忘れ物だらけで学校に行く、高校では遅刻か保健室で寝てばかり、学生時代は電車の中でメイクが日常、エステで100万円のローンを抱えた、二股をしていた、、え?二股って片づけられないのが原因なの??

    後半からの実践篇では、「あなたの家ってこうなっているでしょう?」という例が何十個も続きますが、なってない、ない、ない、ないっの連続。

    旅には捨ててもいい下着や服を持って行きます、ベッド脇にはミニ冷蔵庫があると便利そうって思います、などのくだりで感性が合わない、と実感。
    片づけ本ってエッセイ的要素もあるから、難しい。

  • 時期が時期なので大掃除の足しにならないかなぁと思いましたが
    「初心者はいきなり押し入れなどに手を出すな」と書かれてました(笑)
    しかしまあ、押し入れ…片づけないと大掃除にならないので。
    ひとまず大掃除が終わってから日常の細々した片づけの参考にしようと思います。

    でも、うーん…。
    私、著者と真逆なんですよね。
    この本の著者は子供の頃から掃除嫌い、とのことですが
    私は昔片づけ大好き模様替え大好きだったのが
    生活時間や環境の変化で片付かなくなったクチなので…。
    どの程度参考になるかしら。
    むしろ本来は掃除好きの生真面目な性格なので
    昔の著者の自堕落っぷりに腹が立つくらいのもので。
    いやいやそういう片づけのできなさと一緒にするなよとか思っちゃう…(笑)
    私のようなタイプの「片づけられない人」には片づけ方の本より
    時間の使い方の本のほうが向いてるかもしれませんね。

    まだ読み終わったばかりで実践はしてないので
    ひとまず中間の☆3つ付けておきます。
    今後の実践結果によってはレビューも変わるかも。

  • ノウハウも参考になります。
    しかし、本書ではぜひ作者の生い立ちや考え方を深く読み取るべきだと思いました。

    最も感じたことは、自己啓発の重要性です。
    いるものか、いらないものか。
    それが自分にどう必要で、どう必要でないか。
    いつ使って、いつ使っていたか。
    けれどもそれはモノに必要性を考えるのではなく、自分にとっての必要性を考えることと言う意味です。
    「私にとってこの子(モノ)は何なのかな?」
    その問いに対し答えられるかどうかが、付き合って行くものと自分との関係性でしょう。
    それを作中ではIN(必要なもの)とOUT(不必要なもの)と言ったり、現役かベンチ入りか引退か・・・などと分けます。
    また、INとOUTの流れを知ること。
    買い癖やため癖を知ることが溜めないことにつながると言っています。
    こういった部分で、片づけることを根本とするのではなく、もっと違う目線を見出すべきだというのが読みとれます。
    作者の生い立ちで自己啓発の一環として片づけにたどり着いたというのも感じられ、本書を読んで同じように自己啓発ができる方はどれくらいいるのだろうとも感じました。


    少し話は変わりますが、心理学の基本的なものに、解決志向ブリーフセラピーという短期療法があります。
    NLPもこの考え方に似ているようです。
    クライエントの問題を聞き、コンプリメントし、例外や解決の方法(手がかり、リソース)をクライエントが探すようにカウンセラーが質問をする。
    そしてウェルフォームドゴール(実現可能な目標)を考えていくという療法です。
    このゴールは決して難しいものではなく、日常の中でちょっと変えていくというもの。
    電気を消すことを注意深く意識してみる、とか。
    他にも過去に成功したことがあれば、どうして成功したのか考えて、それを実践してみる、とか。
    それを実践した時に最初の問題が解決できたか、あるいは気にしないようになったか、変わらないか、を問うというものです。


    実は作者は片づけることをゴールとはしない、と言っています。
    私は作者の成功の理由の一つは、作者の考える自分の性格や内面を変えたい内容の大きなゴール(上記で言うクライエントの問題)の手前に、ウェルフォームドゴール=片づけがあり、そのリソースがINやOUTといった簡単な作業だったのではと思いました。
    そう考えると、作者はすごく自分の心の中で区切りが上手くでき、論理的なのだろうと思います。
    片づけるということも大切ですが、そうなった時の自分を想像してみてはいかがでしょうか?
    そう聞かれている本で、きっかけを作るには素敵な本でした。

  • 特段目新しい内容ではなかったが、なんどか記憶に残ったのが、インプットとアウトプットのバランスについて。

    定期的な大掃除(アウトプット)で一気に捨ててしまっても、ちょこちょこ買ってしまって(インプット)は、意味が無い。
    個人的に、ついつい雑誌や雑貨を買ってしまうので、本当にじっくり読むものなの、他で代用出来ないか考えて買っていきたい。
    モノが溢れるこの時代、ほとんど使わず保管するだけでも保管するリスクが発生している。必要なものだけあれば、実際の生活には支障はない。

    年末の大掃除の前に読んでみてもいいかと。
    文章も読みやすいので、集中すれば1日で読み終わる量。

  • 特に目新しい情報はなかったです。こんまりメソッドと同じことを言っているページもあるような…。
    整理収納の本質はどんなメソッドでも同じということなのかもしれません。

  • その部屋で何をしたいのか?
    自分の基準は何か?に一番納得した。

    掃除面倒、片づけ面倒、捨てられない、だったら買わないで最小限でいい。
    デザインは気になるけど、それより機能性が優先されるから使いにくい物の方が嫌、。
    ごちゃごちゃしてると疲れてイライラするから目に見えない隠す収納がいい。とハッキリした。

    それ以外は作者の自伝とケースワーク。

  • 年末の大掃除がきっかけでいろいろ捨てることがてきたので、とても気持ちがスッキリした。
    片づけの効用がわかっておもしろかった。

  • 待ち合わせの時間に早く着いたので、書店へ。ふと目についた本でしたが、これまでの片づけ本よりもスタイリッシュな感じがよかった。

    いずれにしても、今を起点に考えるということですね。

    また断捨離したくなってきた^ ^

  • 整理上手は、整理を行うにあたり、身構えないこと。出来るところから、心の整理、物への価値観の整理を行うことで、自然と片付いて行く。また、片付けることによって、様々な幸運よ引き寄せる。片付けはテクニックではなく、心の構え方で自ずとできるようになる。そして、片付いた環境から得られるハッピーな気持ちが、さらに片付けを促すようになる。試してみよう。

  • 心得、法則は納得。実践あるのみ。

  • 整理収納アドバイザーの先生。
    この人の話し方はほんとおもしろかった。

  • 元「片づけられない女」だとか、「片づけガール」だとか、「幸せの引き寄せ方」とか、「片づけ道」とか、、何匹のどじょうがいるんだろう!と思ってしまった。
    そういう違和感は当たるようで、私は好きではなかったかな。
    片づけ方法というよりも、赤裸々な自分史にちょっと引いてしまいました。

    そう思うと、こんまり先生の売れっぷりは納得したり。

  • 実用本というよりは、自伝に近いです。

    著者の経歴や過去のエピソードには、共感できる部分がありました。
    ですが、いざ実践となると、この本に書かれているのは
    ポイントごとの片付けアドバイスだけなので、
    私のように元々片付けが苦手な人はアクションが取りづらいと思います。

    そのポイント自体も、これまで類書を割と読んでいるので
    あまり目新しいものは見つかりませんでした。
    スーツケースをレンタルする、という発想は新しかったです。

    そういえば、片付け「道」と銘打っているのに、
    基本的にはコラムの連続になっていますね。
    「論理の片付け」も苦手なところ、共感はできるのですけれど。

    装丁はおしゃれで綺麗である点と合わせて、どうしても、
    実用本にたまにある「ちゃちゃっと作りました感」があります。


    おそらく、著者が「片付けガール」として活躍しているのは事実なのでしょう。
    ただ、だから本でも出すか(最近片付けブームだし)、
    といって良いものができるわけではないのですよね。

    いらぬお世話ですが、彼女はこの本を出さなかったほうが
    幸せだったのではないかな、などと思ってしまいます。

  • 「心と部屋はリンクしている」まったくそのとおりだと
    思います。
    心に余裕がないと部屋も汚れていきます。
    また充実な生活を過ごしていると、部屋もすっきりとなって
    います。

    この本を読みながら、なるほど、そうだ、と思う点がたくさん
    ありました。
    また再読したいと思います!

    (ブクログの懸賞で当選しました。ありがとうございました。
    26日までのレビューに間に合わずに申し訳ございませんでした。)

  • この本に片付けや収納の細やかな方法を求めてはいけません。
    片付けられない女がどうやって片付けに目覚め、片づけを「意識」したことで、どのような変化が得られたのかを読み解くことで、読み手にヒントを与えてくれるはず。
    “部屋と心は密接につながっている”ということがよくわかる1冊であり、意識すれば誰でも片づけができるようになると元気を与えてくれるパワーブックなのかもしれません。
    簡潔にまとめられているので、サッと読み終えることができ、片づけ初心者さんにもピッタリの1冊です。

  • 年末の大掃除シーズン。
    片づけられない女というキーワードに引っかかって購入。
    著者と同じく子供の頃から片付けが嫌いで、結婚して出産して、母になった今も片付けが嫌いで、ほとんど満足にできていません。
    何とかしたいと収納や片付けの本を読んでは、やる気になって、その時は片付けますが、しばらくすると元に戻ってしまいます。

    著者の片付けられなかった時代の話は、かなりひっちゃかめっちゃかだなぁと、半分笑いながら読みました。
    でも私にも思い当たる節が何個もあって、ドキリ。
    でもこんな酷かった生活が、今はキチンと回っていて、子育てしながら働いていると思うと、勇気がでました。

    内容としては、3つの法則は万人に当てはまると思いますが、7つの心得は、片付けがかなり苦手な人向けかも。
    実践編は、私でもすぐトライできそうな内容がいくつもあるので、やって見たいと思います。

    全体を通して、本当に片付けられないとっちらかった人向けの本です。

  •  私自身は片付かない歴40年以上のアラフィフ。その原因は容積以上の「モノ」であるのはわかりきっている。捨てればいいことだってわかっている。じゃあ、なぜできないんだろう?
     最近、その原因は脳の機能がイマイチちゃんなんだと理解しはじめた。それでも、「片付けなんて、出来なくて当たり前じゃん。苦手なことは人様にやってもらえばいいのよ」と言える、お手伝いさんを雇えるほどの暮らしとは程遠いところで生きている。
     そこで、少しでもどうにかしたいと、収納・片付け本をついつい買ってしまうのだ。
     だから、この本のタイトルにはとっても引かれた。 『元・「片付けられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道』なんて、どんな「道」なんだろうと、かなりワクワク気味にレビューが条件のプレゼント企画に応募。そして当選。期待に胸をふくらませつつ読んでみたら、ふくらんだのは鼻の穴だった……。
     まず、導入部分でつまづいた。著者は子供の頃から片付けが苦手。それはモノだけでなく人間関係にも波及。学生時代には彼氏の実家に転がり込み同棲しつつ、さらに後輩とも付き合うというフタマタちゃんだったらしい。で、いろいろあった上で、今はその後輩だった彼と結婚して、子供も生まれてめでたしめでたし、と。
     ん? 「片づけられない女」は、人間関係がルーズでもしょうがない? 下半身緩くて当然??? 片づけられないことと、モラルの低さはイコール????
     もう、ここで相当、無理な気持ちに……。
     例えば、この告白が、いわゆる女子会の内輪話なら、それはそれで面白く聞き流せただろう。まあ、ツイッターやブログでも許す。でも、これ、とりあえずは出版物。見知らぬ数千、数万の人がお金を出して買い、その目に触れるものだ。 そして、多分、読者対象は女性。実はよくある話なのかもしれないが、片づけ本の自己紹介としてふさわしいとは到底、思えない。別に恋愛体質だろうが、下半身が緩かろうか、そんなことは片づけ話には関係ない。少なくとも私が担当編集者なら、書きなおしてもらうだろう。

     まあ、レビューを書くと約束したのだから、最後まで読むしかない。

     本の内容は、残念ながら、著者が「片づけられない女」だったことを実感させてくれるほど、とっちらかっている。
     片づけ道「7つの心得」「3つの法則」と言いながら、それが軸になって展開されないし、ほとんどどこかの雑誌に掲載された記事を、そのまま、加筆することもなく、まとめたような内容。ひとつひとつのアドバイスは、それなりに有用なものもあるが、ときには重複を感じられるようなものも少なくない。これに関しては、著者より編集者の問題だ。
     最近、片づけコンサルタントとしてテレビで活躍している「こんまり先生」こと近藤麻理恵氏は、「ときめき度」という女子っぽい言葉を使いながらも明確なビジョンがある。情熱も感じる。本がベストセラーなった理由もわかる。
     しかし、この本からは、本人のビジョンも、情熱も、作り手の真剣さも、なんら伝わってこない。「ブームだから、だれか見栄えが悪くなくて、ちゃちゃっと作ってくれるような人、いない?」という出版社側の意図と、「気がついたら本、出せちゃったんです」というゆるさ。そんな匂いがプンプンする。

     出版社からは、本をプレゼントしたのに、酷評されてむかつくー、と思われるかもしれないが、すべて読んでみた私の正直な感想だ。

     最後にひと言。
     

    もっと、本はまじめに作れ!!!

  • 読みやすく、わかりやすい内容。

    部屋着は部屋着用に買うってのがしっくりきた。

  • 最初にあった筆者の生活、耳が痛いなー…って思う事あり、「え?それまで部屋が汚い事のせいにしちゃう???」って事ありでした。
    学生時代に浮気してたとか、そこは部屋のせいじゃなくて倫理観が欠けてるからじゃないんですかね?
    しかしそれをも受け入れて結婚されてるようなので、とても魅力的な方なんでしょうね。

    さて、本の内容です。
    ☆ものを置くスペースを決めて、絶対それ以外は置かない
    ☆クローゼットの引き出しにはラベルをつける
    これはいいですね。
    まさにその通りだと思いました。

    他のお片づけの本よりも物理的な考え方もされてるような気がします。
    ポールに何割ハンガーが掛かってるのがつかいやすいか…とか。
    今まで他の本で挫折した方には実行しやすい内容かもしれないです。


    あと、ときめき片付けのこんまりさんと全く同じ事おっしゃってましたね。

    外出着を部屋着にしてはいけない。部屋着は部屋着で用意しましょう。

    うん、早速明日買いに行こうかなって感じです。

  • 大そうじのこの時期にピッタリの1冊。
    すごく読みやすかったです。

    空前の「片づけ」ブーム?に伴いたくさん出ている片づけ本。私も何冊か読んだけど、中でも好感を持てる本でした。

    インプットとアウトプットの話や、スライダーの考え方は新しくてとても参考になった。

  •  読んでいるうちに、部屋を片付けたくなってくる一冊。
     片付けというのは、自分を好きになる「手段」、自分を知る「手段」であり、成功のための「手段」という部分に「なるほど」。
     「手段」なのだから、片付けのが最終目標であってはいけないし、日常の中で片付けができることが大事なのです。

     この本では、アウトプット(OUT)、捨てることに重点が置かれ、次いで、必要のないインプット(IN)、買い物をしないための方法が挙げられています。
     INが過剰になり、OUTができなければ、家や部屋は「メタボ状態」。ならば、INとOUTのバランスが取れるように、INの条件、OUTの条件を決めてしまいます。
     一つのものを長く大切にする人と、新しいものを次々と仕入れる人がいるように、片付けの基準も一人ひとり違うもの。だから、最初に条件を決めることは大事です。

     そしてなにより、自分で片付けをすること。
     自分で使い易いように整理をするのだから、自分で自分の使い易いように片付けて、自分の暮らし易いストレスフリーな生活空間を作っていく努力が必要。
     それが引いては、自分を知ること、自分を好きになることになっていくのだそうです。

     ちょうど年末ですし、この本を参考に、メタボな部屋のダイエットにチャレンジしてみます。

  • 最近の片付け本って自己啓発本だなぁと改めて感じました。

    断捨離あたりから片づけがだいぶ定義づけられている気がして
    内容も目新しい感じはしませんでした。

    この本は、片付けられなかった過去から
    現在へのストーリーになっているので読みやすかったです。
    装丁も可愛いので片付け本の1冊目だったらバイブルにしたかも。

    あと収納とインテリアは対極のイメージなのですが
    スライダーの考え方で、自分はどちらの方が大事と思うかで
    無理にキッチリ整理整頓しなくてもいいんだと分かりました。
    殿堂入りの考え方も最後の砦っぽくて嬉しかったです。

    片付けって確かに誰からも学んでこなかったこと。
    自分は片付けてるつもりだけど、本当にできてるのかな?もっと賢い方法があるのかも!?
    自己評価も難しいので、今後アドバイザーの存在が一般的になっていくのかもと思いました。

  • 著者は、吉永永里子さん。片付けガールと呼ばれているそうです。

    本書は、元「片付けられない女」の吉永さんが、どうやって現「片づけられる女」の片づけガールになっていったか、片づけられるようになってどう人生が変わったか、から始まります。後半は、片付け道の基本となる考え方、片付け道の実践編といったTipsがまとまっています。目次を見て、気になるところをつまんでよむのも効率的で良いかも知れません。

    「片づけガール」と名乗っている方の本なので、化粧ポーチの話やヘアアクセなどの話が出てくると、やはり女性の方がよむとしっくりくるかな?という点が多いでしょう。
    しかし、片づけ道実践編の情報篇ではHDDレコーダーやデジカメの整理術の話もでてきますし、「片づけ道」の基本となる心得(INとOUTを整える、モノの選抜基準を「今」にする、自分スライダーをもつ)などは男性でも共感できるとおもいます。

    文体も読み進めやすく2時間くらいで読了できました。

  • 著者は本当に片付けがまったく出来ない人だったというのが、文章から伝わってくる。
    本当に片付けのできないどうしようもない女だったからこそ(ひどい書き方ですが、これは著者への最高の褒め言葉だと思う)の徹底した片付け法はとても参考になりました。
    物や情報にに溢れた現代は、少し気を抜けばどんどんこちらの意思を無視して我が物顔で入り込んできます。だからこそ、この著者のような徹底した収納整理法「片づけ道」が必要だと思います。

    本自体も可愛いデザインですし、文面も読みやすく可愛くデザインされていますので、物が溢れて整理できない人が多いと思われる、女性の方(女性の部屋って散らかっている人のほうが多いですよね?)にこそ読んでほしい本だと思います。

全37件中 1 - 25件を表示

元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道を本棚に「読みたい」で登録しているひと

元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道はこんな本です

元「片づけられない女」の幸せの引き寄せ方 片づけ道のKindle版

ツイートする