漂流伝説 クリスタニア〈4〉 (電撃文庫)

  • 99人登録
  • 3.22評価
    • (4)
    • (4)
    • (25)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 水野良
制作 : うるし原 智志 
  • メディアワークス (1996年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784073042501

漂流伝説 クリスタニア〈4〉 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何だかするーん、と終わっちゃった。山場となるはずの山がすごく低い感じ。キャラクターの生かし方とか話運びとか設定とか、いろいろと不満点が多い。どうも他の媒体での補足を前提としているような話だった。

  • SNEのクリスタニア・サーガの一遍の作品だが、他の作品に通ずる部分が見え隠れしていて面白い。この作品はレイルズとマリスの恋愛部分が重いような感じを受けるが、最終的にその部分が、国と国を恋愛させるという、取り留めもない方向に向かう。そんな部分が、他のクリスタニア・サーガを取り留めもなく、読みたく思わせるのではないだろうか。

  • 謎を残したまま、レイルズの物語は収束へ。シリーズ最終巻。

  • おいおいおい、ヤマがなかったぞ。
    あとスカスカの文章は何とかならないのか?

  • 神獣王バルバスの奇跡のために壊滅した「獣の牙」。からくも逃げ延びたレイルズたちは神獣たちの「会合の地」へ向かう。ここでレイルズは大白鳥の民として発言。真紅の民の代表皇帝レードンやナーセルたちとの再会。会合直前ボークスたちの活躍によりバルバスは活動を休止。クリスタニアの周期は終わりをつげる。ダナーン王国の安定のために王城に向かうレイルズ。


    削除

全5件中 1 - 5件を表示

水野良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

漂流伝説 クリスタニア〈4〉 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

漂流伝説 クリスタニア〈4〉 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

漂流伝説 クリスタニア〈4〉 (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

漂流伝説 クリスタニア〈4〉 (電撃文庫)の作品紹介

神々の住まう地クリスタニアは神王バルバス率いるベルディア軍の侵攻のため、まさに混沌の時を迎えていた。レイルズの指揮の下、善戦していた"獣の牙"の砦だったが神王バルバスの奇跡の絶対的な力により大打撃を受け崩壊した。ビーンの勇気ある行動で奇跡的に助かったレイルズたちの一行は復讐に燃える"剣の牙の公爵"グレイルの影に怯えながらも"会合の地"へと向かう。そして、マリスとレイルズは聖地へ足を踏み入れるが…。

漂流伝説 クリスタニア〈4〉 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする